ハミルトンカスタムサーフボードでボードをオーダーしちゃいました。

2010年12月31日金曜日

ハミルトンカスタムサーフボードでボードをオーダーしちゃいました。

▼続きはこちらから!
Blogロングボード初心者の道具選び

byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ハミルトンカスタムサーフボードでボードをオーダーしちゃいました。

ハミルトンカスタムサーフボードでボードをオーダーしちゃいました。

あけましておめでとうございます。

と言っても、これを書いているのはまだ大晦日(笑)
今夜は職場でお泊りなわけでして、夜ちょこっと抜け出して、ハミルトンカスタムサーフボードにやってきました。

一年のご挨拶にと思って立ち寄ったんですが、何故かニューボードをオーダーしちゃいました(笑)

だって、欲しくなっちゃったんだもん。
短いの。

ロングボードレスキューのスクールにきてくれたヒトミサマが乗っていた、ちょいと短めのロングボードがえらく気になっちゃってしまっていまして、つい。

まあ、長さと幅決めて、あとはいつものように、シェーパー福田のナスがままに(笑)

シェーパー福田のことをご存知の方はあまりいないとは思いますが、へんてこなボードを作っては、マジックボードに仕立て上げちゃう、とんでもないおっさんなのですよ。

完成する予定のボードは
長さ約8フィーと
幅20インチほど

厚め
重め。

こうやって書くとなんともいい加減ですが、それでええのです。

出来上がったらまたレポートさせていただきやす。

ではまた!




byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボードレスキュー的初日の出サーフィンポイントガイド

初日の出サーフィンに行ってみたいものです

のっけからすいません。
ご存知の方も多いとは思いますが、私、ソウママサオはホテルマンでもあるわけです。

当然、土・日曜、ゴールデンウィーク、お盆、お正月、なんてぜーんぜんカンケーありません。

その分平日の空いている海でサーフィン出来るのですが、ただ一つうらやましいのは「初日の出サーフィン」ができないことなのです。

一度でいいから、初日の出を波の上で迎えてみたいなー・・・
と思っちゃう大晦日。

というわけで、ロングボードレスキューの皆様には私の代わりに初日の出サーフィンを満喫して頂きたいっ!!
んでもって、千葉の初日の出ロングボードポイントはここだー!

■太東
ソウママサオ的には千葉北で一番日の出の似合うポイントNo.1が、太東でやんす。
激混み必至ですが、サーフィンそっちのけでも行く価値あり。
波待ち正面から迎える初日の出は一見の価値アリなのですぞ。

■一宮
ここも日の出の似合うポイントランキング高いっす。
一宮でもメインではなく、一番北側のテトラのあるポイント。
ここが比較的空いててオススメなのです。
ロングボードに向いた波質も◎good!!

■豊海
片貝から少し南に下ったところにある豊海ポイント。
広大な九十九里のビーチが展開するおかげで、初日の出を迎えるには絶好のポイントなのですよ。

波は掘れた波が多いですが、ロングボードでもそれなりにサーフィンできます。
駐車場もきれいで、シャワー付き!!(水だけど・・・)
有料道路おりてすぐなので、アクセスもよし!
一度訪れてみることをオススメしますよー

■最後に飯岡(笑)
最後になりましたが、おなじみの飯岡(笑)
若干サイド気味に初日の出を迎えることになりますが、人も少なく落ち着いた空気がロングボーダーを迎えてくれるはず。
ただね、寒いんです(笑)
飯岡は車をビーチまで乗り入れられるので、車の中で初日の出、これもアリ。

■2010年大変お世話になりました!!
今年もあっという間に大晦日。
毎年おんなじセリフを言ってる気がしますが、もうおっさんなのでしょうがありません(笑)

何はともあれ、今年はいろんな生徒さんとたくさん出会えたことに感謝!!

アホみたいなブログを見ていただいて、面倒なメルマガにも登録して頂いて、ホントーに感謝ですっ!!!!

来年も皆様にはお世話になると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

ではまた!!

相馬 政朗



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボードでターンできない理由

2010年12月30日木曜日

ロングボードでターンできない理由

ロングボードレスキューのサーフィンスクールに来てくれる生徒さんの中で一番多い悩みの一つに

「ターンできない」
というのがあります。

ターンできない理由は、ただ一つ。
「ターンする条件が整えられない」
これに尽きます。

ロングボードは曲がるきっかけを作ってやれば勝手に曲がります。
では曲がるきっかけはどうすれば作れるのか。

■ボトムターンする前にやらなくちゃいけないこと

ターンする前に、やらなくてはいけないこと。
それは、安定したテイクオフです。

テイクオフのときにボードがグラグラしているようではターンはできません。

誤解を招く様な書き方ですが・・・
テイクオフのときに立ち上がってはいけないのですよ。


どういうことかともうしますと、立ってもいいけど、体が伸びていてはいけないのです。ってことです。
この違いは大きいです。
雲泥の差です。

テイクオフしたら、シャキーンと身体が伸びてしまう。
これをやめて欲しいのです。

まずはテイクオフのときに、少ししゃがみ気味でボードを安定させること。

よーく覚えておいて下さいね。

もし、しゃがみ気味、っていうのが難しかったら、いっそのことしゃがんでしまいましょう。

これができたら次のステップは、多分簡単なず・・・

■ボードに乗ってあちこち見てみよう

テイクオフして、ロングボードが滑り出す。
そしたらあちこち見てみましょう。

と言ってもそんな余裕ないですよね。

それなのです。
あちこち視線を向ける余裕。

これがターンできない最大の理由です。

テイクオフしたら、まずしゃがんで、余裕を作っちゃいましょう。

余裕ができて初めて、雑誌なんかにも書いてある
「視線の移動こそがターンの秘訣だ!!」
ということの意味がわかるはずです。

いわゆる目からウロコってぇやつ(笑)!!

あちこち見ることができ始めたら、しめたものです。
自分の進みたい方向をしっかり見据えるだけで、自然と身体はターンの体制に入ります。

ということで、ターンする前の「よゆう」。

余裕がなければ、曲がれません。

ではまた!!


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

パドルはロングボードが暴れないように静かにね

2010年12月12日日曜日


■パドルはロングボードが暴れないように静かにね
ここまでできていたら、小さい波でも置いていかれることはなくなるはずです。
もしそれでもダメなら、次に疑うのはパドルです

静かにパドル。
静かに静かにパドル。

決してジタバタしてはいけません。

パドリングのときは、ノーズの状態をチェックしながら静かに水をかいてほしいのです。

ロングボードの脇に浮かんでるグレープフルーツを掴んで、後ろにゆっくり送り出す。
こんなイメージでやってみましょう。
深くかくパドリングよりも、浅くても長いパドリング。
せっかくのロングボードなのでゆったりとした気分でやってみて下さい。


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

テイクオフの成功率を上げるボードポジション

テイクオフの成功率を上げるボードポジション

メルマガで書いたボードポジションについての続きです。

正しいポジションが理解できたら、波に合わせてポジションを少しずらしていくことをマスターしましょう。

■厚い波は前の方へ、速い波はニュートラルで、ほれた波は後ろの方へ、乗る!

基本的に
厚い波は前の方へ
速い波はニュートラルで
ほれた波は後ろの方へ

これが基本です。

といっても、最初は波の判断なんてできるわけないです。
なので、なんでもかんでも前の方へ重心を持って行きましょう。

パーリングしやすくなりますが、波を捉えることの方が百倍くらい大切なので、ビビらず練習してみてください。

■ボードの前の方とは?
ところで、ロングボードの前の方とは?
メルマガで書いてあった
「ノーズが水面にピッタリつくまで移動」
これです。

もう一度メルマガでおさらいしてみて下さい。

このポジションが、「ボードの前の方」ということです。
下半身は固定して、なおかつあごはピッタリボードにつける。
これも忘れずにやって下さい。

さて、このポジションのままだと、確実にパーリングしやすくなります。

ではどうするか。

首だけ持ち上げる。
これです。

亀が甲羅から首を出して、ぐい~っと首を持ち上げますよね?
アレです。

こうすることで、下半身に重心が移りパーリングしにくい体制になります。

この姿勢でパドリングするのですが、それでも波に置いていかれる場合は、まずは下半身の状態を疑って下さい。
メルマガで書いた状態になっているかチェックしてみてください。


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

シークレットポイントの見つけ方

2010年12月5日日曜日

サーフィン日記で
「千葉トップシークレットなポイントでサーフィンできました!!&シークレットポイントの見つけ方」
UPしました。

是非!

っていうか最近では最高の波でした。
サーフィン日記はこちらから


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボードレスキューのサーフィンスクール

2010年12月4日土曜日




ロングボードって気持ちいいですよね。

ビギナーサーファーが抱くロングボーダーのイメージってこんな感じでしょうか・・・
  • 「どことなく優雅でオトナがはじめるスポーツ」
  • 「クラシカルなウェットスーツに身を包んで波との一体感を楽しんでいる」
  • 「長いボードの先でリラックスしてノーズライディング」
  • 「ロングボードならテイクオフも簡単そう!」
と思ってはじめたロングボード。
でも現実は・・・
  • ロングボードをはじめたけどいまいちテイクオフが早くならない。
  • 子供にパドルで追い抜かれてしまった。
  • スープなら乗れるのにウネリからのテイクオフができない。
  • どうしてもゲッティングアウトできなくていつも岸寄りでサーフィンしている。
  • テイクオフはできるようになったけど横に滑っていくことができない。
  • テイクオフのあとすぐにバランスを崩してしまう
  • ショップのサーフィンスクールだとテイクオフできるのに自分一人じゃ・・・

「もしかしてこう思っていませんか?」
  • 練習量が足りないからうまくならない
  • 体力がないからうまくならない
  • 週末サーファーだから練習もままならない
  • 混雑しているポイントだらけ、初心者に波が回ってこない
  • 今のボードが自分に合ってないんじゃないか

じつは

ロングボードが簡単にうまくなる方法はひとつだけです。

自分がつまづいているポイントを



自分に合った練習方法で



自分で理解して



反復練習していく


ロングボードレスキューではロングボード専門のサーフィンスクールを「無料で」開催しています。

セミドライウェットスーツは冬素材のロングジョン&タッぱーっていいかも!

2010年12月2日木曜日

セミドライウェットスーツは冬素材のロングジョン&タッぱーっていいかも!

12月です。
本格的に寒いです。

こないだの飯岡信号下でのサーフィンスクールは、約二週間ぶりの千葉北サーフィンだったんですが、んもーーー寒いっ!

そんでもって水もつめたいっ!!

私は相変わらずの3フル状態。
ロングジョンとジャケットの組み合わせ。

周りがほぼセミドライを着用してるなかでがんばっちゃいました(笑)

■ありそでなかった冬用素材のセパレートウェットスーツ

今まで冬用のウェットスーツといえば、5mmのフルスーツが常識だったんですが、今年はセパレートなウェットスーツも見かけるようになりました。

ロングジョンを冬用のウェット素材で作るとか、ジャケットを起毛素材で作るとか。

確かにワンピースのフルスーツに比べると水は入りやすいですが、それを最新の素材でカバーしてやれば結構いい感じのウェットスーツができるのかも。

■セパレートを冬仕様にしたてあげるのに最適なウェットスーツ生地は
セパレートウェットスーツを冬用にするには素材のチョイスがカギを握ってます。

ウェットスーツ屋としてのおすすめはなんと言っても、
エアフレイム!

冬用の素材としては、今のところ最強に暖かいのがこれです。

とは言え、エアフレイムだと冬しか着れません。
なぜって、暑いから・・・

というわけで、もうヒトつオススメ素材を紹介しておきます。

エアネッスル。

このエアネッスル。冬用の素材としては圧倒的な柔軟性を持っている素材なのです。

あともう一つ。
スピードドライ。

これもオススメです。

今年から来年にかけて、セパレートウェットスーツ。
ブーム到来の予感です。



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

11月30日飯岡信号下ポイントでスクールをやってきやした!

11月30日飯岡信号下ポイントでスクールをやってきやした!

この日の生徒さんは9月にも来ていただいた「キャッツアイヒトミサマ」

いやもう、寒い中がんばってくれました。
どんくらい寒かったかというと、途中の畑に霜が降りるほど。
外気温2度。
だって!!!

寒いわけですよ。

■上手くなってる!
教えておいてこんなこというのもアレですが、ヒトミサマ上達してました。

9月のロングボードスクールではよけいな波に手をだして必死パドル。
で、乗れない。

この悪循環だったのですが、この日はなんか違うのです。

■ちゃんと波を選んでる。エライッ!
選んだ波はほぼ正解。
なにが正解かっていうと、テイクオフできる波を選んでるってこと。
選ぶっていうのは、手を出さないってことです。

ロングボード初心者にありがちな、なんでもかんでもパドルで押し切ることが少なくなってます。

お年がアレだけにここんとこは結構重要なのです。

■パーリングを恐れてはいけないのですよ
この日のアドバイスは、

もう少しボードの前のほうに乗ること
足を揃えてつま先を立てること
波待ちのポジションをインサイド寄りに移すこと

この三点。

ちょっとパーリングする確率が高いかもしれませんが、ここでびびってはだめです。

波にも置いていかれる。
パーリングもしちゃう。

ダメダメ2つセットの初心者よりも、パーリングオンリーの初心者ロングボーダーのほうが上達は早いのです。

理由は、パーリングだけ気を付ければいいから。
パーリングだけ直せば波に乗れるなら、その方が練習するポイントが絞りやすいのです。

あれもだめこれもだめ 。じゃいつまでたっても初心者のまま。
ということで、パーリングウェルカムじゃあありませんか!

■寒すぎてすいません(笑)
この日はとにかくさむいっ!
寒かった!
そんな中でがんばってくれたヒトミサマ。
ありがとうございました。

これにめげずにまた来て下さいね!
今度は極寒の千葉北でお会いしましょう(笑)


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ローリングスルーなんてイラナイ。ロングボードにゃちょっとデカイときのゲッティングアウト。

2010年11月28日日曜日

ローリングスルーなんてイラナイ。ロングボードにゃちょっとデカイときのゲッティングアウト。

ビッグウェーブコンディションで、スクールキャンセルが続いた千葉北ですが、そんな波でも練習できることはあるはず。

ということで、ロングボード初心者でもこうすればゲッティングアウトできるよ!
っていうお話です。

■ローリングスルーなんてイラナイのだ
ビッグウェーブコンディションでのロングボードのウェーブスルーといえば、ローリングスルーが一般的。
ってよく書いてありますが、アタマくらいの波ならローリングスルーなしでもいけちゃいます。

プッシングスルーや、シッティングスルーで充分です。

■ウェーブスルーのやり方よりもタイミングを見つけることの方が大切なのですよ。

ゲッティングアウトはタイミングなのですよ。
果敢に波に突撃するよりも、波数の少ないセクションを見つけることの方が大切。

セットが入ってきたら、無理せずに待機して体力を温存。
波のスキマを見つけたらすかさず、パドルアウト。
で、もしそこに波がきちゃったらシッティングスルーやプッシングスルーで乗り越えて行きましょう。

ここでのポイントは2つ。

波の切れ目を見つけること。
波のこない間隔を見極めること。

そこを見つけることができれば、ロングボードでもゲッティングアウトは楽々なのです。

■タイミングもダメなくらい大きい時はサーフィンしない

がんばってもがんばっても、ゲッティングアウトもできないような時はどうするか?

サーフィンしない!

スルーの練習ならともかく、サーフィンしにきたんだから、楽しいのが一番。

デカい波にアタックするのがえらいような風潮がありますが、それはロングボードレスキュー的には間違い。

さっさと波の小さなところで遊びましょう。

ということで、ゲッティングアウトについてはメルマガでも突っ込んで書かせてもらうつもりです。

ではまた!


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

波がでかいのはいいけど、ビッグウェーブじゃスクールできねーんだよ・・・

2010年11月23日火曜日

波がでかいのはいいけど、ビッグウェーブじゃスクールできねーんだよ・・・

11月21日、22日と三名の方からスクールの予約をいただいていましたが、ぜーんぶキャンセル・・・

理由は、波がデカすぎるから!

だって一宮ダブル、片貝頭半、飯岡肩~アタマ、頼みの綱の御宿肩。

んもー「は~・・・」って感じです。

ま、一部のポイントではサーフィンできていましたが、ロングボードにはちょっとキツイ。
初心者にはもっとキツイ。
ロングボードスクールなんてもってのほか!!

■インストラクターもデカイのは苦手です

サーファーはがみんなビッグウェーブ 好きとは限らないのです。
かくいう私も、あんまり大きな波はニガテ。
波数も少なくて、クリーンな波で、サーファーの数もまばら、ってんならオーバーヘッドの波もウキウキしながら入っちゃいますが、そんなコンディションなんて年に一回あるかどうか。

というわけで、波がデカイときは無理せずにスクールはキャンセルさせていただきます。

あくまでも生徒さん目線で波を選ばせていただいているので、そこんとこよろしくお願いしやす。

ソウママサオでした。


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

サーフィン日記更新「片貝漁港」

2010年11月17日水曜日

さ~フィン日記更新しました

「11月12日片貝漁港へ行ってきたぜ」

※写真撮るの忘れてました・・・


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

11月のロングボードスクール

2010年11月10日水曜日

こんにちは、ロングボードレスキューのソウママサオです。
いつもご愛読ありがとうございます!

11月になってしまいましたが、今月のスクール予定をお送りします。

っとその前に、台風シーズン到来です。
台風でサイズアップしてしまったらスクールは中止、もしくは延期させていただきます。
楽しんでナンボですから、ご了承願います。

■台風シーズン!メルマガ限定!ポイントガイド
スクール案内の下に「せっかくのお休みをムダにしないための、チョットシークレットな台風時の逃げ場ポイント」書かせていただきました。
サイズアップしてもここならできるでしょ!な、ポイントです。
これから台風シーズンですので参考にしてみてください。
あ、もちろん千葉北限定です。
ソウママサオもちょくちょく遊びにいくポイントですので、もしかしたら海でお会いするかもしれませんネ!

■11月のスクール予定
※予約済みとなっているところについて

メルマガを読んでいただいてる方から優先的に予約を受け付けています。
どうぞご了承ください。

11日(木) AM× PM予約済
14日(日) AM予約済 PM予約済
16日(火) AM× PM予約済
20日(土) AM× PM○
21日(日) AM予約済 PM予約済
22日(月) AM予約済 PM予約済
24日(水) AM× PM○
26日(金) AM○ PM○
27日(土) AM○ PM○
30日(火) AM予約済 PM○

▼▼スクール申し込みはこちらから
http://form.mag2.com/leleaviapr
※おかげさまで早い段階で予約が決まってしまいます。キャンセルも可能ですので予約だけでもお早めに!

☆ロングボードスクール☆
初めての方は無料です!
(DVD作製はオプション¥3000 です)

2回目以降3時間でDVDまでついて ¥6000 となっています。

■せっかくのお休みをムダにしないための、チョットシークレットな台風時の逃げ場ポイント
台風の時の逃げ場的チョイシークレットなポイントです。

詳しくはメルマガのバックナンバーにてどうぞ!


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

11月5日飯岡でロングボード

2010年11月8日月曜日

11月5日飯岡でロングボード

またまた飯岡ですよ(笑)







この日は前日までのスモールコンディションから一転、ミドルサイズのいい波でした!

どこで?って・・・

飯岡です。
詳しいポイント名は言えません。が、とにかくいい波だったんですよー!!

大きめのセットは胸くらい、アベレージでコシサイズのロングショルダー&パワフルスウェル。

テイクオフしてボトムターン、カットバックでフェイスをなぞったら、インサイドでノーズライディング。
飯岡の定番です!

やっぱりこのポイント好きだなー

ちなみに、サーファーは全部で4人!!

うっひゃー!でしょ?


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

11月のロングボードスクールの予定

2010年11月3日水曜日

こんにちはソウママサオです。

11月のロングボードレスキュー サーフィンスクールの予定をお知らせいたしました。
メルマガに登録していただいた方から優先的に予約を入れさせていただきます。

今回のメルマガでは「台風シーズン到来!チョイとシークレットな逃げ場的サーフィンポイント」を書かせていただきました。
もちろん初心者ロングボーダーでも楽しめるポイントです。

メルマガの登録は
ロングボード入門☆無料スクールも毎月開催
↑こちらからお願いします

ソウママサオ

インストラクターのサーフィン日記ブログ更新

2010年11月2日火曜日

10月26日飯岡でサーフィンしてきました

結構いい波でしたw!

続きはこちらから↓
ロングボードレスキューのサーフィン日記


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

生徒さんから嬉しいメールをいただきました!!

2010年10月31日日曜日

こないだのスクールの生徒さんグッチーさんから嬉しいメールをいただいちゃいました!!

グッチーさんから「ブログに載っけてもいいですよ~」というお言葉をいただいたので載っけちゃいます。



■グッチーさんからのメール



おはようございます。グッチです。

きのうは大変お世話になりました。

これからのサーフィンLIFEにとても役立つ的確なアドバイス

初心者の自分には分かりやすい教え方で非常に参考になりました。

次回のスクールを早く受けたくてしかたありません。

とりあえず次回のスクールをおねがいする前に、昨日レクチャーして下さった事

安定したスムーズなパドルを出来るように、次からのサーフィンでTRYして行きたいと思います。

それでは、またお会いできる日を楽しみにしています。

ロングボードレスキュー最高!!





サイコー!!




byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

10月24日、飯岡荘前でロングボードスクールをやってきたぜ その2

10月24日、飯岡荘前でスクールをやってきたぜ その2

※今回の写真は、カズーさんの奥様にとっていただきました!感謝です!!

飯岡でのスクール2人目の生徒さんです。

生徒さんのお名前は「カズーさん」。
元というか現役のウィンドサーファーです。




いいカラダしてます。
奥様美人です。
ムスメさんカワイイっす!

この日はダブルヘッダーなのですが、一人目が終わってから、波のサイズが若干上がり気味・・・

1人目のグッチーさんのときはワリと穏やかだった、飯岡荘まえのポイントはワイドなダンパーになってしまったので、お隣の「信号下」ポイントに移動してのスクールでした。

サイズが上がっただけでなく、雨まで降ってイヤーな感じ(笑)
しかも北風ビュービューでさみーのなんの!!!

それでも頑張ってスクールを受けていただいた、カズーさん。
めちゃくちゃ感謝です!

■元というか現役のウィンドサーファーでもウィークポイントは同じだった・・・
カズーさんもグッチーさんと同じく、パドリングはうまくできていました。
上半身のブレも少なく、こげばこぐほどスピードがつくパドル力をお持ちのようです。

が、
しかーし!



やはりボードの後ろに乗っちゃってます。
おまけに下半身が固定されていないので、ぐらついてしまってます。

ぐらついた下半身と、ボードのポジションが後ろより。
これは自分でブレーキをかけているのと同じことなんですね~。

せっかくのパドル力も、ブレーキをかけてしまっては全く意味がございまシェん。

パンクしてる自転車を一生懸命こぎまくってるのと同じ状態なのですよ!!

もちろん、パドルのときの姿勢を矯正。
そんでもって、練習を強制。
そうすると、波と共生。

そうすればスムーズに波を捕まえることができますよ。

■カズーさんもう一つのウィークポイント
カズーさんにはもう一つのウィークポイントが見つかりました。

ロングボード初心者にありがちな、「波チラ見」。
波を確認したい気持ちは、よーくわかります。
うまいロングボーダーも波を捕まえるときは、波を確認しています。

でもね、それってちゃんとパドルできるようになってからでいいんです。
波を見るまえに波を捕まえるテクニックが備わっていなきゃ、意味がないワケデス。

この「波チラ見」癖。
矯正するのに特効薬はありません。

自分で治すしかないのです。

ま、方法はありますが、それはスクールにきていただければ教えちゃいます・・・・

ってまた宣伝かよー。

ということで、みなさま今月もロングボードレスキューを見ていただいて本島にありがとうございます。




▲これはわたしです(笑)ヘタやなー・・・


来月もがーんばろーっと!

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS @longboardrescue on twitter

10月24日、飯岡でスクールやってきました。その1

2010年10月29日金曜日




10月24日、飯岡でスクールやってきました。その1

久しぶりに新しい生徒さんとスクールです。
しかもこの日は二人!
ダブルヘッダーなロングボードレスキュー。

たまにはこんなスクールもあってもいいではありませぬか。

■茨城からきていただいたグッチーさん
この日の最初の生徒さんは、茨城県の土浦から遠路はるばるきていただいた、「グッチーさん」。


身長179センチ85キロの立派な体格の持ち主です。
おまけに、性格も穏やかで、素敵です。

グッチーさん、約束の時間よりも2時間近く早くきてくれたのですが、ちょうどその頃私は海の上。
のんびりサーフィンしてたんです・・・
お待たせしてすいません。

急いで海から上がって、まずはご挨拶。

いろいろおしゃべりする中で、さりげなーく生徒産のサーフィンスキルを伺うわけですwww

ま、グッチーさんもようやくテイクオフができる程度の全くの初心者さん。
これからどんどん上達しそうな気がします。

んでもって、サーフィンを始めたきっかけが、太り過ぎ。

ん?どっかで聞いた様なハナシデス。

んーと、実は私もその口なのですよ。
今でこそ、ナイスボディのイケメンインストラクターをやっていますが、、、、、
すいませんウソツイチャイマシタ。てへっ☆〜(ゝ。∂)

あー、いや、生徒さんからもよく聞かれるんですよ。
「相馬さんって昔なんかスポーツやってたでしょ?」って。
でも、スポーツの経験なんてぜーんぜんナシ。
ホントデス!

今もサーフィン以外のスポーツは全くといっていいほどやりません。
どっちかっていうと、おウチでパソコンいじったりするほうが好きかも~なくらい運動嫌いです。

そんでもって、いよいよ体重がやばくなって始めたのがロングボードという楽しい遊び。
それが高じて今やインストラクターデスもんね。
世の中さっぱり先が読めませんなーーー。
ぎゃっはっはーーー!

失礼しました。

グッチーさんも私と同じ様にサーフィンを始め、そんでもって同じ様に、テイクオフに悩んでおられる訳です。

それでは、グッチーさんのウィークポイント見て行きましょう。

■パドルはうまい!でも前に進まない・・・
グッチーさん、パドルはうまいんです。
でも前に進まないんです。

それはなぜかというと、ボードの後ろのほうに乗っちゃってるからなんですよ。
初心者ロングボーダーによくあるパターンです。
んじゃいったいどこに乗ればいいのか?ってことですが、ノーズから何センチ、とか言ってるといつまでたっても初心者です。

こんなときはノーズのある部分を見て前後の位置を調節するのがセオリーです。

これを間違って、ノーズから何センチとかやっちゃうといけません。
子供なんてロングボードに乗っけるとどこに乗っても、前後のバランスはバッチリ取れてしまうのですよ。
ところがオトナはそうはいかんのです。
理由はカンタン。
体重が重いから。

重いからちょっとしたコトでバランスが崩れてしまうのです。
そのちょっとしたコトが、ボードに乗っているときのポジショニング。というコトです。

このことを叩き込んでもらうには、やはりスープでいっぱい波に乗ってもらうのが一番の練習方法です。




最初はなかなか岸まで乗ってこれなかったグッチーさんも、コツを掴めばコンスタントにロングライド。
もちろん立ってはいけませんよ。
寝そべったままで岸までたどり着ければ合格です。

ここまでで、今回のスクールは終了です。
短い様ですが、イッキにやってしまってはいけません。
少しづつできることを増やして行く。
それがロングボードレスキューのスクールなのですよ。

というわけで、グッチーさん、また遊びにきてくださいね。
どうもありがとうございました!!

飯岡でスクールやってきました。その2 に続く・・・



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

デボーションのロングボードに乗ってきたぜ in飯岡

デボーションのロングボードに乗ってきたぜ in飯岡

デボーションですよ。
とうとうきたか!という感んじです。

ナニガッテ、結構あこがれてたボードなわけですよ!!

デボーションといえば真っ先に浮かぶのが、太東ローカル。
ローカルの中でも、プロサーファーの瀬筒雄太。
ヤングマンのくせに、クラシカルなロングボードの乗り方をすることで有名ですが、この彼が乗っているのが今回乗ったデボーションなのですよ!

今回のデボーションは、茨城からはるばるスクールを受けにきていただいた、グッチーさんの愛板なんです。
スクールのたんびに、生徒さんのいろんなロングボードに乗れるって幸せですっ!

マジで。

■いい!すごくいい!!めちゃんこいい!!!デボーション。



早速乗ってみた感想なのですが、これまたいいのです。
安定感といい、スムーズなターンといい、不思議な乗り心地といい、すんごくいいボードです。
大絶賛ですよ!!

マジで!!

こないだのミスターiさんのドナルドタカヤマDT2もよかったですが、今回のデボーション、いや、ここは思い切って「デボさま」と呼ばせてもらっちゃいましょう!
デボさまさいこー。
本気でボード返すのためらうほどのシックリ感。
とにかく安定感バツグンなボードで、グッチーさんに聞いてみたところ、やっぱりオーダーボードだそうです。
デボーションでフルオーダー・・・
いったいいくらくらいするのでしょうか・・・(笑)

ともかく、安定感バツグンなデボさまを手に入れたグッチーさん、もちろんパドリングも安定感バツグンなノリっぷり。
そんなにボードの性能に頼ってばっかりじゃいけませんよ。って言いたくなるくらいでした。

デボさまに乗って思ったんですが、やっぱり初心者ロングボーダーには安定したボードがいいぜ!
師匠福田さまのおっしゃってたとおりでした。

初心者こそオーダーのカスタムロングボード。
オールラウンドよりも、クラシカルなロングボード。
今回デボさまに乗ってつくづくそう思いました。

スクールの模様は
http://longboardrescue.blogspot.com/ こちらに書いてあります。

どうぞ読んでみてください。

ああっデボさまっ!!

失礼!







byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボードレスキューのソウママサオのビギナー時代のちょっと変わった練習方法。

2010年10月21日木曜日

ロングボードレスキューのソウママサオのビギナー時代のちょっと変わった練習方法。

私のビギナー時代の練習方法です。
もちろん、テイクオフもできない状態でのスタートでしたが、あることに気づいてからは割と早く上達して行きました。

お客様からよく聞かれるんですが、サーフィンを始めるまではスポーツの経験はほとんどありませんでした。
というより、スポーツ全般がニガテでした(笑)

最初は、ビデオを見たり、ロングボード入門の雑誌などを見て自分なりに練習していたんですが、半年くらいはまったくといっていいほどテイクオフできませんでした。

そこで気づいたのが、「真似をする」というシンプルな練習でした。

■自分より少しうまいロングボーダーの真似をする
自分より少しうまいサーファーの真似をしてみました。
ポイントは少しだけうまいってことです。
自分がテイクオフで立てないときは、かろうじて立てる人の真似を。

ターンができないときは、少しだけターンができるサーファーを見つけて、細かいところまで真似をするようにしました。

真似をするときは、よく観察して、手の動きや、頭の位置、顔の表情まで(ホントです)細かく観察するようにしました。

今思えばこのときの経験が今のスクールの基礎になっているように思えます。

真似をするということに関しては、本職が職人ということもあって、さほど苦になりませんでした。
職人は真似をして仕事を覚えていきますから、当然ですが(笑)

■目からウロコのロングボード上級者からのアドバイス

真似をするだけでなく、ロングボード上級者からのアドバイスも非常に参考になりました。

「もう少しだけ前に乗りなさい」
「ボードの上ではじっとしてろ」
「とにかく波を見極めろ」
「人の邪魔はするな」

等々、いろんな方からアドバイスを受けました。

一見気難しそうなサーファーですが、アドバイスを受けるのは簡単です。
「あなたの様にサーフィンしたいんですが、どうすればいいですか?」
この質問を投げかけてみるだけです。

質問して無視されたこともありますが、そんなことはあまり気にせずにとにかく聞いてみることです。

上級者のアドバイスがいつも的確かどうかはわかりませんが、あとあとになって気づきを与えてくれるようなアドバイスも多かったことを、イマでもよく覚えています。

ん・?
いつのまにか練習方法から脱線しましたが、最初は真似をしてみることです。

真似をするときは、完全コピーする気持ちで。
それからもう一つ、素直に聞いてみること。

この2つを続ければ、上達のスピードがアップすると思いますよ。

もっと手っ取り早くうまくなりたい人は、是非ともロングボードレスキューのスクールにきてみてくださいね。

では。


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

この日もほとんどの波でノーズライド。 ファイブをしたら、インサイドのほれたセクションですかさずハングテン。

2010年10月20日水曜日

18日飯岡に行ってきました

最近は飯岡ばっか通っちゃってますが、理由はひとつ。
波がいいから!!(笑)

サイズは小さいながらも、ショルダーの張ったロングボード向きの波がコンスタントにブレイクし続けているポイント。

それがいいおかなのですよ。

この日入ったポイントは、飯岡メイン。

ロングボーダーが5人ほど先に入っていましたが、皆さんそれほどお上手ではない様子。

飯岡特有の割れそうで割れない波に苦戦していました。

それを尻目に、私ともう一人ローカルサーファーはセットを思う存分いただいちゃいました。

飯岡でのテイクオフのコツは、一生懸命波を追いかけないコト。
パドルをすればのれる波じゃあないんですよ。

まずは波を見極めるコト。

どこから割れて、波の向きはどっちか。

そういうコトをていねいに観察すればいいわけです。

なんてったって、ひざサイズの波でハングテンまでいけちゃうポイントはそうそうあるもんじゃありません。



ハングテンしたままクローズセクションに突っ込んで、アイランドプルアウト。

まさに言うことなしのグッドスモールウェーブ!!

またいこーっとw




byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボード初心者のフィン選び 初心者には大きめのフィンがいいホントの理由

2010年10月17日日曜日

ロングボード初心者のフィン選び
初心者には大きめのフィンがいいホントの理由

ロングボード初心者はフィンの形ではなく、大きさで選んで欲しい。
というお話です。

ロングボードのフィン。重要パーツだったりしますが、いろいろあって悩みます。
フィンの形も、レイクがどうの、ワイデストがどうの、カーブがどうの。いろいろありますが、うまい人ほどあまり気にしません。
その理由は、フィンを変えることによって、サーフィンの感じが違っても、テクニックで補てしまうからなのです。

一般的には、大きめのフィンの方が直進性が良くなり、小さめのフィンだと曲がりやすい。
と言われてます。

私も初心者ロングボーダーがフィンを選ぶなら、大きめのフィンをオススメします。

でもね、ホントの理由はちょっと違うんですよ。

■ロングボードのフィンの役割、誤解してません?
ところで、フィンの役割。
知ってますか?

フィンの役割はたんに舵取りだけじゃないのです。
フィンのもう一つの機能、それは「バランサー」としての機能です。

フィンをつけることによって、後ろが浮いてしまうことを防いでくれてるわけです。

どれだけフィンの重さがきいているかは、フィンをつけた状態と、つけない状態でノーズ部分を抱えてみるとよくわかると思います。

てこの原理でフィンの重さがきいているのを実感してみてください。

テール部分が安定してることで、ボードコントロールが少々雑でも、うまく滑って行ってくれるのです。
つまり、初心者ロングボーダーは大きめのフィンをつけることで、ボードの安定感が格段に向上します。

大きめフィンは曲がりにくいとか言われますが、そんな悩みは、上達につれて解消します。
それよりも、ボードが安定すること。
それが重要なのですよ。

■どんなフィンを選べばいいのか
では、具体的にどんなフィンをチョイスすればいいのか。

高さは10'
これが基本になります。
つけ根の幅は、ワイド。
カーブもゆるめ。
幅広くニョキッとしているフィンがオススメです。
もしお店のストックにそういったフィンがない場合は、オーダーもアリです!

私の師匠のお店「ハミルトン カスタムサーフボード」でも作ってくれます。

興味のある方は一度問い合わせてみるのもいいとお思いますよ。

ではまた!


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボード初心者のフィン選び 初心者には大きめのフィンがいいホントの理由

ロングボード初心者のフィン選び
初心者には大きめのフィンがいいホントの理由

ロングボード初心者はフィンの形ではなく、大きさで選んで欲しい。
というお話です。

ロングボードのフィン。重要パーツだったりしますが、いろいろあって悩みます。
フィンの形も、レイクがどうの、ワイデストがどうの、カーブがどうの。いろいろありますが、うまい人ほどあまり気にしません。
その理由は、フィンを変えることによって、サーフィンの感じが違っても、テクニックで補てしまうからなのです。

一般的には、大きめのフィンの方が直進性が良くなり、小さめのフィンだと曲がりやすい。
と言われてます。

私も初心者ロングボーダーがフィンを選ぶなら、大きめのフィンをオススメします。

でもね、ホントの理由はちょっと違うんですよ。

■ロングボードのフィンの役割、誤解してません?
ところで、フィンの役割。
知ってますか?

フィンの役割はたんに舵取りだけじゃないのです。
フィンのもう一つの機能、それは「バランサー」としての機能です。

フィンをつけることによって、後ろが浮いてしまうことを防いでくれてるわけです。

どれだけフィンの重さがきいているかは、フィンをつけた状態と、つけない状態でノーズ部分を抱えてみるとよくわかると思います。

てこの原理でフィンの重さがきいているのを実感してみてください。

テール部分が安定してることで、ボードコントロールが少々雑でも、うまく滑って行ってくれるのです。
つまり、初心者ロングボーダーは大きめのフィンをつけることで、ボードの安定感が格段に向上します。

大きめフィンは曲がりにくいとか言われますが、そんな悩みは、上達につれて解消します。
それよりも、ボードが安定すること。
それが重要なのですよ。

■どんなフィンを選べばいいのか
では、具体的にどんなフィンをチョイスすればいいのか。

高さは10'
これが基本になります。
つけ根の幅は、ワイド。
カーブもゆるめ。
幅広くニョキッとしているフィンがオススメです。
もしお店のストックにそういったフィンがない場合は、オーダーもアリです!

私の師匠のお店「ハミルトン カスタムサーフボード」でも作ってくれます。

興味のある方は一度問い合わせてみるのもいいとお思いますよ。

ではまた!


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボード初心者講座 たまにはノーリーシュでサーフィンしてみよう。

2010年10月16日土曜日

ロングボード初心者講座 たまにはノーリーシュでサーフィンしてみよう。

たまにはリーシュコードをはずしてサーフィンしてみるといいですよ。
というお話です。

理由は、自分のサーフィンがロングボードをコントロールできているかどうか、目に見える形で現れるからです。

この練習は、テイクオフしてターンはできる。
そのあとが続かないんだよー。というロングボーダーにおすすめの練習方法です。

もちろん、はじめは板を流してしまうことが多いので、ひとのいないポイントでやってみましょう。

■最初はスープで練習してみよう
繰り返しになりますが、まずはひとのいないところで、ノーリーシュサーフィンしてみましょう。

インサイドに他のサーファーがいないことに加えて、アウトにも他のサーファーがいない方がいいです。

理由は前述したように、ボードを流してしまうからです。

流したボードはぶつかると凶器に変身です。
余計なトラブルを抱えないように、サーファーがいないところ。
これは必ずチェックしましょうね。

■リーシュコードなしサーフィンのメリット
ノーリーシュサーフィンのメリットは、ボードをていねいに乗り続けるくせが自然に身に付くことです。
ボードから落ちないように、今までやってこなかった動作をすることで自然に流さないようになります。

ノーリーシュサーフィンのポイントは、とにかくボードから落ちないことです。

バランスをくずさないようにテイクオフして、バランスをくずさないように、ターンすることです。

そのためには、重心を低くしてサーフィンすることになります。
重心を低くすることで、体がボードに合わせて自然に動くようになるのです。

さらに、ワイプアウトしてしまったときに、ボードを掴んで流れないようにすることも、姿勢が低いので簡単になります。

体が伸びてしまって、失速気味の初心者ロングボーダーにはノーリーシュサーフィンをやってみることで、重心の低い安定したサーフィンがマスターできると思います。

■ノーリーシュでサーフィンするときの注意点
これも繰り返しになりますが、とにかくひとのいないところで練習しましょう。
ポイントも、水深の浅いところで、ボードが流れても歩いて戻ることができるポイントが向いています。

ボードを流さないようにするには、前述したように、
姿勢を低く保つことです。
ゆっくり立ち上がって、ゆっくりターンする。
ワイプアウトしそうになったら、ボードにしがみついてでも離さない。
そういう気持ちでいればいいと思います。


この続きはまた書いてみようと思います。
乞うご期待(笑)

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

10月のロングボードレスキュースクールのお知らせ

2010年10月8日金曜日


■10月のスクールについて

予約済のスケジュールをお知らせします。

11日(月祝)AM× PM予約済
14日(木)AM× PM○
19日(火)AM○ PM○
24日(日)AM予約済 PM予約済
26日(火)AM× PM予約済
27日(水)AM○ PM○
29日(金)AM× PM○
30日(土)AM○ PM○

ロングボードスクール
▼▼申し込みはこちらから
ロングボードレスキュースクール申し込みフォーム

※土日祝のスクールはすぐに埋まってしまいますので、早めの予約をおねがいします。

■スクール有料化について
今月より、スクールを有料化させていただきます。
料金は、ビデオ撮影、DVD作成までを含んで、¥6000 とさせていただきます。
とても悩んだんですが、今まで以上にパワーアップしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

■無料スクールについて
初めての方に限り、無料とさせていただきます。
ビデオ撮影はオプションとして、¥3000 にて承ります。
※ロングボード上達の近道は、自分のウィークポイントを客観的に見ることです。ビデオ撮影&DVDで自分のサーフィンをチェックしてみることをオススメします。



ロングボードスクール
▼▼申し込みはこちらから
ロングボードレスキュースクール申し込みフォーム


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

スクールを受けていただいたからの嬉しいお手紙


先月スクールを受けていただいた「キャッツアイ☆ヒトミサマ」からうれしいお便りをいただいたので、紹介させていただきます。



■ヒトミサマからのメール

先週の火曜日と、今日と、鵠沼で入りました。
先週は面もよくて、皆さんにとってはすばらしくキレイな胸くらいの波☆
しかし私はビビりが入ってしまいダメダメのダメダメで、一本も乗れずに撃沈(ノ_・。)

しかし今日は~
お天気もよく私はロングジョンで夏気分♪
セットで腰くらいのファンウェイブ♪♪♪

いつも一緒に入るメンバーが、ヒトミちゃんすごい~!!
今までと全然違うよ!!
ってみんなに声かけてもらって有頂天(笑)
どうもソウマMAGICいただいちゃったみたいです(^O^)
こないだも言いましたが、教えてくださる方々のおっしゃることの行き先は、たぶん同じところなのかもしれません。
しかし説明のしかたやヒントが違うような気がします。
ソウマさんのスクールは、私のようにあるところから息詰まったところにいる人にとって、とてもわかりやすいと思います。
実際パドルは前よりもずっと楽なのにちゃんと(?)乗れてしまいます♪
もう少し様子を見て、今の状態をキープできるようになったら、またスクールお願いしたいと思っています。
サーフィンってこんなに楽しいんですね(^o^)♪♪♪
もっともっと乗れるようになって、もっともっと楽しめるように、がんばるのだ~!!

私って超しあわせ~(^0^)/

☆ソウマさん☆
すばらしいきっかけ作っていただきました。
ありがとうございます♪




うーーー
なんかめちゃくちゃうれしいっす!
ヒトミサマほんとにありがとうございます!
またロングボードレスキューのスクールにきてくださいね。




byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボードレスキューのサーフィンスクールは初心者のテイクオフ成功率アップにこだわるのです!

2010年10月7日木曜日

ロングボードレスキューのサーフィンスクールは初心者のテイクオフ成功率アップにこだわるのです!

ロングボードレスキューのスクールはテイクオフにとことんこだわります。

なぜって、テイクオフしなくちゃ他のコトが始まらないから・・・・・

ターンも 、ノーズライドも、リッピングも、ハングテンも、ぜーんぶテイクオフしなくちゃいけないからです。

テイクオフのうまいサーファーはターンもノーズライドもうまいのです。

だから、ロングボードレスキューのスクールは初心者のテイクオフにとことんこだわります。

しつこいようですが・・・・

■ロングボード初心者のほとんどができていないコト

ロングボード初心者のほとんどができていないコト。
それは波をキャッチすることです。
波に乗れなくてはテイクオフもできません。

初心者ロングボーダーはここを勘違いしていることがヒジョーに多い。です。

波を捕まえることと、テイクオフして立ち上がること。
似ているようですが、違います。

ハナシは変わりますが、自転車でイチバン大切なことはペダルを漕ぎ続けること。ですよね?

これをサーフィンに置き換えてみると、
ペダルを漕ぎ続ける=波を捕まえ続ける
ということです。

まずはここです。
テイクオフでボードの上に立ち上がること、それは自転車で例えると手を離して運転するようなものです。

ん?
なんか話がそれてきたので、この続きはまたの機会に。





byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

またしても飯岡でロングボード。

2010年10月6日水曜日

またしても飯岡でロングボード。

またいっちゃいました。
波はもうエクセレント。

サイズはムネカタのロングショルダーグーフィーが炸裂っす!

ポイントは飯岡メイン。
飯岡でもサイズのあるポイントとして知られています。

それだけにローカルサーファーたちが集中しやすいので、ロングボード初心者には少々とっつきにくいポイントです。

この日もローカルサーファー大集合。
こんだけ波がよければアタリマエですが・・・

それでもそこそこ乗れて、きっちりインサイドまでつなげられる。

やっぱり飯岡好きだなー。

写真は後ほど!



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

日曜日、飯岡でサーフィンしてきました。




日曜日、飯岡でサーフィンしてきました。

日曜日、なんとなく時間があったので、混雑承知で飯岡へ行ってまいりました。

結果は・・・
大正解!!
エクセレントな波で素晴らしく波に乗れました。

■飯岡が混んでるなんて・・・w
最初は飯岡の信号下ポイントに入水しようとしたんですが、波が小さすぎ!

でもって、スロープを降りて飯岡メインポイントへ。
そこで見たのが、テトラの外からブレイクする波。
ただの波じゃあありませんぜ。
いい波です。
すんごく。

アベレージサイズはコシハラなものの、セットは余裕でムネカタサイズ。
それがあーた、アウトからインサイドまできれ~に割れてるじゃあありませんか!!!

急ぎました。
着替えるのもボード出すのも!

準備が整って、やや小走りでゲティングアウト。
テトラの脇からカレントに乗って、スルッとラインナップへ。
もーラクチンラクチン。
テトラ脇のカレントは初心者には難しいかもしれませんが、慣れてしまえば簡単です。

グーフィーフッターな私はポジション取りもおのずと左側に。
そうすれば、キレイにブレイクするロングショルダーにバッチリ乗れるのです。

うーん、この波くせになりそう(笑)



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

そろそろフルスーツの季節ですよー

2010年10月4日月曜日

そろそろフルスーツの季節ですよー

すっかり気温も下がってしまって、ハンソデともおさらばしたい今日この頃です。

いや~、そろそろフルスーツの出番ですね。

ジャーフルとか3フルとか言いますが、千葉の海ではこれからがフルスーツシーズンなのです。

イッツア ウェットスーツ!
なフルスーツですが、ロングボードサーファーたちには、ロングジョンとジャケットの組み合わせをつよーくすすめたい!

なぜって、便利だから。

暑ければジャケット脱いで、水が暖かければトランクスで。
ね?もー簡単なわけですよ。

お洋服みたいに、あれこれ着せ替えできる感じでヒジョーにベンリ。

2つ合わせて着てしまえばフルスーツのいっちょあがり。

フルスーツって意外と着る機会ないんだよね・・・

そんなロングボードな大人サーファーにぜひ!



byソウママサオ

SHISEE WETSUITS CLASSICS
longboardrescue on twitter



ドナルドタカヤマのインザピンクでサーフィンしたぜ。

2010年9月26日日曜日

ドナルドタカヤマのインザピンクでサーフィンしたぜ。

ロングボードレスキューで生徒さんのボードに試乗させてもらうのが、サーフィンスクールでの楽しみになっています(笑)

■名板ドナルドタカヤマのインザピンク
この日の生徒さんのボードは、ドナルドタカヤマのインザピンク。
言わずとしれた名板です。


クロスとフォームで作られた本物のインザピンクは、ドナルドタカヤマのチームライダーにしか提供されませんが、今日はサーフテックなわけです。

サーフテックのなかでも、ウッディ、と呼ばれる薄い木の板をボード表面に貼り付けたモデルです。

なにが違うのかというと、重さです。
普通のサーフテックのボードはとにかく軽い。
片手でつかんでぶん投げなれちゃうくらい軽い。

それが欠点でもあるわけですが、そこんとこを改良したのがウッディ。というわけです。

ですんで、軽いサーフテックといえども重い(なんだかめちゃくちゃですが・・・)インザピンクウッディ、きたいできそうです。

■やっぱりサーフテック、跳ねるじゃーん!
この日の波は、オンショアが軽く入ったちょっぴりチョッピーコンディション。

普通のロングボードだったら問題なく突っ切ってしまえるのですが・・・

サーフテック、跳ねます。
ちょっとしたデコボコ、全部反応しちゃいます。

実はサーフテックボード、軽いのに浮力も抜群なのです。
浮力がある、ということはどんな小さなデコボコでも浮いちゃうわけですよ。

となると、跳ねるんです。
ピョンピョンと・・・


■慎重にテイクオフしてていねいに乗る
浮力のあロングボードに乗るコツは、慎重にテイクオフしてていねいにライディング。
これです。

ボードの反応が速いので、少しの挙動不審がすぐさま反映されちゃいます。
テイクオフのときにジタバタパドリングしてしまう人は要注意ですよ!

さらにテイクオフしてからも姿勢を低く保って、しっかりボードを走らせる必要あり、です。

いつにも増して、ボードをコントロールするテクニックを問われるんですね。

■クリーンな波でもう一度試してみたい!
とはいえ、潜在的なポテンシャルは割と高めな、ドナルドタカヤマのインザピンク。あ、ウッディー。

きれいなフェイスの波だとかなり面白そうなロングボードです。

もっかい試乗させてもらえるなら、クリーンな波でもう一度試してみたいっす!

なので、ドニ様是非ともスクールを・・・!

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

台風シーズンのスクールについて

2010年9月23日木曜日

台風シーズンのスクールについて

いよいよ台風シーズンがやって来ました。
毎年ソワソワしながらこの時期を楽しみにしているんですが、スクールになるとそうもいってられません・・・

■スクールの中止について

せっかく予約いただいたスクールですが、ロングボード レスキューでは次のような場合スクールを中止させていただく場合があります。

●前日の波情報でクローズの予想が出た場合
●強風が予想される場合
●雨が強くなる予想が出ている場合

上記の状況のほかに、サーフィンに適さない状況が予想される場合は残念ですがスクールを中止させていただく場合があります。

■スクールの中止は前日までに連絡させて頂きます

スクールを中止させていただく場合は、前日に連絡させて頂きます。

前日の波情報や天気図から判断して、必ず連絡します。
スクールを中止させていただく場合は、振替日をご案内する場合もありますが、振替日が無い場合は翌月に優先的に予約のご案内をさせて頂きます。

どうぞご了承ください。

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボード初心者講座 胸をそらせないといけないなんてウソだと思う

ロングボード初心者講座
胸をそらせないといけないなんてウソだと思う

パドルの時は胸をそらせて・・・・ココロときめかせて。
って、よく言われますが、これもあまり根拠がないように思います。
というより、胸をそらせるより大切なことがあるんじゃないかってことです。

■テイクオフでは胸をそらせることよりもボードの状態に気を配る

テイクオフでもっと大事なところとは、ボードの状態です。

波に乗り遅れているときのボードの状態。
パーリングしそうなときのボードの状態。
パドリングのときのボードの状態。
ここにもっと気を配ることができれば、ロングボードでのテイクオフは上達します。

■理想的なボードの状態とは

理想的なボードの状態とは、波の斜面にロングボードがフィットした状態です。

波の斜面にフィットした状態を、自分でコントロールすることがなにより大切なのです。

いいですか。

自分でコントロールするんですよ。

ロングボードのコントロール=テイクオフだけでなくほかのテクニックにもつながります。

どう動けばいいのではなく、どうコントロールするか。
それがロングボード上達のキモなのです。

ここまで読んで頂いて、自分のフォームが気になった方はぜひスクールへ。

あ、また宣伝しちゃった(笑)

ではまた!

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

飯岡荘まえのポイントでロングボードのスクール!

飯岡荘まえのポイントでロングボードのスクール!

またしても飯岡荘前でのスクールです。
この日の生徒さんは、Twitter経由でロングボードレスキューに来てくれた初めてのヒト。

訳あって、アカウントは隠しておきますが、Twitter上での見かけによらず物腰柔らかな方でした。

ロングボード歴は途中のブランクも含めて、約7年。
さて、どんなもんでしょうか(笑)

ちなみに、この日の波のコンディションは、
セットコシハラ、ギロチンダンパー・・・・

■波に乗り遅れ、そしてパーリング
今日の生徒さんのお名前は「アライサン」。


アライさんのロングボーディングを、少し拝見です。

もちろん一緒に海に入って見学するのですが、初心者ロングボーダーの方がよくやる失敗のオンパレード。

でもね、こういう人はたいていうまくなるのも早いです。

なぜって、波に巻かれ慣れてるから。
あと、失敗がどういうことかわかってるから。

アライさんの一番のウィークポイントは、ボードの後ろに乗りすぎること。

怖いのはわかりますが、これではロングボードの意味がありません。

■ロングボードの後ろ半分を使えばテイクオフは早くなります

あまり詳しいことはスクールに来ていただくとして、ここではアライさんのお話。

ボードの後ろにパドリングポジションをとってしまう。
これではイケマセン。

ロングボードは、ロングなんですからもう少し有効活用しないと、ロングの意味がなくなってしまいます。

■沈むまで前に乗ってみよう
自分の適正ポジションを見極めるには、ノーズが沈むかどうかで判断することができます。

ノーズが沈まないギリギリのポジション。
それがあなたの適正ポジションです。

いいですか。
ノーズの沈み具合ですよ。
決してノーズから何センチ、とか、ボードに貼ってあるステッカーから何センチ。
という決め方はしちゃいかんのです!

この続きはまた別の機会に。

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ソウママサオがロングボードにハマった映画。エンドレスサマー。

2010年9月18日土曜日

ソウママサオがロングボードにハマった映画。エンドレスサマー。

へんなタイトルですが、この映画オススメっす!

ブルースブラウン監督、主演は、というかサーファーはロバートオーガスト&マイクヒンソン。

キャー、なんてゴージャスな顔ぶれ。

この面々が世界各地で波に乗りまくっちゃう、ただそれだけの内容ですが、観て損はありません。

圧巻なのは南アフリカでのちょーロングライドのシーン。

へたっぴロングボーダーだけでなく、誰もがあこがれるようなエクセレントウェーブでのサーフィンがこれでもか!っちゅうくらい詰め込まれています。

実はこの、エンドレスサマーのDVDを購入しようと、Amazonやら楽天やらを探し回ったのですが、どこも売り切れ(笑)

どうやらロングボードの専門誌「NALU」で特集したみたいです・・・
雑誌の影響力ってすごいっすw

まあ、なんとか中古品を見つけて購入ボタンをポチっとな!
明後日届くようなので、今から超楽しみっす!

ロングボーダーにオススメのエンドレスサマー。
ぜひとも観て欲しいのですよ!

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ソウママサオがロングボードにハマった映画。エンドレスサマー。

ソウママサオがロングボードにハマった映画。エンドレスサマー。

へんなタイトルですが、この映画オススメっす!

ブルースブラウン監督、主演は、というかサーファーはロバートオーガスト&マイクヒンソン。

キャー、なんてゴージャスな顔ぶれ。

この面々が世界各地で波に乗りまくっちゃう、ただそれだけの内容ですが、観て損はありません。

圧巻なのは南アフリカでのちょーロングライドのシーン。

へたっぴロングボーダーだけでなく、誰もがあこがれるようなエクセレントウェーブでのサーフィンがこれでもか!っちゅうくらい詰め込まれています。

実はこの、エンドレスサマーのDVDを購入しようと、Amazonやら楽天やらを探し回ったのですが、どこも売り切れ(笑)

どうやらロングボードの専門誌「NALU」で特集したみたいです・・・
雑誌の影響力ってすごいっすw

まあ、なんとか中古品を見つけて購入ボタンをポチっとな!
明後日届くようなので、今から超楽しみっす!

ロングボーダーにオススメのエンドレスサマー。
ぜひとも観て欲しいのですよ!

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボード初心者講座 パドルなんて前に進めばいいんです!

ロングボード初心者講座
パドルなんて前に進めばいいんです!

昨日の片貝ではロングボードに乗ったサーファーはいませんでしたが、こないだの飯岡でのスクールのときは、ロングボーダーがゴッチャリ。

なかにはうまいサーファーもいれば、そうでないロングボーダーもいるわけです。

■うまいロングボーダーとヘタなロングボーダー、その差は何処に

うまいロングボーダーとヘタなロングボーダー、その差は何処にあるんでしょうかね。

っと、その前に、ロングボードの上手な人というのは、どんなサーファーを、波にたくさん乗るサーファー。
ということにしておきます。

自分のポジションにきた波にだいたい乗ることができるサーファー。
これを目指してほしいのです。

結論から言うと、その差はパドル力にあらず。
ということです。

ここ、大事です。

一生懸命パドルしてる初心者ロングボーダーの横で、さラリと波に乗って行くロングボードの上手な人。
よく見ているとわかると思いますが、決して一生懸命パドルしてるわけじゃありません。

むしろパドルの回数は、初心者ロングボーダーの半分以下じゃないでしょうか。

■パドルなんて前に進めばいいんです
実は初心者ロングボーダーのパドルと、ロングボード上級者のパドルとの間にはたいした差はありません。
同じように、水をかいてるかぎり腕から得られる推進力はほぼ同じなのです。

その証拠に、海の上を移動する時のパドルを比べてみると、移動のスピードに大差ないことがわかると思います。

海の上で移動する時の、パドルなんて前に進めばいいんです。
ポイントの移動の時にはうまくパドルできているのに、テイクオフになるとなぜ差が出てしまうのか。

問題はここです。

■ロングボード初心者が知らないあいだにやっちゃうこと
テイクオフの時以外は、うまく前に進むことのできるのに、いざ波をキャッチする段階になるとうまくいかないのか。

それは、初心者ロングボーダーが余計な事をしちゃってるからなんです。
余計なことというのは、サーファーによって違うんですが、一例をあげておきます。

・波を見ちゃう
・足をバタバタしちゃう
・上半身でパドルしちゃう
・ジタバタパドルしちゃう

うまく波に乗れない、波を捉えることができないロングボーダーは、だいたいこの症状が出ています。

■パドル力信仰を捨てちゃおう!
ですが、厄介なことに自分ではなかなか気づかないのです。

自分のクセに気づいて、テイクオフのうまいロングボーダーになるには、まずはパドル力信仰を捨てることです。

パドルなんて一生懸命やればいいってもんじゃないんです。
それより、波に合わせること。
もっというと、うねりの角度にロングボードをフィットさせること。

ここんとこにフォーカスを合わせましょう。
なんたって、サーフィンは波乗りですから。

ほかにも気をつけたい初心者ロングボーダーのクセはありますが、それは人それぞれですので、ここでは書ききれません。

手っ取り早く自分のウィークポイントを知りたい方は、是非ともロングボードレスキューのスクールにお申し込みを。
スクールのスケジュールはメルマガでご案内しています。

ってさりげなく宣伝っす(笑)!

ではまた。

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボード初心者講座 波はみてもいいけど、ホドホドニ。

ロングボード初心者講座
波はみてもいいけど、ホドホドニ。

■波を確認するのはいいんです

横を向いてしまうヒトミちゃんに「波を見るな」と言いましたが、ほんとは見てもいいんです。

むしろ波のチェックは必須、と言ってもいいくらいなのです。

波に合わせるのがサーフィンの基本。
ということは、このブログでもしつこいくらいに言ってきました。

ポイントはここです。
波に合わせるために波を見るのであれば、問題ないのです。

■初心者が波を見る理由を考えて見るといいかも
なぜ波を見るのか。
ここをよーく考えてみてください。

波を確認するため?
それとも単なるくせ?

どっちでしょうかね。
ちゃんと答えられた初心者は、果たしてそれが正しいのかをもう一度確認してみてください。

■テイクオフで波をみたほうがいい初心者とは
テイクオフの時に波をみたほうがいい初心者とは、パーリングしやすい人たちです。

パーリングしやすいロングボーダーは波をチェックすることで、パーリングを軽減することができます。
波を見るときのポイントは、じっくりみることです。
自分に向かってくる波を、じっくり見ることでボードが先走るのを防ぐことができます。

■波に置いていかれる初心者は波をボードで感じよう
逆に波に置いていかれる初心者ロングボーダーは波を見ないで、ボードから伝わってくる波を感じることに集中しましょう。

波が近づき、ボードのテールが持ち上げられるのを感じるのです。

パドルががむしゃらだと、波を感じることができません。
バランスを崩すような姿勢で、ボードの上にポジショニングしても、これまた波を感じることはできません。

何だかややこしい話になってしまいましたが、スクールにきていただけるとスグに教えることができます。
ぜひ!

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

8'6 のボードに乗ってみた!

2010年9月15日水曜日

8'6 のボードに乗ってみた!


スクールの生徒さんのボードを試しに乗らせてもらうのが、スクールの時の楽しみの一つなんです。

今回のボードはヒトミちゃんが乗っていた、8'6 のセミロングボード。
短いのか長いのかよくわかんない長さですが、ロングボードをそのままダウンサイジングしたボードなのでした。

ホントは少し不安だったんですよ。
うまく乗れるのかなって・・・

普段乗っているハミルトンカスタムサーフボードのクラシカルな板にすっかり慣れてるおっさんがこんな短い板に乗れんのかいな?って。

だってかっこ悪いじゃん。俺インストラクターなのにw

■意外といけてる短めのロングボード(笑)

それでもいいトコ見せなくちゃいけないんで、頑張ってきましたよ。

ゲッティングアウト、真っ先に思ったのが、軽い!
安定感がないのでキュンキュン動いちゃいます。
なんちゃってドルフィンスルーもラクラク。

んでもってファーストライド。

普通のロングボードにくらべると、波のスイートスポットを捉える範囲が小さいものの、滑り出しはロングボードそのまんま!

オーダーボードということもあって、ファンボードにありがちなノーズの引っかかり感もないスムーズなテイクオフ。

立ち上がってからの乗り心地もナカナカいい感じです。

レールも適度にダウンレールで、板がしっかりフェイスに食い込んでくれます。

コレ、意外と大事なんですよ!

■テールが滑る(笑)
意外といけてる短めのボードですが、ちょっと気になることが。

フィンがFCSのトライフィンなので、後ろは滑っちゃいます。
うまくコントロールできるサーファーにはこの上ないコントロール感をもたらしてくれるでしょうが、今回のヒトミちゃんにはチョイとオーバースペック。
これがシングルフィンだったら、もう少しパドルも安定するのになー、なんて思っちゃいました。

ヒトミちゃんにも伝えましたが、センターフィンだけボックスに変更すれば、いいかもしんないです。

■やっぱり初心者ロングボーダーに動くボードはいらにゃい!

意外といけてる短めのボード。
ノーズにもいけちゃいます。
短いのでなおさら簡単にノーズライドできます。
残念なことにノーズにワックス塗ってなかったので、滑ってしまいましたが・・・

でも総じて乗りやすい短めのロングボード。
欲しいっす。
今度作ってもらおっと!

あ、でもね、

やっぱり初心者ロングボーダーには動きやすい板より、動かしにくいボードの方がいいと思うんです。
だって、コントロールできないでしょ?

だったら、動きにくい方が動かしやすい。
と、禅問答のようなことを書いてレポート終了。

また乗らせてもらおーっと。

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

初心者に合ったロングボードとは

2010年9月12日日曜日

初心者に合ったロングボードとは。

初心者ロングボーダーに合ったロングボードとは、一言で言うと
「安定した板」

これにつきます。

長さが9'2がいいとか幅は43センチとか、ロッカーは緩めとか、そんな事にとらわれるより、安定したロングボード。

初心者には何より安定している板がいいのですよ。

■安定したロングボードならクラシック系のボードがイチバン

波の上でも安定しているボード。
乗るまでわかんないじゃん。
ごもっともです。
一般的には「クラシックタイプ」と呼ばれるボードが安定感があってオススメです。

クラシック系のロングボードの特徴は

シングルフィン
ロッカーは緩め
厚みがあり
レールが丸みを帯びている
オモイ

などがあります。
ボードの外見はそんなに関係ありません。

■オールラウンドなロングボードは初心者向けではない?

オールラウンドなロングボードは初心者向いていないのか?

そんなことはありません。
大事なことは、安定感があるかどうか。
ココです。

実はオールラウンド系のボードでも、クラシック志向のボード、マニューバ系のボードがあります。

その中でクラシック志向のボードを選べばいいのです。

■ボードの長さにはこだわらない

実はボードの長さというのもあまりこだわらないほうがいいようです。

長さがあるからと言って、浮力があるわけではありません。

安定したボードかどうかは長さではなくトータルな性能で決まるからです。

もしも長さが気になるのであれば、ボードの性能としてではなく、持ち運びに便利かどうか、部屋の中にしまっておける長さかどうか。
車の中に積めるかどうか。

そういうことのほうが大事なのかもしれません。


初心者にあったボードは安定感のあるクラシックロングボード。
師匠であるハミルトンサーフボードのシェーパー、福田まさおも、同じ事を言ってました。

ということで続きはまた。

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitterー

台風一過でさみーぜ

2010年9月11日土曜日

台風一過でさみーぜ。

朝晩冷え込んできました。
エンドレスサマーともお別れで、秋の空模様。

空気はひんやりしてますが、水はまだまだ暖かいまんまです。

ウェットスーツも、ロンスプや、シーガルがメインになってきますが、「そんなにいっぱい買えないよー」
なオトナサーファーにオススメしたいのが、「ジャケット」






本名「ロングスリーブタッパー」
と言います。
前にはジッパーがついていて、少し硬くなったカラダでも着脱容易なこのアイテム。

この時期はトランクスと組み合わせて海にはいるのが正解です(あくまで千葉の海ですが、)

もう少し寒くなってきたら、ロングジョンと組み合わせてフルスーツトしても着用可。

なんだかお得なウェットスーツなのですよ。

ロングボーダーには特にオススメしたいウェットなスーツですよ。はい。

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitterー

台風一過で気温が下がった海で着るウェットなスーツ

台風一過でさみーぜ。

朝晩冷え込んできました。
エンドレスサマーともお別れで、秋の空模様。

空気はひんやりしてますが、水はまだまだ暖かいまんまです。

ウェットスーツも、ロンスプや、シーガルがメインになってきますが、「そんなにいっぱい買えないよー」
なオトナサーファーにオススメしたいのが、「ジャケット」






本名「ロングスリーブタッパー」
と言います。
前にはジッパーがついていて、少し硬くなったカラダでも着脱容易なこのアイテム。

この時期はトランクスと組み合わせて海にはいるのが正解です(あくまで千葉の海ですが、)

もう少し寒くなってきたら、ロングジョンと組み合わせてフルスーツトしても着用可。

なんだかお得なウェットスーツなのですよ。

ロングボーダーには特にオススメしたいウェットなスーツですよ。はい。

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitterー

Shisee Wetsuits Classicsと同じカラーパターンが・・・w

Shisee Wetsuits Classicsと同じカラーパターンが・・・w

こないだスクールを受けていただいた、お客様のミスターiさん。
ウェットスーツを新調オーダーされたとかで見せていただきました。

裏返しになっていたロングジョンを元に戻してビックリ!

なんとカラーのチョイスが、私が先日オーダーしたベストとおんなじ!

オリーブ&マッド というしブーい組み合わせ。

ナカナカやります。

というか、同じような感覚を持っている人と出会えたことがメチャうれしいっす。

iさんもわたしと同じくオトナサーファーで、クラシック志向。
となればウェットスーツの好みも似てくるのは、ま、当然か・・・・

でもうれしっ!




写真のロングジョンiさん所有



ベストはShisee Wetsuits Classicsのもの

どうです?
いい感じでしょw

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitterー

自分に合った波で練習すると、ロングボードはうまくなる

2010年9月10日金曜日

自分に合った波で練習すると、ロングボードはうまくなる。

ロングボードに限らず、サーフィンは自分にあった波で練習するとうまくなります。

自分にあった波というのは、恐怖感が少ないからです。
怖くない=余裕がある=落ち着いて考えることができる。
落ち着いて考えることが出来れば、サーフィンのトレーニングの質を上げることができるからです。

焦ってテイクオフするよりも、落ち着いてテイクオフしたほうが自分を客観的にみることができるからです。

私もロングボードを始めた頃は、ただ闇雲に大きなな波を追いかけていた頃がありました。
が、ある人にアドバイスを受けてからは、自分にあったサイズの波で練習するようになり、人並にサーフィンできるようになりました。
マジ感謝!w

■サーフィンの基本は岸まで乗ること

自分サイズの波を見つけるまえに確認です。

サーフィンの目的は、なんだろか?

それは、ショートボードでもロングボードでも、ボードに乗って岸までたどり着くことです。

ロングボードの多種多様なマニューバ(ノーズライディングも含む)はロングボードで岸まで乗り継ぐためのテクニックです。

サーフィンは岸までいっちゃうサーファーがうまいサーファーだということです。

実際コンテストにおいて、プロサーファーは必ずといっていいほどインサイドぎりぎりまでライディングします。

ロングボードの目的も同じ。
どんなにハングテンを決めることができても、カットバックがうまくても、岸まで乗り継げないロングボーダーがイチバンわかってる。そうかんがえています。

今更サーフィンの目的って言われてもねー、な感じがしますが、コレ、自分にあった波を探し出すのにとっても大事なんすよ。

■自分にあった波の探し方

ロングボードの目的がわかれば、自分にあった波を見つけるのはかんたんです。

インサイドから順番に波に乗ってみて、岸までいっちゃってください。

選ぶ波のサイズ、ブレイクする場所、波が割れる方向、いろんな事を考えながら、ていねいに波に乗ってみることです。

岸までいけない波を見つけたら、岸までいける波に戻ります。

そこが自分にあった波が割れるポイントです。

自分サイズの波を見つけるのには、ある程度の経験と時間がかかります。
誰かにチェックしてもらうといいかもしれません。
自分でビデオに撮るのも一つの手です。
ロングボードレスキューのセンセイもそうして練習してきました。恥ずかしながら・・・(笑)

悩みを抱える初心者ロングボーダーは、やみくもに練習するのではなく、地味なところから見直して行くとあっさり解決するって事。覚えといて損はナイデスヨ!


byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS @longboardrescue on twitterー

波に乗り遅れないための姿勢はこれ

2010年9月8日水曜日

波に乗り遅れるテイクオフはここを治せばほぼ解決。

テイクオフの時の乗り遅れ。
初心者ロングボーダーのみなさんから一番多く寄せられるお悩みです。

ロングボードは浮力があって安定しているので、パドルさえすれば前には進みます。
それでも乗り遅れるのはなぜなのか?
初心者ロングボーダーが知らないあいだにブレーキをかけているからです。

■ロングボードの上ではカラダを固定しよう

ロングボードの上での基本的な姿勢は、足を閉じてまっすぐストリンガーの上に腹ばい。

足を閉じるというのは、膝と膝をピッタリくっつけておくことです。

足を閉じるのは無駄に足が動かないように固定するためです。

足を閉じたら、つま先を立てておきましょう。

ボードのテール部分を踏ん張るように固定してください。

これでロングボードの乗り方はほぼ完成です。

■初心者は基本の姿勢をキープし続けるのが難しいのだ

初心者ロングボーダーが、バランスを崩すのは基本姿勢を崩してしまうからです。

バランスを崩すと、ロングボードが傾きます。
傾いたボードは水に食い込みます。
水に食い込んだロングボードは、前には進みません。

基本姿勢が崩れるのは、ロングボードを傾けてブレーキをかけてしまうことなっているのです。

だから基本姿勢を崩しちゃいけないわけです。

■カラダを固定したらボードの上で前後の位置を調節しよう

ロングボードはそれぞれ長さも違います。
ロングボーダーの身長も様々です。

ノーズから何センチ、というふうに、一概にパドルの位置を決めることができません。
ではどこをみるのか。

ノーズが沈むかどうかをチェックすればいいのです。

少しノーズよりにプローンの体勢をとって、ノーズが沈んだら後ろにずらす。
これを繰り返して、ノーズが沈まなくなる位置を見つけてください。

うまくノーズが沈まなくなる位置を見つけたら、そこがロングボードの前後のバランスが取れている位置ということです。

自分ではよくわからない。
そんな初心者ロングボーダーは誰かにチェックしてもらうのもいいかもしれません。

この続きはまた別の機会に。

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitterー BlogBooster-The most productive way for mobile blogging. BlogBooster is a multi-service blog editor for iPhone, Android, WebOs and your desktop

ドナルドタカヤマのDT2に乗らせてもらった!ウヒヒ!

2010年9月7日火曜日

ドナルドタカヤマのDT2に乗らせてもらった!ウヒヒ!

こないだスクールを受けていただいた、ミスターiさんの愛板を少しお借りしました。

ボードはかの名ボードとして名高い、ドナルドタカヤマのDT2。

オールラウンドなボードでもちろんスタビつき。
長さは9'4。

普段シングルフィンのハミルトンカスタムサーフボードに乗ってる私に乗れるんかいな、と少々心配だったのですが、一本目の波でそんな懸念はどこへやら(笑)

なかなかいいボードです。
特筆すべきは、ボトムターンの時のスムースさ。
見事に曲がってくれます。
ていうか普段のハミルトンが曲がりにくいだけなのかもしんないですが(福田さんすいマセン)

ボトムターンのあとは波のフェイスに張り付くような加速を見せてくれました。
ノーズライディングも、オールラウンドなロングボードにしてはめちゃスムース。

こりゃ売れるわなw

久しぶりに「欲しい」って思っちゃったので、今度ハミルトンカスタムサーフボードの福田様にレプリカ作ってもらおうかな・・・
なんて。

ちなみに私がこれまで乗ってきたボードは、

ハミルトン出川シェイプ!9'2
ノーブランド(出川さんとこのノーブランドです)エポキシ 9'2

そんでもって今乗っているのは、ハミルトンカスタムサーフボード シングルフィン 9'5

何だかんだで今のロングボードが一番シックリきてます。はい。

ドナルドタカヤマのDT2に乗らせてもらった!ウヒヒ!

ドナルドタカヤマのDT2に乗らせてもらった!ウヒヒ!

こないだスクールを受けていただいた、ミスターiさんの愛板を少しお借りしました。

ボードはかの名ボードとして名高い、ドナルドタカヤマのDT2。

オールラウンドなボードでもちろんスタビつき。
長さは9'4。

普段シングルフィンのハミルトンカスタムサーフボードに乗ってる私に乗れるんかいな、と少々心配だったのですが、一本目の波でそんな懸念はどこへやら(笑)

なかなかいいボードです。
特筆すべきは、ボトムターンの時のスムースさ。
見事に曲がってくれます。
ていうか普段のハミルトンが曲がりにくいだけなのかもしんないですが(福田さんすいマセン)

ボトムターンのあとは波のフェイスに張り付くような加速を見せてくれました。
ノーズライディングも、オールラウンドなロングボードにしてはめちゃスムース。

こりゃ売れるわなw

久しぶりに「欲しい」って思っちゃったので、今度ハミルトンカスタムサーフボードの福田様にレプリカ作ってもらおうかな・・・
なんて。

ちなみに私がこれまで乗ってきたボードは、

ハミルトン出川シェイプ!9'2
ノーブランド(出川さんとこのノーブランドです)エポキシ 9'2

そんでもって今乗っているのは、ハミルトンカスタムサーフボード シングルフィン 9'5

何だかんだで今のロングボードが一番シックリきてます。はい。

波より早いパドルって・・・w

波より早いパドルって・・・w

こないだスクールを受けていただいた、ミスターiさん。

実はパドルが異常に早かったのですよ。
どんくらいの速さなのかと言うと、

波より早い!。(笑)

波に乗るのに、波を追い越してどうするんじゃい?

というナントもぜータクなウィークポイントを抱えていたのでした。

もともとロングボードスクールのオファーがあった時点で、パーリングしやすいとおっしゃってたのですが、ミスターiのライディングを見て納得です。

■パーリングの原因はパドルにあった?

パーリングの原因はパドルにあり!
とその時は思って、こりゃカンタン。
と思っていたのも大間違いでしたw

もうひとつ、パーリングの大きな要因が見えてきました。
それは、波をあまり見ていないということです。
波を見ていないと言っても、沖からくる波にはきっちり合わせているので、なんにも見てないわけじゃあないんですよ。

でもね、大事なのはアウトからはいってくる波ばっか見てちゃいけないのですよ。

ちゃんと横も後ろも見てないと!

だってクルマを運転する時は、前後左右確認するじゃないですか。
ロングボードも同じです。

■波を見る基本

波をみる基本は、

「まずは岸から見ること」

これにつきます。

ほとんどの初心者ロングボーダーは見てません。
たとえ見てても、見極めるには至ってません。
断言しちゃいます。

岸から波をチェックする時は、まずはブレイクポイントがどこかを見極めること。

その次に、ブレイクしている場所を把握することです。

場所を把握するには、ゲッティングアウトしてからも絶えず自分の居場所をチェックしましょう。

■波は同じじゃないんです

すべての波はその都度ブレイクしている場所を変えていきます。
ビーチブレイクならなおさら。

ブレイクポイントの変遷が、どういう傾向にあるのか。
これを見極めるのも大事なことです。

なんでこんなこと言うのかって、そりゃテイクオフのためっす。

ロングボードは波をキャッチしやすい。
確かにその通りですが、波を狙って乗れるロングボーダーはごく少数なのも事実。

自分にあった波をキャッチするために、日頃から波チェックはしっかりやっときましょうね。

byソウママサオ オトナのウェットスーツ longboardrescue on twitterー

波より早いパドルって・・・w

波より早いパドルって・・・w

こないだスクールを受けていただいた、ミスターiさん。

実はパドルが異常に早かったのですよ。
どんくらいの速さなのかと言うと、

波より早い!。(笑)

波に乗るのに、波を追い越してどうするんじゃい?

というナントもぜータクなウィークポイントを抱えていたのでした。

もともとロングボードスクールのオファーがあった時点で、パーリングしやすいとおっしゃってたのですが、ミスターiのライディングを見て納得です。

■パーリングの原因はパドルにあった?

パーリングの原因はパドルにあり!
とその時は思って、こりゃカンタン。
と思っていたのも大間違いでしたw

もうひとつ、パーリングの大きな要因が見えてきました。
それは、波をあまり見ていないということです。
波を見ていないと言っても、沖からくる波にはきっちり合わせているので、なんにも見てないわけじゃあないんですよ。

でもね、大事なのはアウトからはいってくる波ばっか見てちゃいけないのですよ。

ちゃんと横も後ろも見てないと!

だってクルマを運転する時は、前後左右確認するじゃないですか。
ロングボードも同じです。

■波を見る基本

波をみる基本は、

「まずは岸から見ること」

これにつきます。

ほとんどの初心者ロングボーダーは見てません。
たとえ見てても、見極めるには至ってません。
断言しちゃいます。

岸から波をチェックする時は、まずはブレイクポイントがどこかを見極めること。

その次に、ブレイクしている場所を把握することです。

場所を把握するには、ゲッティングアウトしてからも絶えず自分の居場所をチェックしましょう。

■波は同じじゃないんです

すべての波はその都度ブレイクしている場所を変えていきます。
ビーチブレイクならなおさら。

ブレイクポイントの変遷が、どういう傾向にあるのか。
これを見極めるのも大事なことです。

なんでこんなこと言うのかって、そりゃテイクオフのためっす。

ロングボードは波をキャッチしやすい。
確かにその通りですが、波を狙って乗れるロングボーダーはごく少数なのも事実。

自分にあった波をキャッチするために、日頃から波チェックはしっかりやっときましょうね。

byソウママサオ オトナのウェットスーツ longboardrescue on twitterー

飯岡荘の前でスクールをやって来ました

2010年9月6日月曜日

飯岡荘の前でスクールをやって来ました。

いやいや、こんなにうまい初心者さんは初めてです。

テイクオフのときにバランス崩す、パドルしても前に進まない、立ち上がる動作が遅い、体力が続かない。

全部当てはまらなかったです。




▲この日の生徒さん「ミスターi」引き締まったカラダに惚れちゃいそうです(冗談ですよっ。念のため)

正直なにを教えればいいのかな・・・
と思ったんですが、そこはやっぱりインストラクターとしてのわたしの経験がモノを言いました。

■この日の生徒さん「ミスターi」

iさんのロングボードは、ドナルドタカヤマのDT2。
言わずとしれた名ボードです。

試乗させてもらったので、そのうちインプレッションしますが。

このロングボードがiさんにピッタンコ。

iさん自信もジムに通ったりして鍛えてるし・・・

性格もめちゃくちゃサワヤカ。

そのうち負けそうな気がしてきやした・・・

■それでも初心者ロングボーダーらしきところ

ありました。
なにがって、直さなくちゃダメなところデスよ!

一見中級者のiさんには、ウィークポイントらしきところが見当たらなかったのですが、とっておきの方法で見えてきたんですよ。

▼そのときのメモです

「立ったときにスピードが落ちる。

スタンスを狭くする
立つ動作をスローにする。

サイズが上がると焦る傾向にあるようです。

波をみるのはかなりよくなっています。
もう少しこまめにチェックすると、なおよし!です!」

iさんにはもう少し細かい指示をしましたが、だいたいこんな感じ。
実を言うと、iさん、うますぎてどうしようかと思ってたんですよ(笑)

でもね、iさんある意味スゴイウィークポイントあったんですよ。
ほとんどの初心者ロングボーダーがあこがれるような・・・

それはまた別の機会に。
スクールにきていただければ教えます。

ってまたまた宣伝かよっ!
ってことで

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitterー

ロングボード初心者は、波に乗り遅れてるのかそれとも乗れない波に手を出しているのか・・・

2010年9月4日土曜日

ロングボード初心者は、波に乗り遅れてるのかそれとも乗れない波に手を出しているのか・・・

こんにちは、ロンボードレスキューのソウママサオです。

冒頭の問いかけですが、ちゃんと答えられる人は、ロングボード初心者脱出です。

波に乗り遅れてるのであれば、パドルなどの技術的なことをなんとかすれば、なんとかなります。

乗れない波に手を出しているのであれば、テイクオフしやすい波を見つければ、これまたなんとかなります。

実はこの違いがわかるかどうかで、自分のロングボード初心者度が計れるのです。

■乗れるかどうかはテイクオフしてみないと。

乗れる波かどうかはテイクオフしてみないことにはわかりっこありません。

まずはチャレンジしてみることです。

少しでも波を捕まえた感じがすれば、しめたものです。
サーフィンの基本はなんといってもキャッチザウェーブです。
ロングボードといえどそれは変わりありません。

さて、ロングボード初心者の勘違いはここから始まります。

ボードが長いんだから、乗れるに違いない。
ということは、乗れない波はテクニック不足ではなくて、波が悪いのだ。と・・・

そうじゃないんです!

ブレイクしている波であれば、はっきり言ってどんな波でもテイクオフできます。

スクールにきていただければ納得していただけますが、私ソウママサオはたいていの波にテイクオフしちゃいます。

んじゃどうするのか?

もし乗れそうで乗れない波にテイクオフしそこなったら、波待ちのポジションを変えます。

ポジションを変えて同じような波を待ってみます。
それでもテイクオフできなかったら、さらにポジションを変えて同じような波を待ちます。

そこまでしてはじめて自分のテクニック不足を疑います。

しつこい?(笑)

いいんです。

■自分のロングボードのスキルを疑ったら・・・

では、自分のテクニック不足がはっきりしたらどうするか。

答えはカンタン。
うまくなりましょう。

ハウツービデオをみるもよし、ハウツー本を紐解くのもいいと思います。

そこに書いてあることを、自分に照らし合わせて不足しているテクニックを補えば、確実に上達します。

もしそれでもダメなら、是非スクールに参加を!

ってまた宣伝かよっ・・・

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitterー

ロングボードビギナーが練習する場所。

ロングボードビギナーが練習する場所。

初心者ロングボーダーが上達しようと思ったら、まずは人の少ないところを選びましょ。

理由は簡単。
サーファーの少ないポイントなら、思いっきり失敗しても気にしなくて済むからです。

パーリングしても、乗り遅れても、ボードから落ちても、周りを気にしなくていいので、思う存分練習できます。

練習する。というのは試行錯誤を繰り返すことです。
パーリングしたら、パーリングの原因を考えてボードの上でのポジションを変えてみる。

波に乗り遅れたら、ボードの上での姿勢を直してみる。

波が自分に合ってないと思ったら、波待ちのポジションを移動してみる。

すべて、サーファーの少ないポイントを選ぶことから始まります。

■さらに大切なのは、波の質
ロングボーダーやショートボーダーが集中しないポイントを見つけたら、次に見極めたいのが波の質です。

ロングボード初心者にぴったりの波は「遠浅!」

千葉で言うと片貝、飯岡、一宮。
ほかにもイロイロありますが、遠浅のビーチブレイクがベストです。

間違っても太東なんかに行ってはいけませんw

■ビーチブレイクの理由
ロングボード初心者にビーチブレイクがベストなのは、いろんな波がいろんなところでブレイクしているからです。

たくさんの波に揉まれているウチに、波に対する意識が変わってきます。

最初は怖いと思っていた波も、慣れてくるとそんなでもなかったり。

波に慣れれば、これまた練習も落ち着いて出来るようになります。

そいろんな波に対応出来るようになるにつれて、ロングライドが出来るようになります。

ロングライドができると、ボードの上でのコントロールもうまくなっていきます。

コントロールができると・・・

ということで、ビーチブレイクバンザイな理由。
わかっていただけましたでしょうか?

■ロンボードレスキューのスクールもビーチブレイクで

ロンボードレスキューのスクールも基本的にビーチブレイクで開催します。

もちろん人の少ないポイントを選んで、余計なお世話のポイント解説付き(笑)

ぜひどうぞ!

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitterー

椎名内でエイにさされちゃったおはなし

太東に行った前日は、椎名内でちょこっとサーフィンしてきました。
そこでまたやられちゃったんですよ。

ナニって、エイです。
エイ!やー!じゃなくて、お魚のエイです。

インサイドで、ノシノシ歩いていたら足元でニュルっと。

その瞬間みえちゃいました。エイのしっぽがくねくね動いて足の甲にぶすっと一撃・・・

あーやっちゃった・・・
と思ったものの後の祭り。

今回のはかなり痛くて、2時間くらいジンジンしていました。
お湯で温めると、一時的に痛みは和らぐんですが、その後強烈な痛みが復活します。

幸い毒を持った種類ではないようでしたので、それほど大事には至らず、いつのまにやら痛みはなくなりました。

この日はサーフィン以外のお客さんも何人かエイの餌食になっていたようです。

気をつけましょう。
と言っても気をつけようがないんですが、インサイドでは極力歩かずパドルで移動。
ロングボードなら水にさえ入ってしまえばボードに乗っかっても沈まないので、パドルです。

ロングボードスクールに一部有料化について

無料!と大きく謳っておきながら有料化というのは気がひけるんですが・・・

10月からスクールの一部を有料化させていただきます

スイマセン。
詳しいことは、決定次第ブログやメルマガにてアナウンスさせていただきますんで、よろしくお願いします。

◆有料化の理由
店舗を抱えていないとはいえ、経費がかかることが一番の理由です。
ガソリン代や、高速代、その他もろもろの経費をスクールでまかないたいかな・・・と。


◆現時点で考えてる無料枠・・・
これまでロングボードレスキューを支えていただいた方は、このまま無料でやらせていただきます。
あと、ハミルトンのボードを購入していただいた方、SHISEE WETSUITS CLASSICSでウェットスーツを購入していただいた方。
こちらの方については、当面の間無料で続けさせていただきます。

あと、初めてスクールを受けていただく方。こちらも初回はお試しということで無料にさせていただきます。

「結局ショップと変わんないんじゃねーかよ」と言われればそれまでですが、何卒ご理解の上ご協力お願いします。

やっぱり太東はオトナのサーフィンのメッカでした

2010年9月3日金曜日

やっぱり太東はオトナのサーフィンのメッカでした(笑)

太東に行ってきやした。
ほぼ一年ぶりの太東は、やっぱりオトナのサーフィンのメッカでした(笑)

波はバックウォッシュのはいったボヨついた波でしたが、なんとかサイズもキープして楽しめました。

ここはレギュラー方向のロングライドがイメージ強いですが、グーフィーもいけちゃいます。

最近じゃ地形がダメダメで割れにくいですが、決まった時のグーフィーはメチャおもろい波ですぜw

オトナなサーファーの皆様に混ぜてもらって、でかいセットもいただいちゃって、また太東もいいな・・・なんて。

■バックウォッシュ波攻略

バックウォッシュのはいった波は乗りにくいですが、簡単にテイクオフできちゃう波でもあるんですよ。

一言でいっちゃうと、ボヨついた波の底を狙う。
これにつきます。

沖から向かってくるうねりと、岸からのバックウォッシュのぶつかるところを予想して、ぶつかった直後のホレたところを狙うわけです。

イマイチ分かりにくいかもしれませんが、慣れれば一人でウハウハな状況もありえる、バックウォッシュ波。

基本は普通のテイクオフと同じなので、波をよーく観察してみてくださいね。


byソウママサオ

SHISEE WETSUITS CLASSICS
longboardrescue on twitter



やっぱり太東はオトナのサーフィンのメッカでした

やっぱり太東はオトナのサーフィンのメッカでした(笑)

太東に行ってきやした。
ほぼ一年ぶりの太東は、やっぱりオトナのサーフィンのメッカでした(笑)

波はバックウォッシュのはいったボヨついた波でしたが、なんとかサイズもキープして楽しめました。

ここはレギュラー方向のロングライドがイメージ強いですが、グーフィーもいけちゃいます。

最近じゃ地形がダメダメで割れにくいですが、決まった時のグーフィーはメチャおもろい波ですぜw

オトナなサーファーの皆様に混ぜてもらって、でかいセットもいただいちゃって、また太東もいいな・・・なんて。

■バックウォッシュ波攻略

バックウォッシュのはいった波は乗りにくいですが、簡単にテイクオフできちゃう波でもあるんですよ。

一言でいっちゃうと、ボヨついた波の底を狙う。
これにつきます。

沖から向かってくるうねりと、岸からのバックウォッシュのぶつかるところを予想して、ぶつかった直後のホレたところを狙うわけです。

イマイチ分かりにくいかもしれませんが、慣れれば一人でウハウハな状況もありえる、バックウォッシュ波。

基本は普通のテイクオフと同じなので、波をよーく観察してみてくださいね。


byソウママサオ

SHISEE WETSUITS CLASSICS
longboardrescue on twitter



夏のウェットスーツ選び

2010年8月30日月曜日

夏のウェットスーツ選び

意外と難しいのが、夏のウェットスーツ選び。

外はめちゃくちゃ暑いのに、水はメチャ冷。
夏にはよくあることです。

いったいなに着ればいいのー?
というサーファーにちょこっとアドバイスです。

■夏に用意したいウェットスーツ
実は夏のウェットスーツ選びが一番難しい、というか種類が多すぎて悩ましいのです。

ざっとあげてみると
・3mmフルスーツ
・シーガル
・スプリング
・ロングスリーブスプリング
・タッパー
・ベスト
・トランクス

この中からチョイスしていくのですが、こんだけ持っている人は珍しいので、3mmフルスーツ、スプリング、タッパー、ベスト、トランクス。

この5点があれば、夏は快適に乗り切れます。

では、このなかから選ぶとしたら何を基準に選べばいいのか。

■夏は水温と気温でウェットスーツを選ぶのが基本

ウェットスーツ選びの簡単な法則は、水温と気温で選ぶことです。

水温高い・・・半ズボン
水温低い・・・長ズボン

気温高い・・・半そで
気温低い・・・長そで

と、こんな具合で選んでいくと簡単です。

気温は出かけるまでにある程度想像つきます。

問題は水温です。
最近では波情報にポイントごとの水温が書かれていることが普通になってきました。

有料の波情報に登録しているひとは参考にするのが、手っ取り早いでしょう。

そうでないサーファーは、保健所に問い合わせてみるといいかもしれません。
大抵の保健所で、近海水温状況を把握しているはずです。

水温さえわかれば、海に持って行くウェットスーツの種類も絞り込むことができます。

この法則で選ぶとしたら、スプリング一枚あればいいんじゃないかと思うかもしれませんが、そう簡単にいかないところが夏の海なのです(笑)

続きは近々UPします

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

夏のウェットスーツ選び

夏のウェットスーツ選び

意外と難しいのが、夏のウェットスーツ選び。

外はめちゃくちゃ暑いのに、水はメチャ冷。
夏にはよくあることです。

いったいなに着ればいいのー?
というサーファーにちょこっとアドバイスです。

■夏に用意したいウェットスーツ
実は夏のウェットスーツ選びが一番難しい、というか種類が多すぎて悩ましいのです。

ざっとあげてみると
・3mmフルスーツ
・シーガル
・スプリング
・ロングスリーブスプリング
・タッパー
・ベスト
・トランクス

この中からチョイスしていくのですが、こんだけ持っている人は珍しいので、3mmフルスーツ、スプリング、タッパー、ベスト、トランクス。

この5点があれば、夏は快適に乗り切れます。

では、このなかから選ぶとしたら何を基準に選べばいいのか。

■夏は水温と気温でウェットスーツを選ぶのが基本

ウェットスーツ選びの簡単な法則は、水温と気温で選ぶことです。

水温高い・・・半ズボン
水温低い・・・長ズボン

気温高い・・・半そで
気温低い・・・長そで

と、こんな具合で選んでいくと簡単です。

気温は出かけるまでにある程度想像つきます。

問題は水温です。
最近では波情報にポイントごとの水温が書かれていることが普通になってきました。

有料の波情報に登録しているひとは参考にするのが、手っ取り早いでしょう。

そうでないサーファーは、保健所に問い合わせてみるといいかもしれません。
大抵の保健所で、近海水温状況を把握しているはずです。

水温さえわかれば、海に持って行くウェットスーツの種類も絞り込むことができます。

この法則で選ぶとしたら、スプリング一枚あればいいんじゃないかと思うかもしれませんが、そう簡単にいかないところが夏の海なのです(笑)

続きは近々UPします

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

クロスステップで一歩目が踏み出せたら

クロスステップで一歩目が踏み出せたら

スープでの練習で一歩目が踏み出せたら、次のステップです。

■二歩目がいけたらノーズライディングはもうすぐ

一歩目ができたら二歩めです。
スープでのトレーニングを積んだ人なら、簡単にできるはずです。

というのも、クロスステップで落っこちてしまうロングボーダーのほとんどは一歩目がうまく乗れないから落っこちてしまうわけです。

最初の一歩をバランスよく踏み出せるようになったら、二歩めはバランスを崩してしまうことが少なくなります。

二歩めは普通にボードのうえに立つスタンスになるからです。

ボードの上で二歩歩けるようになったら、またクルーズです。

そのままのスタンスで波を乗り継いでいきます。

このとき、必ずバランスを取るように気を付けてください。
一歩踏み出す度に、ボードのスピードが変わっていくことをカラダで感じちゃいましょう。

この状態で長く乗れるようになったら、途中でしゃがんだりしてみてもいいかもしれません。

カラダの重心移動で、ボードがどう変化するのかを確かめながら乗っていきます。

ここまでで、バランスを崩してしまうことがなくなったら、三歩目のトレーニングに移りましょう。

何度も書いていますが、クロスステップでノーズライディングするには、一歩一歩バランスよく歩いていくことが大切です。

急いでノーズライディングする必要はありません。
リラックス&スムーシンでいきましょう。

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

波を見ていないとうまく乗れないよ

うまく乗れない人は、波を見てないから。

初心者ロングボーダーのよくある悩み。
「波において行かれる」
わたしのスクールでも非常に多く寄せられる悩みです。

■波に乗れないのは波を見ていないからです

波をみるというのは、前だけではありません。
乗れなかった波を確認する事が大切です。

見逃した波がどこでブレイクするのか。
乗り遅れた波がどうやってブレイクしていくのか。

波にたくさん乗るロングボーダーは必ずチェックしています。

自分の前だけじゃなく、前後左右。
うねりがどの方向から入って、どこにピークが出来るのか。

ピークは一箇所ではないという事はメルマガでも書きましたが、波をきちんと見分けていれば、ピークのできる場所を予想する事ができます。

■うまいロングボーダーほどじっとしない

初心者ロングボーダーはじっとしてはいけません。
それではピークが自分の目の前に出来る波にしか乗れないからです。

波の乗りやすい部分は時間によって移り変わって行きます。
ホンの10分の間にポイントが移ることもあります。

波を捕まえるには、波を待たなくてはいけません。
移り変わる波を待つのに、じっとしていてはいけないんです。
積極的に動いてみましょう。

観察しているとわかりますが、うまいロングボーダーは一箇所にじっとしていることはありません。
波を見て、波によってポジションを変えているからです。


■うまいロングボーダーの隣で波待ちする
実は、うまいロングボーダーは、初心者ロングボーダーがポジションを取るときにわざと波が割れない場所で待つ事があります。
フェイントのようなものですが、混雑しているポイントではよくあることです。

ではどうすれば、うまいロングボーダーと同じような波待ちが出来るのか。

うまいロングボーダーの隣にいくのが手っ取り早い方法です。

波待ちしている間、ひたすらついていくのです。

ただ、これをやりすぎると嫌がられます(笑)

さらにフェイントをかけられることもあります。

それでも、どうしてもいい波に乗りたいと思った初心者ロングボーダーは、嫌がられてもついていくしかありません。

私のスクールに参加していただければ、いくら隣にくっついていても大歓迎です(笑)

いい波がきたら、教えて乗らせる。というオマケもついてきます。

気になる方は是非スクールへどうぞ。

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

リーシュコード買っちゃいました

2010年8月29日日曜日

リーシュコードを買っちゃいました。

以前福島にトリップに行ったときに、切れてしまっていたアンクルタイプの補充です。

購入したのは一宮の通称「サーフショップ通り」の有名ショップw

購入したのはDsurfの9ft

もちろん、アンクルタイプのリーシュコードです。

リーシュコードにはアンクルタイプと、ニータイプの二種類があるけど、断然アンクルタイプの方が邪魔にならない。

個人的な好みではあるけど、これからもし買うことがあるならアンクルタイプで。

スクールの生徒さんにもススメています。

テイクオフに必要な波を見分ける

テイクオフに必要な波を見分ける。

スクールをやっていて思ったんですが、テイクオフできる波、できない波を見分けられない人に共通していることがありました。

それが今回のテーマです。

■スープでの練習が多い人は波を見分けるのがうまい

スープで練習したことのある人は多いと思いますが、この練習量の差が波を見分ける力の差になっているように思います。

波を見分けるのが下手だと思っている人は、一度初心に戻りスープライディングをやってみましょう。

今更ですが、スープというのは波が崩れた後のシャバシャバした部分のことです。

岸よりのところで、ボードからおりて波を待ちます。
スープがきたら、そそくさとボードを岸に向けてそのまま波に乗ります。
これがスープライダーです。

海に行くとスープはいくらでもあるので、ビギナーは大抵これに乗って遊ぶのですが、まれにスープライダー の段階をすっ飛ばしてアウトに出てしまうロングボード初心者もいるようです。

■なんでイマサラスープライダーか

しつこくスープライダーに戻れというにはわけがあります。

わかる人も多いと思いますが、スープでも、乗れる波と乗れないない波があります。

同じように見える波でも違いがある事に気づくはずです。

うまくボードを押してくれる波。
ボードがパーリングするくらいパワーのある波。
テイクオフした後も乗り続ける事ができる波。

まさに波を見分けるのにぴったりなわけです。
しかも、波数も多く他のロングボーダーにじゃまされることもほとんどありません。

もし、うまく波に乗れない。
そう感じる事があったら、もう一度スープライダーに戻ってみるといいかもしれません。

■テイクオフの悩みは波を見分けるだけじゃない

波を見分ける事ができたら、どんな波でも乗れるようになるか。
ほかに原因がある場合は、そっちを直して行くのが先です。

自分ではよくわからない。
そんな人は是非スクールへどうぞ。

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

テイクオフに必要な波を見分ける

テイクオフに必要な波を見分ける。

スクールをやっていて思ったんですが、テイクオフできる波、できない波を見分けられない人に共通していることがありました。

それが今回のテーマです。

■スープでの練習が多い人は波を見分けるのがうまい

スープで練習したことのある人は多いと思いますが、この練習量の差が波を見分ける力の差になっているように思います。

波を見分けるのが下手だと思っている人は、一度初心に戻りスープライディングをやってみましょう。

今更ですが、スープというのは波が崩れた後のシャバシャバした部分のことです。

岸よりのところで、ボードからおりて波を待ちます。
スープがきたら、そそくさとボードを岸に向けてそのまま波に乗ります。
これがスープライダーです。

海に行くとスープはいくらでもあるので、ビギナーは大抵これに乗って遊ぶのですが、まれにスープライダー の段階をすっ飛ばしてアウトに出てしまうロングボード初心者もいるようです。

■なんでイマサラスープライダーか

しつこくスープライダーに戻れというにはわけがあります。

わかる人も多いと思いますが、スープでも、乗れる波と乗れないない波があります。

同じように見える波でも違いがある事に気づくはずです。

うまくボードを押してくれる波。
ボードがパーリングするくらいパワーのある波。
テイクオフした後も乗り続ける事ができる波。

まさに波を見分けるのにぴったりなわけです。
しかも、波数も多く他のロングボーダーにじゃまされることもほとんどありません。

もし、うまく波に乗れない。
そう感じる事があったら、もう一度スープライダーに戻ってみるといいかもしれません。

■テイクオフの悩みは波を見分けるだけじゃない

波を見分ける事ができたら、どんな波でも乗れるようになるか。
ほかに原因がある場合は、そっちを直して行くのが先です。

自分ではよくわからない。
そんな人は是非スクールへどうぞ。

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

クロスステップでノーズまで行ってみよう

クロスステップでノーズまで行ってみよう。

最初に言っておきますが、この練習方法で練習すれば大抵の人はノーズライディングできるようになります。

■クロスステップを練習するのはスープが最適

クロスステップを練習するのに最適なのは、スープです。

ビギナーだった頃を思い出して、スープライディングによいポイントを探してみてください。

千葉で言うと、片貝や飯岡、椎名内なんかがそうです。

うまくポイントを見つけたら、トレーニング開始です。

■最初の一歩を踏み出しちゃいましょう

スープでテイクオフしたら、すぐさま一歩を踏み出しましょう。

一歩だけです。

そして気を付けて欲しいのはシャッフルにならないってこと!
すり足ではいけません。

クロスステップです。

ロングボードの初心者にありがちなのが、本人はクロスステップのつもりが、実はシャッフルだった。

今までうまく行かなかった人は、ここでキッチリ見直しましょう。

最初の一歩を踏み出して落ちちゃう人は、踏み出した足がボードのどの辺りを踏んづけているかチェックしてみてください。

もしレールのあたりを踏んづけて落っこちるようだったら、ストリンガーを。
ストリンガーを踏んづけて落っこちるようだったら、レールを踏むようにしましょう。



なんでもそうですが、試行錯誤が大切です。
試行錯誤をするためには、確実にテイクオフできる場所が、スープなわけです。今更ですが・・・

■二歩めはまだ早い

もったいつけるわけではありませんが、一歩めを踏み出せるようになったら、そのままスープなの上を滑って行ってください。

極めて不安定な姿勢ですが、これこそがノーズライディングへの近道です。

落っこちそうになったら、膝を落として姿勢を低くするのもありです。
踏み出した足の位置を治すのもいいでしょう。

いざとなったら、ステップバックして一歩下がっても構いません。

不安定な姿勢で波に乗り続けていると、そのうちからだが慣れてきます。
そうなったら二歩めを踏み出します。

この続きはまた別の機会に。 BlogBooster-The most productive way for mobile blogging. BlogBooster is a multi-service blog editor for iPhone, Android, WebOs and your desktop

セミドライスーツ

2010年8月26日木曜日

おそらく、セミドライスーツが一番長く着ることになるウェットスーツです。

当然 Shisee Wetsuits Classics でもこだわりをもって製作しています。

■素材へのこだわり

セミドライスーツには、「トータスコーポレーション」の「エアフレイム」を使用。
というかこれ以上の素材はありません。(断言ッ!)

エアフレイムは水分を含むと発熱するという、すごーい性能の素材です。

真冬の海にうってつけの素材なのです。

Shisee Wetsuits Classics のセミドライは、ほぼエアフレイム100%。

ほかのウェットスーツメーカーではランクの低い生地を組み合わせたりしていますが、 Shisee Wetsuits Classics では、できる限りエアフレイムを使用しています。

エアフレイム以外の生地を使用する箇所は、ベルクロ部分、カラー部分。
以上二箇所。


■デザインのこだわり

デザインにも真冬の海での快適さを追求しています。

ベースの素材には、メッシュスキンとジャージ素材がありますが、Shisee Wetsuits Classics ではジャージ部分を極力減らしています。

ジャージ素材は水分を多く含んでしまうため、海から上がった時の気化熱で体温を奪ってしまうことがあります。

Shisee Wetsuits Classicsではジャージ素材を、股部分、脇の部分に限定して使用しています。

もちろんお客様のお好みで、すべてをジャージ素材にすることも可能です。

また、チェストから下の生地の切り返しは、「トンガリ」デザインを採用。
ちょっぴりはみ出たお腹もスッキリ見せてくれるデザイン。
オトナのウェットスーツとして、ここのところは譲れません。


このほか機能面でもいくつかこだわりのポイントがありますが、続きはホームページでご覧になってください。



byソウママサオ

SHISEE WETSUITS CLASSICS
longboardrescue on twitter



ロングボードのテイクオフ。パーリングを怖がらないで欲しい

こんにちは。

海でロングボード初心者を見ていて思うことがあります。
それは、パーリングを恐れないで欲しいということです。

パーリングを怖がる気持ちはよくわかります。
ですが、パーリングするということは、ロングボードの面積すべてに波のパワーを受けているということです。

サーフィンのテイクオフは、波のパワーを受ける事が大切です。
ボードがなぜ前に進むのかを考えればわかります。

波の斜面にロングボードが沈み、その反発を使っているからです。

パーリングを恐れて、ロングボードの後ろの方にポジションを取る初心者がよくいます。

後ろにポジションを取ると、ロングボードの後ろの方にしか波を受けない事になってしまいます。

後ろにしかパワーを受けないと、波において行かれてしまいます。

いくらパドルしても、ポジションが後ろにある限り波に追いつけません。

パーリングを恐れて後ろにしか乗らないロングボーダーは、いつまでたっても上達しません 。

では、どうすればいいのか?

パーリングをしないように、ボードをコントロールしていけばいいのです。

具体的な方法は、またべつの機会に。

★スクールに来ていただければすぐに教えますw

byソウママサオ

SHISEE WETSUITS CLASSICS
longboardrescue on twitter



ロングボードのテイクオフ。パーリングを怖がらないで欲しい

こんにちは。

海でロングボード初心者を見ていて思うことがあります。
それは、パーリングを恐れないで欲しいということです。

パーリングを怖がる気持ちはよくわかります。
ですが、パーリングするということは、ロングボードの面積すべてに波のパワーを受けているということです。

サーフィンのテイクオフは、波のパワーを受ける事が大切です。
ボードがなぜ前に進むのかを考えればわかります。

波の斜面にロングボードが沈み、その反発を使っているからです。

パーリングを恐れて、ロングボードの後ろの方にポジションを取る初心者がよくいます。

後ろにポジションを取ると、ロングボードの後ろの方にしか波を受けない事になってしまいます。

後ろにしかパワーを受けないと、波において行かれてしまいます。

いくらパドルしても、ポジションが後ろにある限り波に追いつけません。

パーリングを恐れて後ろにしか乗らないロングボーダーは、いつまでたっても上達しません 。

では、どうすればいいのか?

パーリングをしないように、ボードをコントロールしていけばいいのです。

具体的な方法は、またべつの機会に。

★スクールに来ていただければすぐに教えますw

byソウママサオ

SHISEE WETSUITS CLASSICS
longboardrescue on twitter



飯岡で二泊三日のキャンプしてきました

2010年8月25日水曜日

飯岡で二泊三日のキャンプをしてきました。

毎年恒例になっている「オトコのキャンプ」。
子供と三人でキャンプをすることが夏休みの恒例行事になっています。

と言っても、オヤジはただビールを飲み、子供達はひたすら海で遊び続ける。
そんなゆるーいイベントです。

場所は飯岡某所w

テントを張り、タープを組み上げたら、そこが三日間の家がわり。

サーフィンもそこそこにバーベキューしたり、カレー作ったりして散々楽しんでまいりました。

子供達も真っ黒に日焼けしてまた一段とたくましくなったように思います。



byソウママサオ

SHISEE WETSUITS CLASSICS
longboardrescue on twitter



飯岡で二泊三日のキャンプしてきました

飯岡で二泊三日のキャンプをしてきました。

毎年恒例になっている「オトコのキャンプ」。
子供と三人でキャンプをすることが夏休みの恒例行事になっています。

と言っても、オヤジはただビールを飲み、子供達はひたすら海で遊び続ける。
そんなゆるーいイベントです。

場所は飯岡某所w

テントを張り、タープを組み上げたら、そこが三日間の家がわり。

サーフィンもそこそこにバーベキューしたり、カレー作ったりして散々楽しんでまいりました。

子供達も真っ黒に日焼けしてまた一段とたくましくなったように思います。



byソウママサオ

SHISEE WETSUITS CLASSICS
longboardrescue on twitter



オーダーしたベストが完成した

2010年8月21日土曜日




昨日はオーダーしていた、ベストを受け取りにウェットスーツ工場まで行ってきました。

予定より早くついたためか、ベストはまだ製作の真っ最中。
ウェットスーツ工場独特のボンドの匂いが充満する部屋のなかで待つ事に。

ただ待っていてもつまらないので、縫製作業を行っている部屋で写真を何枚かとってきました。

私が見つめている中で、黙々とミシンに向かう職人さん。

あっという間にファスナーをつけ終わり、試着タイム!

今回はホームページのサンプルとしての役割もあるので、少し大胆なデザイン。

ベースのウェットスーツ生地は、「フレキシブルジャージ」を採用。
この生地、めっちゃくちゃ柔らかくて伸びます。
引っ張ると「ビヨーン」と言った感じで、伸びていきます。
もちろん着用時のストレスもほぼゼロ!

肩の部分には同じ素材で色を入れてもらいました。
色は マッド と オリーブ。渋い組み合わせの色使いが気持ちいいです。

肩にカラーを入れるデザインは、70年代のサーフィン雑誌から拝借したデザイン。

この時代のデザインはシンプルで大人っぽいデザインが多くて、Shisee Wetsuits Classics にはうってつけです。

しブーいベストの写真、iPhoneで撮影するのをすっかり忘れていました。

イラストは最初のデザイン画です。
写真はまた別の機会に。

byソウママサオ

SHISEE WETSUITS CLASSICS
longboardrescue on twitter

夏のウェットスーツ

2010年8月20日金曜日

暑い日が続いています。

千葉でも水温がコンスタントに20度を超え、すっかり夏の海になっています。

夏のウェットスーツの定番は、トランクス&タッパ。

タッパーというのは、上半身だけのウェットスーツのことです。
夏は気温も高いので裸でも良さそうですが、ボードとおなかがこすれていたくなるのをタッパーで防止できます。

■タッパーの種類
タッパーにも、長袖、半袖、袖なしのベスト、がありますが、ロングボードには長袖とベストがあれば便利です。

長袖を夏に用意するのは、日差しの強すぎるときに着ることがあるからです。

ジッパーはフロントジップの前開きが、ロングボーダーっぽくていいとおもいます。
脱ぐのが楽なのもフロントジップの前開きです。

素材は、表面がツルツルしているラバー素材。
いわゆる「スキン」と言われている素材が、渋さを演出してくれます。

長袖のタッパーは襟を立て襟にするのもクールでGOOD。

どちらにしても、タッパーがいくつかあると夏のサーフィンがより楽しめるとおもいますよ。




byソウママサオ

SHISEE WETSUITS CLASSICS
longboardrescue on twitter



流されたままじゃロングボードはうまくならない

ロングボードがうまくなるコツ。

タイトルにもあるように、流のあるポイントで流されたままになっているロングボーダーはまず上達しません。

流されるままになっているということは、自分に合った波がわかっていないということです。

自分にあった波、自分好みの波。
それがわかっていれば、その波がくるまで待ち続けることができます。
待てないロングボーダーは、流されてももとの位置に戻ろうとしません。

流されたところで、自分にあった波を待つ事になります。
流された先でいい波がくればいいですが、もしきたとしてもたまたまきただけです。

ロングボード初心者脱出のカギは、いい波がどこにあるのかを見極めることにあります。

そのためには「いい波」がどんな波なのかをイメージする必要があります。

イメージするためにはいい波に乗って見ることです。

どうしてもいい波に乗れない。
そんなときはぜひスクールに参加してください。

byソウママサオ

SHISEE WETSUITS CLASSICS
longboardrescue on twitter



流されたままじゃロングボードはうまくならない

ロングボードがうまくなるコツ。

タイトルにもあるように、流のあるポイントで流されたままになっているロングボーダーはまず上達しません。

流されるままになっているということは、自分に合った波がわかっていないということです。

自分にあった波、自分好みの波。
それがわかっていれば、その波がくるまで待ち続けることができます。
待てないロングボーダーは、流されてももとの位置に戻ろうとしません。

流されたところで、自分にあった波を待つ事になります。
流された先でいい波がくればいいですが、もしきたとしてもたまたまきただけです。

ロングボード初心者脱出のカギは、いい波がどこにあるのかを見極めることにあります。

そのためには「いい波」がどんな波なのかをイメージする必要があります。

イメージするためにはいい波に乗って見ることです。

どうしてもいい波に乗れない。
そんなときはぜひスクールに参加してください。

byソウママサオ

SHISEE WETSUITS CLASSICS
longboardrescue on twitter



後輩にロングボーダーになりたいと言われてます(笑)

2010年8月19日木曜日

後輩にロングボードを始めたいっす!と言われました。
それだけならよくある話です。
が、初めて彼から送られてきたメールにチョットビックリ。

以下は彼からのメールです。
「お疲れさまです■■の◯◯です

△△シェフから相馬さんがロングサーフィンの事で連絡先教えていただきました


ロングボードサーフィンを飛び越えて、一気に「ロングサーフィン」です。

笑ってる場合じゃないっす(笑)

若さあふれるメールに、負けじと返信。

「相馬です
ロングサーフィンのことは
なんでもきいてください」

決めてやりました。

■翌日

次の日彼がやってきたので、一応まともなことを教えておきました。

1 安物は買うな。
2 本気でロングボードをやるなら教える
3 ウェットは俺のところで買え

なんだかオチのない話ですいません。。。。

以上!続く!!

- Posted using BlogPress from my iPhone

エイに刺されてプロに前乗りされた、飯岡信号下

飯岡信号下で、エイに刺されました。

岸に上がろうと、ボードを担いで歩いてたところ、ムニュリとした感覚のあと「チクリ!」。

見事にエイを踏んづけちゃいましたw

幸い毒を持ったエイではなかったらしく、水ですすいだら痛みはなくなりました。

それにしても不幸中の幸いというか、これがもしアカエイだったら痛みも半端ないそうです。

もしエイに刺されて、痛みが激しいようだったら、すぐに救急車を呼びましょう。

待ってる間に刺されたところを50度くらいのお湯につけておくといいそうです。

周りに誰かいたら、迷わずたすけをよんだほうがよさそうですね。

アカエイに刺された場合は、手足切断の可能性もあるので、気を付けた方がいいですよ。

特に夏場は、エイが浅いところを回遊してるので、気を付けてください。

透明度の高い海では岸を気を付けて見ていると、ひらひら~
ひらひら~とエイが泳いでるのが見えるはずです。
あぶなソーなものには近づかない。
これが最善の策でしょう。

■んでロングボードどうなった?

スイマセン。波ですね。
肝心のサーフィンですが、「ボチボチできたよ!」と言っときます(笑)

ひっさしぶりに北東ということもあって、まずまず面も整ってました。
ショルダーの張った早めの波も何本か入ってきてたので、テイクオフに問題のないロングボーダーなら十分楽しめたとおもいます。

ただねー、プロサーファーが一人。
リズムを全く無視しちゃうんだな・・・

この話の続きは、別の機会に!




- Posted using BlogPress from my iPhone

夏のウェットスーツはセパレートがオススメ!

2010年8月14日土曜日

こんにちは、ソウママサオです。

夏のウェットスーツはセパレートがオススメ!
というお話です。

夏のウェットの定番といえば、スプリング、シーガル、ですが、ロングボードに乗る方には是非ともセパレートをオススメします。

セパレートというのは、ロングジョンと長袖のタッパー。いわゆるジャケットというやつです。

この組み合わせのいいところは、フルスーツにもなるということです。

夏はまだまだ水温のあがりきらないポイントも多く、水に入ってから冷たくて着替えるということもよくあります。
セパレートなら、水がつめたければロングジョン。
気温が下がって水温が高ければジャケット。
水も気温もつめたければ両方を着用して、フルスーツとして着ることも可能です。

そして何よりもロングボーダーにオススメのポイントは、見た目がそれっぽいことです。

黒のスキンで作ったウェットスーツは、それだけでロングボーダー気分にさせてくれます。

もちろん私もセパレート愛用者です。



- Posted using BlogPress from my iPhone

鹿島に行ってきたっす

鹿島に行ってきました。

朝一で到着して海を見たら、霧!
なーんも見えませんw

ポイントはオリツ。
平井の北隣です。

とりあえず入ってみたものの、スモールコンディションのワイドダンパー。

ロングボードでもちょっと横に行ったら終わっちゃう波でした・・・・

そんな中でもショルダー張りそうな波を見つけて、無理やりノーズまで。

インサイドのクリクリホローが気持ちいいっす。

ほとんどのロングボーダーがインサイドまで乗りつなげないなかで、先生としての意地を見せました・・・・

えーと、調子に乗りすぎてボードクラッシュ。

古傷がぱっくり割れちゃいましたw!

9時になり海水浴場がオープン。
駐車場も満車。

後から後からサーファーの車がやってきますw

朝一はゆるーく別れて入ってたロングボーダーも、ショートボーダーも、一緒くたにされちゃいました。

あいかわらず波もトロくて、ショートボーダーは苦戦してましたが、たまのセットはコシハラサイズで楽しめた。

ま、こんだけど混んでりゃ前ノリだろうがなんだろうが、どうでもいい感じです。

ロングボード初心者の方へのアドバイス。
夏休み、混雑してるポイントでは少しでも人のいないところへ!

波なんて待ってりゃくるんだぜ!





- Posted using BlogPress from my iPhone

飯岡に行って来たよ

2010年8月10日火曜日

今日は飯岡へ。

飯岡っつってもいろいろありますが、信号下をとりあえずチェック。
サイズはあるものの、ちょいとジャンクなコンディション。

サーファーの姿も皆無w
この混雑必至の季節にカイム!
これだけでも飯岡に来たかいがあったというもんです。

風が強いわけでもないのに、まあ潮の関係っつーか。
ざわざわしてるのはやっぱり嫌なもんで、しょうがなしに最果てポイントへ移動。

最果てポイントはロングボードの方々が約三名。
ポイントブレイクで競争率高いですが、入水。

テトラの裏からキレイにブレイクする、グーフィーの波がこのポイントの特徴です。

一見レギュラーもいけそうですが、それに手を出すのはまだまだ波の見方がわかってないしょうこw

最果てポイントのサイズはヒザモモ。
ホントにヒザモモ。
しかーし!
ショルダー張ってくるのをちゃんと選べば、ノーズライディングもしっかり決まります。

ノーズに行かなくても、トリミングができればそこそこ楽しめる。
そんなメローなサーフィンが楽しめる最果てポイント。
まさにブラボーです。

ひとしきり遊んだ頃に、ロングボードを車に載せた人が続々と集結し始めて写真のようなあり様にw

いい波にありつけたのでここらで移動です。

さすが夏休み。
老若男女仲良くみんなでサーフィンしてくださいね。




- Posted using BlogPress from my iPhone




5月のロングボードスクール

2010年5月1日土曜日

こんにちは。ロングボードレスキューのソウママサオです。

千葉はようやく春らしい気候になってきました。
ただ、波は相変わらず落ち着きませんが・・・

最近は片貝でサーフィンすることが多いんですが、私が入るときはなぜか風がビュービュー。
もちろんオンショアです(笑)

まあ、日頃の行いが悪いのかなとなかばあきらめモードです。

それはさておき、ロングボード初心者が練習するときは、波の小さなポイントへ向かうのがオススメです。

それに加えて、人の少ない場所を選ぶとよいと思います。
千葉だと、飯岡周辺や、豊海〜白子。
近くにメジャースポットが控えているところは、人が集中することがないので練習に向いています。

人の少ないポイントを選ぶ理由は、
・波を独占できる
・人目を気にしなくてすむ
・人にぶつける心配がない
この三つです

ただ、実際に海に行ってみるまで不安だな・・・
というロングボーダーは是非一度スクールを受けてみてください。

休日でも比較的空いているポイント、や穴場のポイントなどもレクチャーしています。
______________

◆◆5月のスクール開催予定

8日(土)AM○ PM○
11日(火)AMー PM○
14日(金)AMー PM○
17日(月)AM○ PM○
18日(火)AM○ PM○
21日(金)AMー PM○
25日(火)AMー PM○
27日(木)AMー PM○

◆◆スクールのお申し込みは今すぐこちらから!↓

http://form.mag2.com/leleaviapr

※スクールは先着順で受け付けています。お早めにお申し込みください。
※スクール当日の波状況によってはキャンセルさせていただく場合があります。

●スクール開催時間
 午前 7時11時
 午後 12時16時
 となっています一日を通してのスクールも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

■お問い合わせ先は

longboardrescue@gmail.com
まで!

●スクール申し込み専用フォーム
http://form.mag2.com/leleaviapr
▲こちらの専用フォームよりお申し込みください。
※お申し込みから2日以上経っても、返信がない場合はお手数ですがもう一度送信していただけると助かります。

オーダー採寸(サイズの計測)について

2010年3月10日水曜日

■採寸(サイズの計測)
ウェットスーツをオーダーするときに必要なサイズの計り方です。
ウェットスーツの出来を決定する大切な工程ですので、慎重に丁寧に採寸してください。
採寸は経験者にお願いするのがベストです。
経験者でなくても、丁寧に採寸していただけるパートナーがいればその方にお願いしてください。

■採寸時の服装
なるべく薄着で採寸してください。
下着に近い服装で採寸した方が、正確に計測できます。
できれば裸で採寸するのがベストですが、もしできない場合は、服の上から少し強めにメジャーを当てることによって誤差が出にくくなります。

■採寸後のチェック
採寸のあと、必ず各所のサイズをもう一度チェックしてください。
採寸ミスで一番多いのが、記入箇所の間違いです。

修理の対応について

■ウェットスーツの修理について
お客様の過失で破損された場合、有料での修理となります。
修理箇所を写真に撮ってメールで送っていただければ、折り返し修理見積もりを出させていただきます。

■無料修理特典
ロングボードレスキューのスクールを受けていただいた方には、その場で修理することも可能です。
ただし、生地の移植が必要な大きな破れ等は工場での有料修理となりますので、ご了承ください。
ロングボードレスキューのスクールはこちら

■オリジナルリペアキット
お客様自身で修理される場合、オリジナルリペアキットを販売しています。
工場で使用している接着剤
補修用のウェットスーツ生地
ウェットスーツ修理マニュアル
特典として
修理方法を収録したDVDを差し上げています!
ウェットスーツリペアキット
価格¥2500(税、送料込み)
お申し込みは
shiseewetsuits@gmail.com
まで!

■ウェットスーツリペアキットLITE
オリジナルリペアキットから修理マニュアルを省いたセットです。
修理の材料だけ欲しい方にはぴったりのセットです。
ウェットスーツリペアキットLITE
価格¥1500円(税、送料込み)
お申し込みは
shiseewetsuits@gmail.com
まで!

SHISEEWETSUITS の価格の理由

2010年3月6日土曜日

■SHISEE WETSUITS + LONG BOARD RESCUEの価格

SHISEE WETSUITS + LONG BOARD RESCUE のウェットスーツはセミドライ¥55000です。

ウェットスーツショップとしてセミドライスーツが基本であると考えています。

私どもがセミドライとして必要な機能として選択したのは、

サイズはフルオーダーであること
ネックバリア機能がついていること
ウェットスーツの生地は最高品質のものであること

この3点です。
この三つは、千葉、湘南でサーフィンをするうえで譲れない部分です。

これだけの内容で¥55000は安いといわれますが、それには理由があります。

■低価格の理由

SHISEE WETSUITS + LONG BOARD RESCUE のウェットスーツを既存のショップ経由で提供するとしたら¥80000はすると思います。
それはショップで採寸していただくからです。

採寸は難しく思えますが、じつは簡単な作業です。
その簡単な作業をお客様自信で行っていただく。
それがSHISEE WETSUITS + LONG BOARD RESCUEのウェットスーツが低価格で提供できる秘密です。

ウェットスーツ作りのコンセプト SHISEEWETSUITS+LONGBOARDRESCUE  

SHISEEWETSUITS+LONGBOARDRESCUE のウェットスーツ作り

■もっとシンプルに、さりげないデザインのウェットスーツが欲しい

それがSHISEEWETSUITS+LONGBOARDRESCUE の大きなテーマです。
黒一色の中にこだわりのラインを一本だけ引いてみる。
大人なら誰でも持っているこだわりを、ウェットスーツに刻み込む。
シンプルでいて、かっこいい、そしてオリジナル。

そんなウェットスーツ作りのお手伝いをさせていただくためにSHISEEWETSUITS+LONGBOARDRESCUE
は存在します。

■贅沢なウェットスーツを、手ごろな価格でお届けしたい

ウェットスーツの寿命は3~5年だといわれています。
一番多用するセミドライスーツの平均的な価格は¥80000。
いくらオーダーとはいえ、もう少し安くできないものか?
そう考えSHISEEWETSUITS+LONGBOARDRESCUE の価格は¥55000から。
普通の大人のサーファーが、お小遣いの範囲で買える贅沢なウェットスーツ。
それがSHISEEWETSUITS+LONGBOARDRESCUE の目指すところです。

■命を預けるものだから、作り手はウェットスーツ職人にお願いする

ウェットスーツは、サーファーの命を包み込んでいます。
だからウェットスーツの作り手は顔の見える職人にお願いしています。
東京都墨田区の町工場が点在する場所に、SHISEEWETSUITS のウェットスーツの工場があります。
ほとんどすべての工程を一人の熟達した職人さんが担当する、小さなウェットスーツ工場です。
「誰が自分のウェットスーツを作ったのかを知る」
大切なウェットスーツだからこそ、こんなところにこだわっています。

オプション:簡易防水ファスナー“AQUASEAL”(“アクアシール”)


YKK社製の“AQUASEAL”(“アクアシール”)ファスナーです。
簡易防水ですが、極力水の進入をシャットアウトしたいサーファーにはオススメのオプションです。

従来の簡易防水ファスナーに比べると柔軟性や、ジッパー部分の操作性が高くなっています。


注意    
■“アクアシール”について
・  このファスナーは簡易防水ファスナーです。
・  ファスナーを開閉する際はゆっくりスライダーを引いて下さい。
その時に斜め方向に引くとエレメントの噛み合いが悪くなり防水性の低下やファスナーの破損の恐れがあります。 
 

■使用・保管するとき
・ 内側・外側のファスナーを真水等で洗い、付着物を取り除いてください。その際ファスナーが折れ曲がらないよう注意してください。 
・ ファスナー部に重いものを乗せないでください。 
・ 高温多湿の環境を避けて保管してください。 

膝パッドについて

■SHISEEWETSUITSの膝パッド

柔軟性に富んだ1種類のみの取り扱いとなっています。

カラーはブラック。
従来使用していた膝パッドよりも耐久性がアップした製品です。

ウェットスーツの修理について

■ウェットスーツの修理について

お客様の過失で破損された場合、有料での修理となります。
修理箇所を写真に撮ってメールで送っていただければ、折り返し修理見積もりを出させていただきます。

■無料修理特典

ロングボードレスキューのスクールを受けていただいた方には、その場で修理することも可能です。
ただし、生地の移植が必要な大きな破れ等は工場での有料修理となりますので、ご了承ください。
ロングボードレスキューのスクールはこちら

■オリジナルリペアキット

お客様自身で修理される場合、オリジナルリペアキットを販売しています。
工場で使用している接着剤
補修用のウェットスーツ生地
修理のマニュアル

これらがセットになったキットです。
リペアの生地は多めに入っていますので、キーケースなどの小物も作れてしまいます。

セミドライスーツ、ジャージ・スキンの使い分け

2010年3月4日木曜日

■セミドライスーツでジャージ素材を使用した方がよいのは、ボードとこすれる部分です。

・股下
・脇下
・膝裏


■スキンを使用した方がよい部分もあります。

・すね
・腕表面部分

などです。
腕に使用するのは、少しでも水切れをよくして、パドル時の負担を少なくしたいためです。
すね部分に使用するのは、砂をつけないようにするためです。

ウェットスーツのカラーについて

■セミドライスーツの場合

カラーが黒の部分は「エアフレイム」を使用。
黒以外のカラー部分はすべて「エアネッスル」となります。
エアフレイム素材は「黒ジャージ」「黒メッシュスキン」のみとなってます。
※エアネッスルについて
「スーパーネッスル」という超伸縮素材の裏地を起毛にした素材です。発熱効果がないためエアフレイムに比べると保温性能が若干ダウンします。

■セミドライ以外のウェットスーツの場合

カラーは12色の中から選んでいただくことができます。
素材は、「スーパーネッスル」「PSジャージ」

※スーパーネッスル
従来のジャージに比べて約二倍の伸縮率を誇る超伸縮素材です。動きの大きな部分に使用すると効果的です。

※PSジャージ
ウェットスーツの素材としてはもっともスタンダードな素材です。

■カラー見本

PSジャージ、スーパーネッスル、エアネッスルのカラー見本となります。
※モニター上では若干の色のずれが生じます。あしからずご了承ください。

オーダーシートサンプル

■過去に作っていただいたお客様のオーダーシート

女性の方のウェットスーツです。ふくらはぎ部分の切り返しに遊びをいれてあります。女性らしい柔らかなデザインですが、黒一色でシンプルな仕上がりになっています。

シンプルなデザインですが、袖部分にホワイトのリングを施しています。
セミドライとしての基本的な性能をスポイルしない、最小限のデザインになっています。

デザインの持ち込みについて

■雑誌等からのデザイン持ち込みについて



デザインの参考として、雑誌や他社のカタログを持ち込んでいただくことも可能です。

デザイン持ち込みの場合、参照したい部分をいずれかの方法でオーダーシートに添付してください。



○カラーコピー

○プリントアウトした写真



■既存のデザインを参考にしていただく場合の注意点



・全く同じデザインは、実物見本がない限りできません。

・生地の表面に何らかの加工(プリント、エンボス加工等)されたものは再現不可能です。

・ロゴマーク等のコピーはお断りしています。

・複雑なデザインの場合、別途割増料金をいただくことがございます。その場合見積もりを出した上で、お客様に判断していただくことになります。

SHISEE+LONGBOARDRESCUE

2010年3月1日月曜日

SHISEE+LONGBOARDRESCUE
ウェットスーツは全てフルオーダー&カスタムオーダー

■全て国産
■職人ハンドメイド

■サイズはもちろん、デザインも「ほぼ」自由に
■メインとなる素材は国産素材の「エアフレイムG7」
■バリアネックが標準装備
■ジップレスも同価格

セミドライ5mm×3mm
¥55000

お問い合わせは
shiseewetsuits@gmail.com


ツイッターでのお見積もりも歓迎です。
@longboardrescue





LONGBOARDRESCUE

ウェットスーツのオーダーについて

ウェットスーツのオーダーについて
Posted by Picasa

ウェットスーツ ロゴマークサンプル

Posted by Picasa

ウェットスーツの製作現場

+LONGBOARDRESCUE の制作現場

ほぼ全ての作業を一人の職人さんにお任せしています。
※諸般の事情により職人さんの素性を明かすことができません。ゼンネン・・・
▲パーツ取りの場面
この行程で切り出したパーツを接着します。
フィット感を決める重要な工程です。
工場には様々なテンプレートを用意してありますが、かなり企業秘密な部分があるので公開できません。


▲コレも切り出し工程
見てると簡単そうに切り出していくんですが、私がやってみると断面がガタガタに・・・
接着面もこのときのワザによって決まるので、慎重かつ大胆に仕事が進みます。

▲縫製作業
特殊なミシンで、接着した生地を縫製していきます。
接着は企業秘密の部分が多々あるので撮影不可に・・・
このミシンで、「すくい縫い」を行います。

▲ミシンがけ
実際にミシンがけしてるところです。
ずばずばやっていきますが、素人にはまねできません。当たり前だけど・・・

カスタムデザインでこんなこともできます


親子で同じデザインのウェットスーツ
Posted by Picasa

特定商法取引の表記

特定商法取引の表記



販売業者名 : shiseeWETSUITS+LONGBOARDRESCUE

担当者名 : 相馬政朗
所在地 : 千葉県千葉市緑区おゆみ野5-28-5-407


電話番号 :
E-mail :shiseewetsuits@gmail.com

返品について : 受注生産のため、当社に重大な過失が無い限り、返品は受け付けません。

修理の場合は、合意の上行うものとします。故に、いかなる理由があっても修理後の返品または、

取り消し、返金は受け付けません。

お問い合わせ先

メールでのお問い合わせ先


お問い合わせ電話番号