台風11号グランドスウェルと夏の終わりとノーズライドとチンクイアナフィラキシー

2011年8月30日火曜日

台風11号グランドスウェルと夏の終わりとノーズライドとチンクイアナフィラキシー




8月28日、千葉県某所でサーフィンしてきました。
某所についてはフェイスブックでイロイロ語ってるのでそちらをチェックして欲しいですが、なんせ台風なのです!
ドキドキしながら海へ向かったのはいいけれど、最初のポイントは「フラット」!
お前は住宅ローンか!?っていうくらいフラット!35

気を取り直して南のビーチへ。
そこはヒザモモながらもウネリは入ってるけど、ま、どう考えても台風スウェルじゃない感じ。

しかもめっちゃ混んでる!

あっちもこっちもサーファーだらけ!

ピーク一つに10枚以上のボードがラインを描いていく様はなかなか圧巻!
混んでて小さい波はこんな感じでもよろしいと思っちゃうんですが。

圧巻といえば、やられまくったのは「チンクい」
カニの子供らしいんですが、ボードからお尻を浮かすたんびに、チクチクチクチク。

最初はクラゲに当たったのかと思っていたのが、これがチンクイでした。

んで、大変だったのはちんくいに刺された翌日っす!

お昼ご飯を食べた直後から全身に湿疹ができて、かいーのなんの。
最初はお腹で、次背中、腕、アタマ、んもーいたるところにかに刺されたようなボッチができちゃって、そりゃもーカイカイ祭りでした!

んでもってさらにすごいのは夜中っす!

足が痒くて目が覚めてゴリゴリかいていたら、唇がパンパンに腫れてきちゃっておまけに息苦しい。
なんだか心臓もパクパクしてるし・・・

これっていわゆる「アナフィラキシー」ってやつですよ。

これには流石にびびっちゃったもんね。
救急車を呼ぼうかと覚悟したんですが、幸いにも1時間ほどで収まってくれてホッとしました。

この「ちんくい」or「チンクイ」or「チン食い」、正式名が「ゾエア幼生」と言われるカニとかエビのお子ちゃまだそうです。

詳しいことは
ここ




ここ

に詳しく載ってますが、なんせ海の中のどこにでもいる生き物なので防ぎようがないらしいっす。

たかがチンクイ、なめちゃいけませんね・・・

あ、肝心の波ですがお昼すぎたくらいからグランドスウェルらしきセットがチラホラ。

二本ばかしいい波を捉えてノーズライドとハングテン。
気持ちいー波をいただきました!

はい、おしまい。



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

8月25日茨城県鹿島平井でロングボード

2011年8月26日金曜日

8月25日茨城県鹿島平井でロングボード







茨城県の鹿島にある「平井」でサーフィンして来ました。

最初は波崎に行ってみたんですが、パットしないので移動。

それが大正解w

小さいながらも、綺麗にブレイクして行くグーフィーウェーブ。

厚めに入ってきて、インサイドではキッチリほれてきて、そのショルダーの長いことといったらもー!

ノーズライディングも調子よく決まって、なかなか上機嫌なサーフィンができました。

サーファーの数のまばらで、なんだかいいトコだわ!



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

為替相場とロングボード

2011年8月8日月曜日

またまたヘンテコなタイトルですが、最近の円高傾向を見て思うのです。

現在の現象は、円高なのかそれともドル安なのか。
結果だけをみれば、明らかに円高なのですが、実態はやはりドル安なんんだろうなーと。

んで、これがロングボードとどんな関係があるのかというと、例えばパーリング。

パーリングのことをノーズダイブとか言っちゃいますけど、はたして本当にノーズダイブしているのか?ってことを考えない限りは実態は見えてきません。

経験上ノーズダイブはビッグウェーブでしか経験したことがありません。
通常の波でやっちゃうパーリングってのは、ほとんどの場合、「結果として」ノーズダイブしちゃってるのです。

ここで冒頭の円高ドル安の話につながるんですが、単純な円高の場合為替介入することである程度円高傾向を抑制することができます。

ただし、それはほんとに円高だだった場合のこと。

今回の場合のようにドル安が進んじゃってる場合、いくら円を売って為替介入してもぜんぜん効果なしです。

ロングボードの場合も同じで、パーリングの本当の原因にメスを入れない限りは自体は一向に改善されないとおもいます。
ノーズが沈んでしまうことに気を取られていては、本当のパーリング解消には繋がらないのです。

ロングボードレスキューのサーフィンスクールでは、パーリングってのはいいことだと教えています。

少なくとも前に進むベクトルが発生しているわけですから、その角度を調整出来ればパーリングのチカラがそのままテイクオフにつながるからです。

というわけで、パーリング。
きちんと向かい合ってみると、サーフィンがもっと楽しくなりますよ。

でわ!



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボーダーのサーフトランクス

2011年8月5日金曜日

すっかり夏本番です。

千葉の海も暖かくなり、そろそろトランクスの出番です。

で、トランクス。
布でできた半ズボンのことですが、オトナなロングボーダーはこんなところにも気を遣ってるわけですよ。

まず「長さ」。
ロングボーダーの履くトランクスは長過ぎるとなんだか野暮ったい気がします。
少し短め。これがベストレングス。
具体的には股から膝の真ん中くらいに裾がくる感じ。これより長いと急にイマドキっぽくなっちゃいますね。

60年代のサーファーはみんな短いトランクス履いてます。しかもシンプルなラインの極めてオーソドックスなトランクス。

ああいうさりげなさが、余裕を醸し出してるのですね。

あ、短めのトランクスを履いたら、あんましがっついちゃダメですよ。
ゆったりのんびり。
で行きましょう。



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter