ボードを波に合わせようというお話。

2013年1月31日木曜日



1月も最終日になりました。
おかげさまで今月も大勢のお客様にスクールに参加していただき感謝しています。

ありがとうございます。


生徒さんを見ていて思ったことは、波に合わせるのってほんとに難しいな・・・ってことです。
テイクオフにしても、ボトムターンにしても、波にあった動きをすれば綺麗にできると思うんです。

んで、ここで勘違いしないで欲しいのは、波に合わせるのはあくまでもボードなんですよね。

波のここをもっと走らせたい。
このセクションでここにセットしたい。

これってサーファーがどう動くかじゃなくて、ボードの状態がどうなってるかだと思うんですよ。
ここんとこでボードがこうなってればもっと波に乗れるはず。そのためにこういう動きをしよう。
っていうのが正解なのかなと思うんですよ。

特にわかりやすいのは、テイクオフ。
テイクオフってパドルのチカラだけじゃうまくいかないんです。
まずは波を見て、この波がどの辺でブレイクするのかを予測する。
予測できたら、ブレイクする少し沖からパドルで前に進むきっかけを作ってあげる。
波がボードを持ち上げ始めたら、ボードが傾かないように微調整してあげる。

んで、このとき大事なのはあくまでボードの状態。
ボードがここあって、波がきたらこの向きでこの状態を保って、っていうことをイメージしてあげることです。

それは他のテクニックでも同じ。

ここでボードがこうなっていて欲しいからこう動く。
っていうのをしっかりイメージできれば、あとはその動きができるようになるまで練習できると思うんですよね。
サーフィンの一つ一つの動きは陸上でも練習できます。
波にあった動きをイメージできれば、練習もうまくできるんじゃないかな、と思った今日この頃でした!

今日もありがとうございました。




かっこいいサーファーになろう

2013年1月30日水曜日

最近ツイッターなんかでもよく言われるんですが、ロングボーダーの波のとりすぎについて書いてみようと思います。

海の中にはショートボードもボディボードもいるわけですが、やっぱりいちばん波に乗りやすいのがロングボードなわけです。乗りやすいからロングボードに乗ってるわけなので当然といえば当然なんですが、ほかのサーファーから見てみるといい波を全部ロングボードに持っていかれちゃうわけですよね。

セットが入って来ました。ロング1がテイクオフ。セットがまた入って来ました。ロング2がテイクオフ。
このサイクルでいくとロングボードが5人も入ってみんながテイクオフしちゃったらほかのサーファーは波に乗れません。

「気にしないで乗ればいいのに」っていう人もいるかもしれないけど、それはやっぱり怖いみたいです。
なんせあのでかいボードが後ろから走ってくるわけですから。
私も以前は気にしないで来る波来る波全部乗っちゃっていましたが、最近はあんまりそういうことをしなくなりました。
スクールをやっているっていうのも関係ありますが、それより「もっといい波が来るまで待っていよう」っていう気持ちのほうが大きいです。
何でもかんでも手を出して中途半端なライディングをするよりも、一本納得行くサーフィンができたらそれでハッピーじゃないかな。と。

でもね、気持ちはよく分かるんですよ。
せっかく来たんだからいっぱい波に乗っていい気分で帰りたい。
でもでもね、それはみなさん同じなんですよ。
ショートボードもボディーボードも、はたまたロングボードのビギナーも。

なので、いろんなサーファーが混在しているポイントでは、一本乗ったらちょっと我慢する。
もしくは、一本乗ったらインサイドの小さい波でしばらく遊ぶ。
こんくらいの気持ちでいればみんな楽しく帰途につけるのではないでしょうかね。

私は最近はショートボードがいっぱい入ってるところには入らないようにしています。
はいったとしても、大きめの波には乗らないで、小さめの誰も手を出さないような波を狙うようにしています。
んで、気づいたんですが、このほうがロングボードにはよかったりするんですよ。

ということで、少しうまくなってきたら周りをよく見て余裕のあるサーファーになっちゃいましょうね!
あ、それと、レディファーストやキッズファーストもさり気なくできるようになるとカッコいいですよ!



Trial manufacture ネックエントリードライスーツ

2013年1月26日土曜日




1月25日今週千葉のウェットスーツ指数はこんな感じ!

千葉北はやはりブーツ・グローブは必須。
この2つがないとシビれちゃいます。間違い無くしびれます。
ですが、昨日の太東はグローブなしでもいけそうでした。
少し水温上がったんでしょうかね。

昨日は南西風がビュービューだったんですが、普通コンだけ南西風が吹くと水温下がっちゃいます。
どうも潮の流れが変わるらしいのですが詳しいことはよくわかりません・・・

それなのに昨日の水温アップ現象。
海の神様ってホント気まぐれ。

とは言え、ほとんどのサーファーがグローブしてましたので、防寒対策は怠らないようにしたいところです。


というわけで、今週の千葉のウェットスーツ指数はこんな感じ。

■千葉北(飯岡~太東)
ウェットスーツ・・・5mm3mm冬用フルスーツ
その他・・・ブーツ・グローブ
風が吹いたらヘッドキャップかネックウォーマー

■千葉南(御宿~平砂浦)
ウェットスーツ・・・5mm3mm冬用フルスーツ
その他・・・ブーツ
グローブ無しでもイケル!

しばらくは同じような指数になりそうです。
寒い日々が続きますので陸上での防寒対策も万全に!




1月20日スクールレポート

2013年1月21日月曜日


先週は二回スクールをやりました。

スクールをやったのは、あの大雪の日。
強風の中頑張ってくれたS子さんお疲れ様でした!

最初にお会いした時から比べるとかなり上達しましたよね。
まだまだ波には乗れないですが、下地は良い感じになってきたと思います。

あとはスクールでやった動きをもう少し素早くできるようになればいいと思います。
海の上で素早く動く。
これって簡単にはできませんが、練習しがいのあるところです。

波をいち早く見つけて、波に合わせて移動して、波に合わせてテイクオフの準備をする。
それぞれの動きはだいたいできているので、あとは波をどう判断していくかにかかってきます。

どの波も同じように待っていてはいけないのですよ!

また頑張って練習してみてくださいね。

んで、もう一人のお客様はヤングガイの関君。
こちらは御宿でスクールやってきました。

これまた強風の中のスクールになったんですが、相変わらず上手い。
テイクオフに関してはもう何も言うことありません・・・
っていうかたまには波譲ってくれヨォ・・・・

んで、関くんですが、ただ今ウォーキングの練習中です。
歩き出すタイミングはバッチリ。
ただ、歩いてく動きがイマイチぎこちない感じ。

んで以前からの課題ですが、腕を動かし過ぎなんですよね。
乗っているあいだブンブン振り回しちゃってるもんだから、「ここだ!」ってときにバランスを崩しやすいんです。
もう少し静かにライディングすることを覚えたらもっとスタイリッシュなサーフィンが出来そうです。
ただ、細い動きの修整なのでこれまた練習しないとなかなか次のステップにいけないんですが。
波に乗ったらとりあえず脇を締める。
これです。

昔のサーファーでミッキードーラという方がいるんですが、この方のサーフィンは参考になります。

http://www.youtube.com/watch?v=lv4hmkoF5xI

このビデオなんかが参考になるはず。
必要以上に腕を挙げないで、アクションを起こすときだけささっと腕でバランスを取る。
これっす!
なかなかミッキーのようには行きませんが、ぜひ参考にしてみてください。
脇を締めてサーフィンすると一スタイリッシュになりますよ!

あ、でも今以上うまくなったらスクールやんなくて良くなっちゃうな・・・

というわけで、遊びに来てくださったお客様。ありがとうございました!

スクールの時の写真は
http://wave-photo.blogspot.jp/
こちらに掲載しています。
ぜひご覧になって下さい。

ローカルって一体何なのだ。

2013年1月20日日曜日

ローカルって一体何なのだ。

スクールをやっていて、お客様からよく聞く話に「あそこはローカルうるさくないですかねぇ」ってのがあります。

サーフィンのポイントには、メジャーなスポットとそうでないスポットがあるわけで。
どちらもローカルの人たちがいます。

ローカルサーファーってのは地元のサーファーなんですが、これがどうも評判よろしくないようです。

いつも自分たちで波を独占して、ほかから遊びに来た人たちを排除してる。そんなイメージが強いのかもしれません。
確かにそういう話をよく聞きます。

ただ自分の経験から言うと、排除する人ってホントの地元のサーファーじゃないような気がするんですよねぇ。
どっちかって言うと、ほかから来ていつも入っている、「なんちゃってローカル」のサーファーがそういった行為をすることが多いようです。

まだサーフィンを始めたばかりの時ですが、やっぱり他のサーファーの邪魔をしちゃうんですよ。
乗れそうな波にテイクオフしようとして失敗しちゃったり、テイクオフしてきたサーファーの進路を塞いじゃったり。

はたまたいい気になって来る波全部のろうとしたり。

そんな時に声をかけてくれるのはたいてい地元のおじさんサーファーだったんですよね。
ただ、「出てけ!」って言われたことは一度もありません。

飯岡なんかはローカルが強いイメージがありますが、前乗りしちゃったときでも怒られることはありませんでしたし、波を譲ってくれることも多かったです。
あまりに下手くそな私にアドバイスしてくれることも多かったし。

あと太東。
ここも優しくしてくれたサーファーがいっぱいいました。

んで、がむしゃらに波に乗りまくる人ってだいたいどっかからきてる人が多いみたいです。
せっかくきたんだからいっぱい乗って帰ろうぜ!
っていうノリで。

そういうときは一言声かけてみるといいです。
挨拶はそうですが、意外と効くのがこの一言。
「うまいですねぇ!」
これです。

この一言で心開く人って多いみたいですよ!

というわけで、ローカルは別に怖い人ばっかりじゃないから、おだてて仲良くなっちゃいましょう!

というお話でした!




1月19日千葉のウェットスーツ指数

2013年1月19日土曜日


千葉ウェットスーツ指数のお知らせです。

千葉北はやはりブーツ・グローブは必須。
この2つがないとシビれちゃいます。

風が吹いたらヘッドキャップも必要かな・・・

昨日は御宿でスクールやったんですが、こっちは水が暖かい!いや、暖かかった!

お天気も良かったんですが、北風も強い。
それでもグローブ要らない感じ。
私はブーツも必要ない感じでした。

ただ、周りを見ているとヘッドキャップ装着率高いですね。
シニアサーファーが多いからかなぁ、なんて言ってたんですが、実際どうなんでしょうね。

これからまだまだ水温下がっていくので、しばらくはブーツ・グローブは欠かせないアイテムになりそうです。

というわけで、今週のちばのウェットスーツ指数はこんな感じ。

■千葉北(飯岡~太東)
ウェットスーツ・・・5mm3mm冬用フルスーツ
その他・・・ブーツ・グローブ
風が吹いたらヘッドキャップかネックウォーマー

■千葉南(御宿~平砂浦)
ウェットスーツ・・・5mm3mm冬用フルスーツ
その他・・・ブーツ
グローブ無しでもイケル!

どちらにしても、お天気しだいで寒い日々が続きますので防寒対策は万全に!

1月18日今週の波状況

2013年1月18日金曜日

先週からスクールも再開したのですが、いまだに飯岡には入っていない状況です。

大雪の降った月曜日はよさそうだったのですが、サイズがなくやむなくポイント変更。

飯岡にこんなに入んないのは久しぶりだなぁ・・・
ってことで、最近は椎名内ばっかり。

ここはここでいいところなんですけどね!

んで、サイズアップした月曜以降は千葉北はほぼクローズ状態。
唯一できていたのが飯岡だったそうで、つくづくタイミング悪いっす。

昨日は少し落ち着いてきて、椎名内の堤防脇がかなり良かったようです。
先週は地形も悪く、堤防脇というより真ん中あたりがロングボードには最適だったようで、私もそこに入っていました。

今週末は飯岡も落ち着いてきて、真冬のいい波が満喫できそうです。
ただし寒いけど・・・

そうそう、飯岡は開けた地形なのでどうしても風の影響が強くなりがち。
そんな時は椎名内からかんぽの宿までをチェックしてみるといいですよ。
飯岡でビュービューだったとしても、少し下るとそうでもなかったりすることが多いみたいですので。

今日は午後からスクールです。
久しぶりに勝浦方面に行ってみようと思っています。

しかし、勝浦ってさらっと言っちゃってますけど、普通の人にとっては観光地ですよね。
ちょっとした旅行気分のはずなんですが、サーフィンだと至って普通に訪れてるってのがなんだか不思議(笑)
サーフィンってのはつくづく贅沢な遊びだなぁと感慨にふけっちゃったりして。

それともう一つ。
海や行き帰りの道中で撮影した写真をブログに掲載しています。
まだそれほど多くはありませんがぜひ一度チェックしてみてください。


海で撮った写真 「photo by peace onwave 」
http://wave-photo.blogspot.jp/

今日もありがとうございました!




こうやれば臭くないし長持ちする。真冬のウェットスーツのメンテナンス

2013年1月17日木曜日


真冬のウェットスーツのメンテナンス
題して「こうやれば臭くないし長持ちする」のだってことで。

真冬のスクールで一番厄介なのがウェットスーツが乾かない問題。

スクールが続いたりすると、ウェットスーツのローテーションが追っつかないんですよ。
ウェットスーツ屋さんもやっているので、真冬用のウェットスーツはドライスーツも含めて3着ありますが、主に着用するのは、「5mm3mm冬用フルスーツ」。いわゆるセミドライっていうやつですね。

これは2着持っているので交互に着ているんですが、冬の間は乾きが悪いのです。
裏面だけはなんとしても乾かしておきたいのですが、表面はしっとりしたまま海に持っていくこともあるわけで。
こんな時気になるのが「生乾き臭」。文字にしただけでヤナ感じですが、これはある程度防ぐことができます。

用意するのは洗剤と柔軟剤。
洗剤と柔軟剤は衣料用のものをそのまま使っています。
ちなみにお気に入りは、洗剤が「ボールド」柔軟剤が「レノアハピネス」。
サーフショップに行くとウェットスーツ用の洗剤とかが売ってますが、正直言って中身は衣料用のものと変わりありません。能書きにはゴムにやさしいとかあるんだけど・・・・うーん、どうなんだろ。
柔軟剤も原液につけるとウェットスーツのゴムが溶けてしまうとか言われていますが、これもどうなのかなぁ・・・
かれこれ8年以上衣料用の洗剤を使っていますが、いたって普通に使えてます。

んで、洗うときはお風呂場でお湯をバケツに汲んでその中にウェットスーツやらブーツやらグローブやらを放り込んで洗剤をキャップ一杯。で、じゃぶじゃぶ。

こんとき、ウェットスーツやらは裏返しにしてから放り込んでおきます。
一度すすいで柔軟剤をキャップ一杯入れてまたじゃぶじゃぶ。
柔軟剤につけているあいだに風呂に入って温まるんですが、ウェットスーツにはお湯は厳禁!なんてことはありません。

むしろお湯で洗ったほうがいいかも。
沸騰したお湯はもちろんアウトですが、普通に湯船のお湯程度ならまったく問題なしなのです。

お湯がダメなら真夏の車内はもっとダメってことになっちゃいますし。

それで柔軟剤につけたウェットスーツを取り出してベランダのさくに引っ掛けて乾かすんですが、もし次の日海に持っていくようなときは、乾かす前に洗濯機で脱水かけちゃいます。

脱水は裏返して3分、表に返して3分、もう一回裏返して3分。
これでけっこう乾くはずです。
そのままハンガーにかけておけば次の日の朝にはスッキリシャッキリなウェットスーツの出来上がり。

もしも、もっと時間がないって場合はこのワザを。

裏返してぶら下げたウェットスーツを「吸水タオル」で丁寧に拭きとってやるといいです。
できたら二枚使ってウェットスーツを挟み込んでゴシゴシやると、ほぼ乾きます。

って、なんでコンナこと書いているのかというと、自分への戒めなのですよ・・・・
めんどくさくなってウェットスーツ洗わないときあるもんなぁ・・・・
イカンなぁ・・・・・
だって冷たいしめんどくちゃいんだもん。

でもウェットスーツ屋さんだし、今度からちゃんと洗おーっと。
凍らないようにちゃんと乾かそーっと。

でわ。

こうやれば臭くないし長持ちするのだ!真冬のウェットスーツのメンテナンス



真冬のウェットスーツのメンテナンス
題して「こうやれば臭くないし長持ちする」のだってことで。

真冬のスクールで一番厄介なのがウェットスーツが乾かない問題。

スクールが続いたりすると、ウェットスーツのローテーションが追っつかないんですよ。
ウェットスーツ屋さんもやっているので、真冬用のウェットスーツはドライスーツも含めて3着ありますが、主に着用するのは、「5mm3mm冬用フルスーツ」。いわゆるセミドライっていうやつですね。

これは2着持っているので交互に着ているんですが、冬の間は乾きが悪いのです。
裏面だけはなんとしても乾かしておきたいのですが、表面はしっとりしたまま海に持っていくこともあるわけで。
こんな時気になるのが「生乾き臭」。文字にしただけでヤナ感じですが、これはある程度防ぐことができます。

用意するのは洗剤と柔軟剤。
洗剤と柔軟剤は衣料用のものをそのまま使っています。
ちなみにお気に入りは、洗剤が「ボールド」柔軟剤が「レノアハピネス」。
サーフショップに行くとウェットスーツ用の洗剤とかが売ってますが、正直言って中身は衣料用のものと変わりありません。能書きにはゴムにやさしいとかあるんだけど・・・・うーん、どうなんだろ。
柔軟剤も原液につけるとウェットスーツのゴムが溶けてしまうとか言われていますが、これもどうなのかなぁ・・・
かれこれ8年以上衣料用の洗剤を使っていますが、いたって普通に使えてます。

んで、洗うときはお風呂場でお湯をバケツに汲んでその中にウェットスーツやらブーツやらグローブやらを放り込んで洗剤をキャップ一杯。で、じゃぶじゃぶ。

こんとき、ウェットスーツやらは裏返しにしてから放り込んでおきます。
一度すすいで柔軟剤をキャップ一杯入れてまたじゃぶじゃぶ。
柔軟剤につけているあいだに風呂に入って温まるんですが、ウェットスーツにはお湯は厳禁!なんてことはありません。

むしろお湯で洗ったほうがいいかも。
沸騰したお湯はもちろんアウトですが、普通に湯船のお湯程度ならまったく問題なしなのです。

お湯がダメなら真夏の車内はもっとダメってことになっちゃいますし。

それで柔軟剤につけたウェットスーツを取り出してベランダのさくに引っ掛けて乾かすんですが、もし次の日海に持っていくようなときは、乾かす前に洗濯機で脱水かけちゃいます。

脱水は裏返して3分、表に返して3分、もう一回裏返して3分。
これでけっこう乾くはずです。
そのままハンガーにかけておけば次の日の朝にはスッキリシャッキリなウェットスーツの出来上がり。

もしも、もっと時間がないって場合はこのワザを。

裏返してぶら下げたウェットスーツを「吸水タオル」で丁寧に拭きとってやるといいです。
できたら二枚使ってウェットスーツを挟み込んでゴシゴシやると、ほぼ乾きます。

って、なんでコンナこと書いているのかというと、自分への戒めなのですよ・・・・
めんどくさくなってウェットスーツ洗わないときあるもんなぁ・・・・
イカンなぁ・・・・・
だって冷たいしめんどくちゃいんだもん。

でもウェットスーツ屋さんだし、今度からちゃんと洗おーっと。
凍らないようにちゃんと乾かそーっと。

でわ。

1月14日雨の降り叫ぶ椎名内でスクール。

2013年1月15日火曜日


昨日は椎名内でスクールでした!

(この時の写真は⇒こちらhttp://wave-photo.blogspot.jp/


雨風のすごい中、すごいすごい中頑張っていただいたK様。
こっちがへこたれるくらいのコンディションでしたが、海から上がって一言「私このくらいのほうがやりやすいかも・・・」だと。

ほんとに、かなり寒かったんですよ。
それなのにこのケロリ感。やられちゃったです。

んで、この日の課題は、まっすぐボードに乗るってこと。
身体のどっかが傾いてると、ボードもそれにつられて傾いちゃうわけです。

これはもうずーっと言い続けていますが、まっすぐボードの真ん中に乗るってことは基本中の基本。
これができてないと、いくらパドルを頑張ってもしょうがないんです。

筋トレに走る前にまずは真ん中に乗る。
ボードを傾けない。
ここんとこしっかり練習したほうがいいです。

あ、何もない所でまっすぐ乗るってのはけっこう誰でもできるんですよ。
そのまま寝そべって、あーでもないこーでもないってやればいいわけですから。

ただ、問題は波が来た時。
たいていは慌てて寝そべって身体が歪んだまま猛烈パドル。ってことになっちゃいがち。

なので、一連の動作をスムーズにできるように練習するわけです。

ここまでできたらテイクオフの課題はあと少し。
残りの課題は?っていうと、波に合わせること。
波に合わせてボードの上でののり位置を調節すること。

これだけできるようになったら、テイクオフでクタクタになることはまずないです。

なので今回頑張ってくれたK様。
一連の動作はかなり良い感じになってきたので、あとは波に合わせたパドルのタイミングを練習しましょうね!

夏までには華麗なライディングで男どもを魅了するのだ!

今週は椎名内が良かったっす!

2013年1月13日日曜日

今週は海に行く機会が3回。
というわけでそのご報告を。

今週もいろいろ見て回ったんですが、結局椎名内でサーフィンすることが多かったですね。

椎名内も堤防脇ではなくて真ん中あたりのメインと呼ばれているところです。

金曜日はスクールで行ったのですが、これがいい波!
昼ごろ到着して、ほぼフラットの状況でどうしようかと思っていたら、午後からサイズアップ!

セットでコシハラの綺麗な波がブレイクし始めました。
あの小波で長くノーズにいられたのはお久しぶりです。
んで、そのとき堤防脇っていうと、インサイドのダラダラ・・・・
ピークも定まらず、もちろんノーバディ。
去年は椎名内の堤防脇、波が良過ぎて混雑してたのに。。。。ってことで、混雑してるポイントが苦手な人には穴場かもしれませんね。

そういや、肝心の飯岡にはまだ一度も入ってません(笑)

次のスクールで行けるといいんだけど。

では良い週末を!

あ、今週撮った写真は

http://wave-photo.blogspot.jp

こちらでアップしています。
ご覧になってください。



1月12日 千葉北のウェットスーツ指数です

2013年1月12日土曜日

今週の千葉北のウェットスーツ指数です。




今週はいくらか暖かくなったようで、ブーツとセミドライがあればサーフィンできる感じでした。

グローブは風が強い日や陽射しがないときに必要かな・・・ってとこです。



ちなみに昨日は椎名内で入りましたが、後半はグローブなしでは入れましたよ!



やっぱりこの時期は陽射しと風がポイントでしょうかね・・・



ということで今週の千葉北ウェットスーツは



5mm/3mm冬用フルスーツ

ブーツ&グローブ



風が吹いたらヘッドキャップ



これで決まりです!

新しいメルマガ始めます。

2013年1月10日木曜日

2013年よりこちらのメールマガジンを発行いたします。
ブログ等より登録していただいた皆様、
スクールに来ていただいた皆様にお届けするメルマガです。

メルマガの解除等はメルマガの最後にリンクがありますのでそちらから解除を行なってください。

さて、第一号は、「千葉北ってどうなの」

真冬になって北風が強く吹くことが多くなって来ました。
スクールを開催するのはやはり飯岡が多いですが、ほかのポイントもけっこう遊べていることが多いようです。

メジャーなポイントだと、一宮、片貝、吉崎、椎名内。
なかでも一宮は地形もよくサイズもコンスタントにあって面白そうなコンディションです。

例年だと片貝、椎名内も良い感じなのですが、今年は地形がイマイチ・・・
インサイドでのダラダラウェーブになることが多いようです。

んで、私のホームポイントである飯岡。
秋ごろからサンドバーができつつあって、以前のようなコンパクトな形の良い波がブレイクしています。
ここは沖に出るのも簡単なので、ロングボードには最適。

ってことでお気に入りなんですが、一昨年の震災以来地形が変わりやすくなってます。
夏ごろにはまた状況も変わるかもしれません。

そうそう、この時期は片貝以北でスナメリの群泳をみることができます。
これって世界的に見ても貴重らしいので、寒さに耐えて行ってみる価値はありますよ!

というわけで、こんな感じのメルマガいろいろ送らせて頂く予定です。
ぜひお付き合いください。

相馬政朗

新しいメルマガ始めます。

2013年よりこちらのメールマガジンを発行いたします。
ブログ等より登録していただいた皆様、
スクールに来ていただいた皆様にお届けするメルマガです。

メルマガの解除等はメルマガの最後にリンクがありますのでそちらから解除を行なってください。

さて、第一号は、「千葉北ってどうなの」

真冬になって北風が強く吹くことが多くなって来ました。
スクールを開催するのはやはり飯岡が多いですが、ほかのポイントもけっこう遊べていることが多いようです。

メジャーなポイントだと、一宮、片貝、吉崎、椎名内。
なかでも一宮は地形もよくサイズもコンスタントにあって面白そうなコンディションです。

例年だと片貝、椎名内も良い感じなのですが、今年は地形がイマイチ・・・
インサイドでのダラダラウェーブになることが多いようです。

んで、私のホームポイントである飯岡。
秋ごろからサンドバーができつつあって、以前のようなコンパクトな形の良い波がブレイクしています。
ここは沖に出るのも簡単なので、ロングボードには最適。

ってことでお気に入りなんですが、一昨年の震災以来地形が変わりやすくなってます。
夏ごろにはまた状況も変わるかもしれません。

そうそう、この時期は片貝以北でスナメリの群泳をみることができます。
これって世界的に見ても貴重らしいので、寒さに耐えて行ってみる価値はありますよ!

というわけで、こんな感じのメルマガいろいろ送らせて頂く予定です。
ぜひお付き合いください。

相馬政朗