生徒さんから嬉しいメールをいただきました!!

2010年10月31日日曜日

こないだのスクールの生徒さんグッチーさんから嬉しいメールをいただいちゃいました!!

グッチーさんから「ブログに載っけてもいいですよ~」というお言葉をいただいたので載っけちゃいます。



■グッチーさんからのメール



おはようございます。グッチです。

きのうは大変お世話になりました。

これからのサーフィンLIFEにとても役立つ的確なアドバイス

初心者の自分には分かりやすい教え方で非常に参考になりました。

次回のスクールを早く受けたくてしかたありません。

とりあえず次回のスクールをおねがいする前に、昨日レクチャーして下さった事

安定したスムーズなパドルを出来るように、次からのサーフィンでTRYして行きたいと思います。

それでは、またお会いできる日を楽しみにしています。

ロングボードレスキュー最高!!





サイコー!!




byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

10月24日、飯岡荘前でロングボードスクールをやってきたぜ その2

10月24日、飯岡荘前でスクールをやってきたぜ その2

※今回の写真は、カズーさんの奥様にとっていただきました!感謝です!!

飯岡でのスクール2人目の生徒さんです。

生徒さんのお名前は「カズーさん」。
元というか現役のウィンドサーファーです。




いいカラダしてます。
奥様美人です。
ムスメさんカワイイっす!

この日はダブルヘッダーなのですが、一人目が終わってから、波のサイズが若干上がり気味・・・

1人目のグッチーさんのときはワリと穏やかだった、飯岡荘まえのポイントはワイドなダンパーになってしまったので、お隣の「信号下」ポイントに移動してのスクールでした。

サイズが上がっただけでなく、雨まで降ってイヤーな感じ(笑)
しかも北風ビュービューでさみーのなんの!!!

それでも頑張ってスクールを受けていただいた、カズーさん。
めちゃくちゃ感謝です!

■元というか現役のウィンドサーファーでもウィークポイントは同じだった・・・
カズーさんもグッチーさんと同じく、パドリングはうまくできていました。
上半身のブレも少なく、こげばこぐほどスピードがつくパドル力をお持ちのようです。

が、
しかーし!



やはりボードの後ろに乗っちゃってます。
おまけに下半身が固定されていないので、ぐらついてしまってます。

ぐらついた下半身と、ボードのポジションが後ろより。
これは自分でブレーキをかけているのと同じことなんですね~。

せっかくのパドル力も、ブレーキをかけてしまっては全く意味がございまシェん。

パンクしてる自転車を一生懸命こぎまくってるのと同じ状態なのですよ!!

もちろん、パドルのときの姿勢を矯正。
そんでもって、練習を強制。
そうすると、波と共生。

そうすればスムーズに波を捕まえることができますよ。

■カズーさんもう一つのウィークポイント
カズーさんにはもう一つのウィークポイントが見つかりました。

ロングボード初心者にありがちな、「波チラ見」。
波を確認したい気持ちは、よーくわかります。
うまいロングボーダーも波を捕まえるときは、波を確認しています。

でもね、それってちゃんとパドルできるようになってからでいいんです。
波を見るまえに波を捕まえるテクニックが備わっていなきゃ、意味がないワケデス。

この「波チラ見」癖。
矯正するのに特効薬はありません。

自分で治すしかないのです。

ま、方法はありますが、それはスクールにきていただければ教えちゃいます・・・・

ってまた宣伝かよー。

ということで、みなさま今月もロングボードレスキューを見ていただいて本島にありがとうございます。




▲これはわたしです(笑)ヘタやなー・・・


来月もがーんばろーっと!

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS @longboardrescue on twitter

10月24日、飯岡でスクールやってきました。その1

2010年10月29日金曜日




10月24日、飯岡でスクールやってきました。その1

久しぶりに新しい生徒さんとスクールです。
しかもこの日は二人!
ダブルヘッダーなロングボードレスキュー。

たまにはこんなスクールもあってもいいではありませぬか。

■茨城からきていただいたグッチーさん
この日の最初の生徒さんは、茨城県の土浦から遠路はるばるきていただいた、「グッチーさん」。


身長179センチ85キロの立派な体格の持ち主です。
おまけに、性格も穏やかで、素敵です。

グッチーさん、約束の時間よりも2時間近く早くきてくれたのですが、ちょうどその頃私は海の上。
のんびりサーフィンしてたんです・・・
お待たせしてすいません。

急いで海から上がって、まずはご挨拶。

いろいろおしゃべりする中で、さりげなーく生徒産のサーフィンスキルを伺うわけですwww

ま、グッチーさんもようやくテイクオフができる程度の全くの初心者さん。
これからどんどん上達しそうな気がします。

んでもって、サーフィンを始めたきっかけが、太り過ぎ。

ん?どっかで聞いた様なハナシデス。

んーと、実は私もその口なのですよ。
今でこそ、ナイスボディのイケメンインストラクターをやっていますが、、、、、
すいませんウソツイチャイマシタ。てへっ☆〜(ゝ。∂)

あー、いや、生徒さんからもよく聞かれるんですよ。
「相馬さんって昔なんかスポーツやってたでしょ?」って。
でも、スポーツの経験なんてぜーんぜんナシ。
ホントデス!

今もサーフィン以外のスポーツは全くといっていいほどやりません。
どっちかっていうと、おウチでパソコンいじったりするほうが好きかも~なくらい運動嫌いです。

そんでもって、いよいよ体重がやばくなって始めたのがロングボードという楽しい遊び。
それが高じて今やインストラクターデスもんね。
世の中さっぱり先が読めませんなーーー。
ぎゃっはっはーーー!

失礼しました。

グッチーさんも私と同じ様にサーフィンを始め、そんでもって同じ様に、テイクオフに悩んでおられる訳です。

それでは、グッチーさんのウィークポイント見て行きましょう。

■パドルはうまい!でも前に進まない・・・
グッチーさん、パドルはうまいんです。
でも前に進まないんです。

それはなぜかというと、ボードの後ろのほうに乗っちゃってるからなんですよ。
初心者ロングボーダーによくあるパターンです。
んじゃいったいどこに乗ればいいのか?ってことですが、ノーズから何センチ、とか言ってるといつまでたっても初心者です。

こんなときはノーズのある部分を見て前後の位置を調節するのがセオリーです。

これを間違って、ノーズから何センチとかやっちゃうといけません。
子供なんてロングボードに乗っけるとどこに乗っても、前後のバランスはバッチリ取れてしまうのですよ。
ところがオトナはそうはいかんのです。
理由はカンタン。
体重が重いから。

重いからちょっとしたコトでバランスが崩れてしまうのです。
そのちょっとしたコトが、ボードに乗っているときのポジショニング。というコトです。

このことを叩き込んでもらうには、やはりスープでいっぱい波に乗ってもらうのが一番の練習方法です。




最初はなかなか岸まで乗ってこれなかったグッチーさんも、コツを掴めばコンスタントにロングライド。
もちろん立ってはいけませんよ。
寝そべったままで岸までたどり着ければ合格です。

ここまでで、今回のスクールは終了です。
短い様ですが、イッキにやってしまってはいけません。
少しづつできることを増やして行く。
それがロングボードレスキューのスクールなのですよ。

というわけで、グッチーさん、また遊びにきてくださいね。
どうもありがとうございました!!

飯岡でスクールやってきました。その2 に続く・・・



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

デボーションのロングボードに乗ってきたぜ in飯岡

デボーションのロングボードに乗ってきたぜ in飯岡

デボーションですよ。
とうとうきたか!という感んじです。

ナニガッテ、結構あこがれてたボードなわけですよ!!

デボーションといえば真っ先に浮かぶのが、太東ローカル。
ローカルの中でも、プロサーファーの瀬筒雄太。
ヤングマンのくせに、クラシカルなロングボードの乗り方をすることで有名ですが、この彼が乗っているのが今回乗ったデボーションなのですよ!

今回のデボーションは、茨城からはるばるスクールを受けにきていただいた、グッチーさんの愛板なんです。
スクールのたんびに、生徒さんのいろんなロングボードに乗れるって幸せですっ!

マジで。

■いい!すごくいい!!めちゃんこいい!!!デボーション。



早速乗ってみた感想なのですが、これまたいいのです。
安定感といい、スムーズなターンといい、不思議な乗り心地といい、すんごくいいボードです。
大絶賛ですよ!!

マジで!!

こないだのミスターiさんのドナルドタカヤマDT2もよかったですが、今回のデボーション、いや、ここは思い切って「デボさま」と呼ばせてもらっちゃいましょう!
デボさまさいこー。
本気でボード返すのためらうほどのシックリ感。
とにかく安定感バツグンなボードで、グッチーさんに聞いてみたところ、やっぱりオーダーボードだそうです。
デボーションでフルオーダー・・・
いったいいくらくらいするのでしょうか・・・(笑)

ともかく、安定感バツグンなデボさまを手に入れたグッチーさん、もちろんパドリングも安定感バツグンなノリっぷり。
そんなにボードの性能に頼ってばっかりじゃいけませんよ。って言いたくなるくらいでした。

デボさまに乗って思ったんですが、やっぱり初心者ロングボーダーには安定したボードがいいぜ!
師匠福田さまのおっしゃってたとおりでした。

初心者こそオーダーのカスタムロングボード。
オールラウンドよりも、クラシカルなロングボード。
今回デボさまに乗ってつくづくそう思いました。

スクールの模様は
http://longboardrescue.blogspot.com/ こちらに書いてあります。

どうぞ読んでみてください。

ああっデボさまっ!!

失礼!







byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボードレスキューのソウママサオのビギナー時代のちょっと変わった練習方法。

2010年10月21日木曜日

ロングボードレスキューのソウママサオのビギナー時代のちょっと変わった練習方法。

私のビギナー時代の練習方法です。
もちろん、テイクオフもできない状態でのスタートでしたが、あることに気づいてからは割と早く上達して行きました。

お客様からよく聞かれるんですが、サーフィンを始めるまではスポーツの経験はほとんどありませんでした。
というより、スポーツ全般がニガテでした(笑)

最初は、ビデオを見たり、ロングボード入門の雑誌などを見て自分なりに練習していたんですが、半年くらいはまったくといっていいほどテイクオフできませんでした。

そこで気づいたのが、「真似をする」というシンプルな練習でした。

■自分より少しうまいロングボーダーの真似をする
自分より少しうまいサーファーの真似をしてみました。
ポイントは少しだけうまいってことです。
自分がテイクオフで立てないときは、かろうじて立てる人の真似を。

ターンができないときは、少しだけターンができるサーファーを見つけて、細かいところまで真似をするようにしました。

真似をするときは、よく観察して、手の動きや、頭の位置、顔の表情まで(ホントです)細かく観察するようにしました。

今思えばこのときの経験が今のスクールの基礎になっているように思えます。

真似をするということに関しては、本職が職人ということもあって、さほど苦になりませんでした。
職人は真似をして仕事を覚えていきますから、当然ですが(笑)

■目からウロコのロングボード上級者からのアドバイス

真似をするだけでなく、ロングボード上級者からのアドバイスも非常に参考になりました。

「もう少しだけ前に乗りなさい」
「ボードの上ではじっとしてろ」
「とにかく波を見極めろ」
「人の邪魔はするな」

等々、いろんな方からアドバイスを受けました。

一見気難しそうなサーファーですが、アドバイスを受けるのは簡単です。
「あなたの様にサーフィンしたいんですが、どうすればいいですか?」
この質問を投げかけてみるだけです。

質問して無視されたこともありますが、そんなことはあまり気にせずにとにかく聞いてみることです。

上級者のアドバイスがいつも的確かどうかはわかりませんが、あとあとになって気づきを与えてくれるようなアドバイスも多かったことを、イマでもよく覚えています。

ん・?
いつのまにか練習方法から脱線しましたが、最初は真似をしてみることです。

真似をするときは、完全コピーする気持ちで。
それからもう一つ、素直に聞いてみること。

この2つを続ければ、上達のスピードがアップすると思いますよ。

もっと手っ取り早くうまくなりたい人は、是非ともロングボードレスキューのスクールにきてみてくださいね。

では。


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

この日もほとんどの波でノーズライド。 ファイブをしたら、インサイドのほれたセクションですかさずハングテン。

2010年10月20日水曜日

18日飯岡に行ってきました

最近は飯岡ばっか通っちゃってますが、理由はひとつ。
波がいいから!!(笑)

サイズは小さいながらも、ショルダーの張ったロングボード向きの波がコンスタントにブレイクし続けているポイント。

それがいいおかなのですよ。

この日入ったポイントは、飯岡メイン。

ロングボーダーが5人ほど先に入っていましたが、皆さんそれほどお上手ではない様子。

飯岡特有の割れそうで割れない波に苦戦していました。

それを尻目に、私ともう一人ローカルサーファーはセットを思う存分いただいちゃいました。

飯岡でのテイクオフのコツは、一生懸命波を追いかけないコト。
パドルをすればのれる波じゃあないんですよ。

まずは波を見極めるコト。

どこから割れて、波の向きはどっちか。

そういうコトをていねいに観察すればいいわけです。

なんてったって、ひざサイズの波でハングテンまでいけちゃうポイントはそうそうあるもんじゃありません。



ハングテンしたままクローズセクションに突っ込んで、アイランドプルアウト。

まさに言うことなしのグッドスモールウェーブ!!

またいこーっとw




byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボード初心者のフィン選び 初心者には大きめのフィンがいいホントの理由

2010年10月17日日曜日

ロングボード初心者のフィン選び
初心者には大きめのフィンがいいホントの理由

ロングボード初心者はフィンの形ではなく、大きさで選んで欲しい。
というお話です。

ロングボードのフィン。重要パーツだったりしますが、いろいろあって悩みます。
フィンの形も、レイクがどうの、ワイデストがどうの、カーブがどうの。いろいろありますが、うまい人ほどあまり気にしません。
その理由は、フィンを変えることによって、サーフィンの感じが違っても、テクニックで補てしまうからなのです。

一般的には、大きめのフィンの方が直進性が良くなり、小さめのフィンだと曲がりやすい。
と言われてます。

私も初心者ロングボーダーがフィンを選ぶなら、大きめのフィンをオススメします。

でもね、ホントの理由はちょっと違うんですよ。

■ロングボードのフィンの役割、誤解してません?
ところで、フィンの役割。
知ってますか?

フィンの役割はたんに舵取りだけじゃないのです。
フィンのもう一つの機能、それは「バランサー」としての機能です。

フィンをつけることによって、後ろが浮いてしまうことを防いでくれてるわけです。

どれだけフィンの重さがきいているかは、フィンをつけた状態と、つけない状態でノーズ部分を抱えてみるとよくわかると思います。

てこの原理でフィンの重さがきいているのを実感してみてください。

テール部分が安定してることで、ボードコントロールが少々雑でも、うまく滑って行ってくれるのです。
つまり、初心者ロングボーダーは大きめのフィンをつけることで、ボードの安定感が格段に向上します。

大きめフィンは曲がりにくいとか言われますが、そんな悩みは、上達につれて解消します。
それよりも、ボードが安定すること。
それが重要なのですよ。

■どんなフィンを選べばいいのか
では、具体的にどんなフィンをチョイスすればいいのか。

高さは10'
これが基本になります。
つけ根の幅は、ワイド。
カーブもゆるめ。
幅広くニョキッとしているフィンがオススメです。
もしお店のストックにそういったフィンがない場合は、オーダーもアリです!

私の師匠のお店「ハミルトン カスタムサーフボード」でも作ってくれます。

興味のある方は一度問い合わせてみるのもいいとお思いますよ。

ではまた!


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボード初心者のフィン選び 初心者には大きめのフィンがいいホントの理由

ロングボード初心者のフィン選び
初心者には大きめのフィンがいいホントの理由

ロングボード初心者はフィンの形ではなく、大きさで選んで欲しい。
というお話です。

ロングボードのフィン。重要パーツだったりしますが、いろいろあって悩みます。
フィンの形も、レイクがどうの、ワイデストがどうの、カーブがどうの。いろいろありますが、うまい人ほどあまり気にしません。
その理由は、フィンを変えることによって、サーフィンの感じが違っても、テクニックで補てしまうからなのです。

一般的には、大きめのフィンの方が直進性が良くなり、小さめのフィンだと曲がりやすい。
と言われてます。

私も初心者ロングボーダーがフィンを選ぶなら、大きめのフィンをオススメします。

でもね、ホントの理由はちょっと違うんですよ。

■ロングボードのフィンの役割、誤解してません?
ところで、フィンの役割。
知ってますか?

フィンの役割はたんに舵取りだけじゃないのです。
フィンのもう一つの機能、それは「バランサー」としての機能です。

フィンをつけることによって、後ろが浮いてしまうことを防いでくれてるわけです。

どれだけフィンの重さがきいているかは、フィンをつけた状態と、つけない状態でノーズ部分を抱えてみるとよくわかると思います。

てこの原理でフィンの重さがきいているのを実感してみてください。

テール部分が安定してることで、ボードコントロールが少々雑でも、うまく滑って行ってくれるのです。
つまり、初心者ロングボーダーは大きめのフィンをつけることで、ボードの安定感が格段に向上します。

大きめフィンは曲がりにくいとか言われますが、そんな悩みは、上達につれて解消します。
それよりも、ボードが安定すること。
それが重要なのですよ。

■どんなフィンを選べばいいのか
では、具体的にどんなフィンをチョイスすればいいのか。

高さは10'
これが基本になります。
つけ根の幅は、ワイド。
カーブもゆるめ。
幅広くニョキッとしているフィンがオススメです。
もしお店のストックにそういったフィンがない場合は、オーダーもアリです!

私の師匠のお店「ハミルトン カスタムサーフボード」でも作ってくれます。

興味のある方は一度問い合わせてみるのもいいとお思いますよ。

ではまた!


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボード初心者講座 たまにはノーリーシュでサーフィンしてみよう。

2010年10月16日土曜日

ロングボード初心者講座 たまにはノーリーシュでサーフィンしてみよう。

たまにはリーシュコードをはずしてサーフィンしてみるといいですよ。
というお話です。

理由は、自分のサーフィンがロングボードをコントロールできているかどうか、目に見える形で現れるからです。

この練習は、テイクオフしてターンはできる。
そのあとが続かないんだよー。というロングボーダーにおすすめの練習方法です。

もちろん、はじめは板を流してしまうことが多いので、ひとのいないポイントでやってみましょう。

■最初はスープで練習してみよう
繰り返しになりますが、まずはひとのいないところで、ノーリーシュサーフィンしてみましょう。

インサイドに他のサーファーがいないことに加えて、アウトにも他のサーファーがいない方がいいです。

理由は前述したように、ボードを流してしまうからです。

流したボードはぶつかると凶器に変身です。
余計なトラブルを抱えないように、サーファーがいないところ。
これは必ずチェックしましょうね。

■リーシュコードなしサーフィンのメリット
ノーリーシュサーフィンのメリットは、ボードをていねいに乗り続けるくせが自然に身に付くことです。
ボードから落ちないように、今までやってこなかった動作をすることで自然に流さないようになります。

ノーリーシュサーフィンのポイントは、とにかくボードから落ちないことです。

バランスをくずさないようにテイクオフして、バランスをくずさないように、ターンすることです。

そのためには、重心を低くしてサーフィンすることになります。
重心を低くすることで、体がボードに合わせて自然に動くようになるのです。

さらに、ワイプアウトしてしまったときに、ボードを掴んで流れないようにすることも、姿勢が低いので簡単になります。

体が伸びてしまって、失速気味の初心者ロングボーダーにはノーリーシュサーフィンをやってみることで、重心の低い安定したサーフィンがマスターできると思います。

■ノーリーシュでサーフィンするときの注意点
これも繰り返しになりますが、とにかくひとのいないところで練習しましょう。
ポイントも、水深の浅いところで、ボードが流れても歩いて戻ることができるポイントが向いています。

ボードを流さないようにするには、前述したように、
姿勢を低く保つことです。
ゆっくり立ち上がって、ゆっくりターンする。
ワイプアウトしそうになったら、ボードにしがみついてでも離さない。
そういう気持ちでいればいいと思います。


この続きはまた書いてみようと思います。
乞うご期待(笑)

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

10月のロングボードレスキュースクールのお知らせ

2010年10月8日金曜日


■10月のスクールについて

予約済のスケジュールをお知らせします。

11日(月祝)AM× PM予約済
14日(木)AM× PM○
19日(火)AM○ PM○
24日(日)AM予約済 PM予約済
26日(火)AM× PM予約済
27日(水)AM○ PM○
29日(金)AM× PM○
30日(土)AM○ PM○

ロングボードスクール
▼▼申し込みはこちらから
ロングボードレスキュースクール申し込みフォーム

※土日祝のスクールはすぐに埋まってしまいますので、早めの予約をおねがいします。

■スクール有料化について
今月より、スクールを有料化させていただきます。
料金は、ビデオ撮影、DVD作成までを含んで、¥6000 とさせていただきます。
とても悩んだんですが、今まで以上にパワーアップしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

■無料スクールについて
初めての方に限り、無料とさせていただきます。
ビデオ撮影はオプションとして、¥3000 にて承ります。
※ロングボード上達の近道は、自分のウィークポイントを客観的に見ることです。ビデオ撮影&DVDで自分のサーフィンをチェックしてみることをオススメします。



ロングボードスクール
▼▼申し込みはこちらから
ロングボードレスキュースクール申し込みフォーム


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

スクールを受けていただいたからの嬉しいお手紙


先月スクールを受けていただいた「キャッツアイ☆ヒトミサマ」からうれしいお便りをいただいたので、紹介させていただきます。



■ヒトミサマからのメール

先週の火曜日と、今日と、鵠沼で入りました。
先週は面もよくて、皆さんにとってはすばらしくキレイな胸くらいの波☆
しかし私はビビりが入ってしまいダメダメのダメダメで、一本も乗れずに撃沈(ノ_・。)

しかし今日は~
お天気もよく私はロングジョンで夏気分♪
セットで腰くらいのファンウェイブ♪♪♪

いつも一緒に入るメンバーが、ヒトミちゃんすごい~!!
今までと全然違うよ!!
ってみんなに声かけてもらって有頂天(笑)
どうもソウマMAGICいただいちゃったみたいです(^O^)
こないだも言いましたが、教えてくださる方々のおっしゃることの行き先は、たぶん同じところなのかもしれません。
しかし説明のしかたやヒントが違うような気がします。
ソウマさんのスクールは、私のようにあるところから息詰まったところにいる人にとって、とてもわかりやすいと思います。
実際パドルは前よりもずっと楽なのにちゃんと(?)乗れてしまいます♪
もう少し様子を見て、今の状態をキープできるようになったら、またスクールお願いしたいと思っています。
サーフィンってこんなに楽しいんですね(^o^)♪♪♪
もっともっと乗れるようになって、もっともっと楽しめるように、がんばるのだ~!!

私って超しあわせ~(^0^)/

☆ソウマさん☆
すばらしいきっかけ作っていただきました。
ありがとうございます♪




うーーー
なんかめちゃくちゃうれしいっす!
ヒトミサマほんとにありがとうございます!
またロングボードレスキューのスクールにきてくださいね。




byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボードレスキューのサーフィンスクールは初心者のテイクオフ成功率アップにこだわるのです!

2010年10月7日木曜日

ロングボードレスキューのサーフィンスクールは初心者のテイクオフ成功率アップにこだわるのです!

ロングボードレスキューのスクールはテイクオフにとことんこだわります。

なぜって、テイクオフしなくちゃ他のコトが始まらないから・・・・・

ターンも 、ノーズライドも、リッピングも、ハングテンも、ぜーんぶテイクオフしなくちゃいけないからです。

テイクオフのうまいサーファーはターンもノーズライドもうまいのです。

だから、ロングボードレスキューのスクールは初心者のテイクオフにとことんこだわります。

しつこいようですが・・・・

■ロングボード初心者のほとんどができていないコト

ロングボード初心者のほとんどができていないコト。
それは波をキャッチすることです。
波に乗れなくてはテイクオフもできません。

初心者ロングボーダーはここを勘違いしていることがヒジョーに多い。です。

波を捕まえることと、テイクオフして立ち上がること。
似ているようですが、違います。

ハナシは変わりますが、自転車でイチバン大切なことはペダルを漕ぎ続けること。ですよね?

これをサーフィンに置き換えてみると、
ペダルを漕ぎ続ける=波を捕まえ続ける
ということです。

まずはここです。
テイクオフでボードの上に立ち上がること、それは自転車で例えると手を離して運転するようなものです。

ん?
なんか話がそれてきたので、この続きはまたの機会に。





byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

またしても飯岡でロングボード。

2010年10月6日水曜日

またしても飯岡でロングボード。

またいっちゃいました。
波はもうエクセレント。

サイズはムネカタのロングショルダーグーフィーが炸裂っす!

ポイントは飯岡メイン。
飯岡でもサイズのあるポイントとして知られています。

それだけにローカルサーファーたちが集中しやすいので、ロングボード初心者には少々とっつきにくいポイントです。

この日もローカルサーファー大集合。
こんだけ波がよければアタリマエですが・・・

それでもそこそこ乗れて、きっちりインサイドまでつなげられる。

やっぱり飯岡好きだなー。

写真は後ほど!



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

日曜日、飯岡でサーフィンしてきました。




日曜日、飯岡でサーフィンしてきました。

日曜日、なんとなく時間があったので、混雑承知で飯岡へ行ってまいりました。

結果は・・・
大正解!!
エクセレントな波で素晴らしく波に乗れました。

■飯岡が混んでるなんて・・・w
最初は飯岡の信号下ポイントに入水しようとしたんですが、波が小さすぎ!

でもって、スロープを降りて飯岡メインポイントへ。
そこで見たのが、テトラの外からブレイクする波。
ただの波じゃあありませんぜ。
いい波です。
すんごく。

アベレージサイズはコシハラなものの、セットは余裕でムネカタサイズ。
それがあーた、アウトからインサイドまできれ~に割れてるじゃあありませんか!!!

急ぎました。
着替えるのもボード出すのも!

準備が整って、やや小走りでゲティングアウト。
テトラの脇からカレントに乗って、スルッとラインナップへ。
もーラクチンラクチン。
テトラ脇のカレントは初心者には難しいかもしれませんが、慣れてしまえば簡単です。

グーフィーフッターな私はポジション取りもおのずと左側に。
そうすれば、キレイにブレイクするロングショルダーにバッチリ乗れるのです。

うーん、この波くせになりそう(笑)



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

そろそろフルスーツの季節ですよー

2010年10月4日月曜日

そろそろフルスーツの季節ですよー

すっかり気温も下がってしまって、ハンソデともおさらばしたい今日この頃です。

いや~、そろそろフルスーツの出番ですね。

ジャーフルとか3フルとか言いますが、千葉の海ではこれからがフルスーツシーズンなのです。

イッツア ウェットスーツ!
なフルスーツですが、ロングボードサーファーたちには、ロングジョンとジャケットの組み合わせをつよーくすすめたい!

なぜって、便利だから。

暑ければジャケット脱いで、水が暖かければトランクスで。
ね?もー簡単なわけですよ。

お洋服みたいに、あれこれ着せ替えできる感じでヒジョーにベンリ。

2つ合わせて着てしまえばフルスーツのいっちょあがり。

フルスーツって意外と着る機会ないんだよね・・・

そんなロングボードな大人サーファーにぜひ!



byソウママサオ

SHISEE WETSUITS CLASSICS
longboardrescue on twitter