波情報サイト「波伝説」がリニューアル

2016年2月27日土曜日

波情報サイト「波伝説」がリニューアルしてました

私も使ってるサーフィン専門の波情報サイト「波伝説」がリニューアルオープンしたみたいですね。

このサイト月額課金制ですが、更新も結構まめにしてくれるので重宝しています。
リニューアルしたといってもそれほど変わったところはないんですが、リニューアル前に比べると少し見やすくなったかな・・・と。

私はこのサイトをブックマークに入れてます。
地域ごとのトップページを登録していて
「千葉北」
「千葉南」
「茨城」
「湘南」
この4つは毎日欠かさずチェックしています。

今回のリニューアルでちょっと困ったのは、登録してある各地域のトップページURLが全部変更になっちゃったこと。
ブラウザのブックマークを全部登録しなおさなきゃいけない、ってのがかなり面倒ですけど、 サイト自体は便利なので引き続き利用していこっかと。

波情報もいろいろありますが、今んところ「BCM」と「波伝説」このふたつが主だったところ。以前はもう少しあったんですけどね。
「なみある?」とか「IQ2」とか。
情報がなかなか更新されないとかいろいろ問題があってこの2つ以外はほぼだめかな、って感じです。

というわけでリニューアルした「波伝説」
ますますチェックしやすくなって重宝しそうです。
もし、これから波情報のサイトに登録するんだったらここにしておけば間違いないのでぜひ。

波伝説 サーフィン波情報

マレットフィンガーになっちゃいました

2016年2月25日木曜日

朝起きたら中指が・・・


朝起きて、着替えようとシャツのボタンを留めようとしたら、どうもうまく出来なくてですね、「あれ」と思って指を見てみると、写真のような感じで中指が曲がったまま伸びなくなってしまっていました。
痛みはなく、ただ指を伸ばそうとしてもうまく力が入らない状態で、「もしかして頚椎ヘルニアの症状?」と心配になってしまいました。マジで・・・

突き指の一種「マレットフィンガー!」

んでですね、このままじゃどうしようもないってことで整形外科へ。
お医者さんはこの曲がったままの指を見るなり「マレットフィンガーですね」と。

「何かで突き指しませんでしたか?」
「いや、全然見に覚えのないことです」
「じゃ寝てる間にどっかにぶつけたかしたんですかねぇ」

ってことでレントゲンを撮り、骨折もないらしいってことで、「三週間位で治るでしょう。それまでこれつけててくださいね。外すと指曲がったままになっちゃいますからね」
と装着されたのが写真の「チビギブス」


指の腱が切れてしまって力が入らない状態で、特に第一関節が曲がったままの状態になってしまうのを「マレットフィンガー!」っていうらしいっす。
「マレットフィンガー!」って書くと、往年のスパイ映画「007ゴールドフィンガー!」ってな感じでかっこいいかも!って思ったんですが、改めて見てみるとかっこ悪いですね。

しばらくはチビギブスをつけたままの生活になりそうです。

結構不便です・・・

スケボーで冬のサーフィンイメージトレーニング? ロングスケボーを手に入れました


ロングスケボーを買ってみました。

前々から「スケボーなんて面白いの?」と全く興味のなかったスケボーを買ってしまいました。セクター9というブランドのいわゆるロングスケボーってやつです。
長さは約120cm。43inchとかいうサイズらしいですが、サーフボードもロングなのでスケボーもロングかなぁってことでオークションで落札。
落札時の価格は¥8000
新品が3万円くらいなので、中古にしては綺麗だしこれでいっか!って勢いで買っちゃったんですけどね。

なんでまたスケボーなんて始めようと思ったのか。

スケボーを始めようと思ったきっかけっていうかその理由ってのは、ジョギングと同じく足腰を鍛えるため。なんです。
スケボーって、片足をボードに載せてもう一方の脚で地面を蹴って進むじゃないですか。
あの動作が足腰を鍛えるのにいいらしいんですよ。
んでもって、もしかしたらこれはサーフィンの練習にもなるのかな〜なんて。
足腰鍛えれば、前みたいにスススーっとウォーキング出来たりするのかなぁ〜なんて。

あ、そうそう、スケボーにもいろいろ種類があって、今回購入したロングスケボーってのはクロスステップしながら乗り継いでいくテクニックもあるみたいです。

って書くと、「こりゃロングボードの練習にいいんじゃない?」って思うかもしれませんが・・・
購入してから二週間ほど、ちょこちょこ近所の公園で遊んでみたので、思うところを書いていこうと思います。

スケボーはロングボードの練習になるのかよ?

結論から言うと、ロングボードの練習にはなるだろうけど、やっぱりちょっと違うかな・・・という感じです。

一番違うところは、テイクオフがあるかどうか。

当たり前っちゃ当たり前なんですが、、、
スケボーって立ち上がった状態から滑りだすので、ここんところを理解してないとロングボードの練習にはならないでしょうねぇ。

どういうことかって言うと、サーフィンってどんな乗り方をするにしても、波に合わせてテイクオフしてスタートするわけですよ。
特にそれほどうまくないロングボーダーの場合、テイクオフでだいたい決まっちゃうところが多いと思うんです。

とは言え、動き自体は似ている部分が多いです。

ロングボードとスケボーの似ているところとそうでもないところ


例えば、後ろ足重心を意識しないとうまく曲がってくれないところとか。
あと、ターンの時の感じも似てます、特にバックサイドでの足の動きはかなり似てるかなと思います。

ただ、いくら似てるからといって、全く同じかって言うとやっぱり違うんですよ。
まだうまく説明できないですが、ところどころの動作がちょっと似てる。くらいに考えたほうがいいかもしれません。

スケボーでぐるっと曲がれるようになったからといって、サーフィンのロングボードでも同じようにクイックなターンができるかって言うとそれはないと思います。

あくまでスケボーはスケボー。ロングボードはロングボード。
違う遊びだと思ったほうがいいのかなぁと。

スイッチスタンスの練習にはかなりいいかもしれない

スケボーはロングボードの練習にはならないかなぁってのが今のところの感想なんですが、唯一「これはいいかも」と感じたところがあります。

それは「スイッチスタンス」の練習。
サーフィンではスタンスが決まってますよね。
左足が後ろに来る人はグーフィーフッター。
逆に右足が後ろに来る人はレギュラーフッター。

スケボーも同じようにスタンスが決まってて、ほとんどの人はサーフィンの時と同じスタンスになるようです。

んで、サーフィン中でもスタンスを変えてみたい時がありますよね。
例えば普段はレギュラーフッターだけど、レフトの波しか綺麗にブレイクしないポイントでサーフィンするときとか。
ま、そのままのスタンスでバックサイドサーフィンをするっていうのがセオリーなんですが、そこで「スイッチスタンス」の出番ですよ。

波に応じてスタンスを変えてみることを指すんですが、このスイッチスタンス、海の上ではなかなか練習できません。

前述のテイクオフが絡んでくるからなんですけど、これがね、スケボーだと簡単に練習出来ちゃうんですよね。
テイクオフの部分をすっ飛ばして、最初っから立てるスケボーだからこそだと思います。
スイッチスタンスなんてやんないよ〜というサーファーも、ちょっと試しにやってみるとまたサーフィンの幅が広がるんじゃないでしょうかね。

サーフィンの練習だと思わなければ、結構楽しい遊び道具

まだ始めたばっかりでよくわからないことだらけですが、ロングボードの練習とは考えないで楽しむのには結構面白いデスよ!

初めてスケボーに乗った時は、地面を蹴りながらまっすぐ進むだけでもなかなか難しいです。ところが慣れてくると、自転車なんかとは違ったスピード感がだんだん面白くなってくるんですよね。
うまく曲がれなくてもグイーングイーンと進むロングスケボー。
これはこれで楽しいかも!と思い始めた今日このごろ。
なんでもやってみるもんですね!


あー、でもねちょっと失敗だったのは、違うブランドのスケボーを買っておけばよかったなぁってとこ。

セクター9って、どうも坂道を勢い良く滑っていくためのスケボーらしいですね・・・
ダウンヒルっていう遊び方らしいですが、サーフィンの練習、特にロングボードの練習には他のブランドのスケボーが向いてるらしいってことを、購入してから知ってしまってちょいと凹み気味。。。



ボード改造計画 短いボードをちょっと重くしてみます

2016年2月17日水曜日

短いボードを重くしてみることにしました。

重くするのは、長さ7'11のちょっと短めのボード。
改造前のスペックは
長さ・・・7'11
幅・・・約60cm
厚み・・・結構厚め
重さ・・・約8kg
オンフィン

と、ファンボードにしてはかなり変わったスペックなんですが、もちろんハミルトンサーフボードでのオーダーボードになります。

作ったのはかれこれ5年ほど前。
「シングルフィンのよく動いてテイクオフの早い短めのボード」ってなわがままにも対応できる、これはこれで満足。だったんですけどね。

現状だと、少し動きすぎるかなぁってことで改造することにしてみました。

「ボードの重さってあとから変更できるんだ?!」ってよく言われるんですけど、重くするのは全く問題無いです。
逆に軽くすることは出来ません。

ボードを重くすると何が変わるのか

まず乗り心地が変わります。

特に定感が増します。
今回一番変えたかったのがこの安定感ってやつ。
現状では、テイクオフして、ターンしてフェイスを滑っていくよ〜って時に、ちょっとグラグラしやすかったんですよ。波に少し凸凹があったりすると弾かれてしまったり。

なので、もう少しゆったり乗れるようなボードにしてみたかったってわけです。

デメリットとしては、ターンのスピードが遅くなります。
今まで「くいっ」と曲がれてたのが「グイーン」ってな具合に変わります。

もちろんレールの形とか重さ以外の部分も関係してくるんですけど、単純に重くしただけって場合はターンの感じがだいぶ違って来るんじゃないかなぁと思います。
サーファーによっては、ターンの感じが違ってくるのは、かなりデメリットになるのかもしれません。
私の場合は普段から重めのボードに乗っているので、それほど気にならないかなぁと・・・

重さ以外に変えるところ

重さ以外に、フィンをオンフィンからボックスに変更します。
これまでは小さめのハーフムーンがオンフィンで取り付けられていたのを、ボックスに変更してフィンを自由に交換できるようにしてみます。

オンフィンでもいいんですけど、持ち運びが結構めんどくさいかなってのがあります。

部屋から持ち出す時とか、車に載せる時とか、やっぱりフィンが外せたほうがいいかなぁって場面が多いんですよね。

なので、フィンの取り付けもこの際ボックスに変更。

あとは細かいデザインの変更です。
ストリンガーに沿って、グリーンのラインが入っているのを一旦削って、もう少し太めの黒っぽいラインに変更します。
んで、予定では、全体をオリーブカラーにラッピング。

今乗ってるロングボードと同じような感じにして見る予定です。

ほとんどの作業は自分でチャレンジ

今回の改造作業は、ハミルトンサーフボードで「自分で」やってみることにしました。
難しいところは師匠の福田氏にお願いしますが、できるところは自分でチャレンジしてみることにしました。

やっぱり自分で手をかけたボードって愛着わきますよね!

まだ途中ですが、完成したらまた報告させて頂きます。