今月からスクール再開です

2017年5月31日水曜日

今月からスクール再開です

どうも!
ソウママサオです。

やっと水もあったかくなって来て 気持ちのいい季節になりましたね。

スクールも今月から再開いたします。

スケジュールの詳細は LONGBOARDRESCUE のウェブサイトで確認してください。
よろしくお願いしまーす

LONGBOARDRESCUE| LONGBOARDRESCUE 波の豊富な千葉でロングボード専門のサーフィンスクール

初心者を対象にした、ちょっと変わった千葉のサーフィンスクールロングボードレスキューのLONGBOARDRESCUEページです

ロングボードでノーズライディングをマスターするための練習方法

2017年5月22日月曜日

ロングボードでノーズライディングをマスターするための練習方法

※2017年5月22日追記しました

ノーズライド。ハングファイブ。ハングテン。
あの優雅な姿にあこがれる方も多いと思います。

ロングボードレスキューのスクールも、ノーズライドを一応の目標にしていただいていますが、あと一歩!前にいけない人のために今回はその練習方法をちょっとだけ紹介させていただきます。

まずはノーズライディングできる状況を考えて見てください

ノーズライディングするために必要な状況とは、「歩いても落っこちない状態」を作り出すことにつきます。

そのためには、
スピードが出ていること
ボードがグラグラしないこと

この二つを作れるようになればいいわけです。

※2017年5月22日追記
と、この時点では考えていましたが最近になってやっぱり体つくりも大事なのかなと思うようになりました。
んで大事なのは「体幹」。ですね。
片足立ちでずっと立っていられるかどうか。とか、階段をスムーズに降りることができるのかどうか。とか、スキップがうまくできるのか。とか、生活に密着した身体能力。これ、結構重要だと思います。

スピードが出て安定している状態を目指そう

いったいなんのことやらサッパリわかりませんが、要はちゃんとテイクオフして、ターンができればいいのです。ここで書くと簡単ですが、実際のところはなかなかうまく行きません。ノーズライディングがうまくいかないロングボーダーのほとんどは、テイクオフもターンもまだまだ不十分だからです。

まずはテイクオフを早くすること。
それからターンのテクニックをマスターすること。ここでいうターンのテクニックとは、ゆっくりしたターンとクイックなターン。両方です。

具体的にいうと、進行方向に人がいてもとっさによけられるくらいのレベルにならないとスムーズなウォーキング(クロスステップ)は難しいと思います。

ここまでできるようになると、ウォーキングのタイミングに最適な波のポジションへのボードセットが簡単にできるようになっているはずです。

※2017年5月22日 追記
これを書いてからも大勢のお客様にスクールに来ていただきました。
んで、やっぱりテイクオフ〜ボトムターン、ここのところでウォーキングできるできないの差が出てしまうと思います。
結局のところ、どんな状況にも対応できるくらいにならないと、不安定なボードの上を歩くのは難しいんじゃないかなーと。
なので、「ウォーキングで落っこちてしまう」「ボードが失速してしまう」ようなことを感じている人は、まずはテイクオフのときにどんなラインを描いているのかを見直してみたほうがいいと思います。

■クロスステップで行こう!シャッフルはダメ!意味ない
歩く練習ですが、シャッフルで練習してはいけません。
その理由は、足の使い方が全く違うからです。
自転車を漕ぐ練習を想像すればわかりやすいですが、片足で漕ぐ練習をする人はまずいません。
必ず両足を交互に踏み込まないと意味がないからです。
クロスステップも同じです。

交互に足を運んで行くことをまずは身体に覚えさせること。
そのためには、すり足で無理にウォーキングしないことです。
私もそうでしたが、すり足で歩けるようになってしまうと、それがくせになってしまいあとで苦労します。
ということで、クロスステップを練習しましょう。

■クロスステップのトレーニングは陸上で
クロスステップをトレーニングするのは陸上がベストです。
トレーニングもボードの上でやったほうが効果的なんですが、ボードを床において練習するとたいていボードが痛みます。
ですので外に出て、歩道の縁石をクロスステップで歩いてみましょう。

最初はゆっくり。
慣れてきたら落っこちない程度に早く歩いてみます。
これで慣れてきたら床に布団や毛布をひいてボードのうえでやってみます。

ボードのうえでのトレーニングにもコツがあるんですが、それはまた別の機会に説明します。

とにかくクロスステップに慣れること。
慣れるためには練習です。
電車の中や、階段を降りる時など、普段の生活の中でクロスステップを試してみるといいと思いますよ。

2017年5月22日追記

このエントリーかなり前に書いたものですが、あまりにも簡単すぎますね(笑)

クロスステップやノーズライディングについては
LONGBOARDRESCUEのHPにもイロイロ書いてますのでそちらもあわせて読んでいただければな−と思います

ボードの上を歩く理由 | WALKING | ウォーキング | LONGBOARDRESCUE WEBCLINIC ロングボードレスキューウェブクリニック

ロングボードレスキューがサーフィン初心者に向けてボードの上を歩く理由の内容を解説するページです

身体がリセットされてもう一度ノーズライディングできるようになるまでにやってること。

2017年5月16日火曜日

身体がリセットされてもう一度ノーズライディングできるようになるまでにやってること。

やっと水が暖かくなってきましたね!
最近水も暖かくなってきたので海に行く回数も増えました。
大体週に二階くらいはサーフィンしています。

こないだも飯岡に行ってサーフィン。波も小さくていい感じ!
ま、テイクオフして、ターンして、ショルダーが張って来るところに合わせてカットバック。
んでもっていざウォーキング!

ところが一歩目がなかなか出てこない・・・・
こういうのを何度か繰り返してその日は終わってしまったんですが。

この時のことを振り返って、少し考えてみました。
何が原因で一歩目が踏み出せないのか。踏みだしてもすぐ落ちてしまうのか・・・

ノーズライディングができなくなってからナニをしてたのか

話が前後してしまいますが、以前はノーズライディングってそんなに難しくないなって思ってたわけですよ
ところが三年前にヘルニアを発症してから足腰のチカラが抜けてしまって、普段の生活でも歩くことがおぼつかなくなってしまったんですね。
んで、手術。

手術前はなんとかボードの上でウォーキングできてはいたものの、なんというかかなりギクシャクしたウォーキングで、どんな波でも歩けちゃうぜ−ってのとは程遠い感覚。

それが手術のための入院でさらに足腰の筋力低下・・・・
サーフィン中の動きも、初心者レベルまで一気にリセット。
なんせボトムターンで踏ん張れなくて振り落とされてしまうレベル。
カットバックもぜ~んぜんできなくなってしまいました。
当然ボードの上でのウォーキングなんてのもさらにさらに遠ざかってしまったというわけです。

このままじゃいかんとこの二年間、全然興味のなかったスケボーを始めたり、超嫌いだった筋トレを始めたりしてなんとか以前のようにどんな波でも先っちょライディングしたいなーという一心でいろいろやってみたというわけです。

んで最近になってようやく結果が出てきたかなと。

最近のサーフィンの具合はこんな感じ

まずはテイクオフ。
徐々にですが、安定して波を捉えるようになってきました。
普段の生活で腹筋と背筋のバランスが良くなってきたんじゃないかなと。もちろん海に行く回数を増やしたのは結構大きいと思います。
ただ、まだお腹にうまく力が入ってないのか、パーリングしたり、乗り遅れたりすることがありますね・・・・
これから暖かくなるので、テイクオフに関してはサーフィンに行く回数に比例してもっと上達するんじゃないかと思ってます。

次にボトムターン。
不思議なことに筋トレを開始してからボトムターンで落ちることはなくなりました。
これはたぶん毎日地味に続けてるスクワットのおかげだと思います。
中腰の体勢になっても踏ん張れるようになったというか、
今思うと、ボトムターンのときに落っこちちゃうのって、身体が伸び切ってるからなんですよね。
それが毎日ちょこちょこやっただけのスクワットで改善してきたのかな〜と考えてます。
アレだけ嫌いだった筋トレも、こうやって結果が出てくると少しヤル気が出てきちゃうので面白いものです(´ε` )

んでもってカットバック。
これもだいぶいい感じになってきました。
以前はカットバックのために腰を落とすと、それだけで「フニャッ」っと腰砕けの状態になってしまっていたのがボトムターン同様いい感じに踏ん張れるようになってきました。
ほんと「ちょこっと筋トレ」偉大だぜ・・・

さて、本題のノーズライディングのためのウォーキング
これがまだ出来ない・・・・です。
はっきり言って全然だめだめ。

何がだめかというと、一歩目、足をクロスした状態をキープするのがかなり難しい
一歩目をクロスした状態でキープできない原因はつま先立ちで上手くバランスが取れないからですね。

バランスを崩してしまうのは身体が慣れていないだけなのか、それともまだ筋力が落ちた状態なのか、よくわからないので
しばらく筋トレと海での練習(練習って言葉も嫌いだったのに〜!)続けていくしかないのかなと。

また気づいたことが出てきたらここで書いていこうと思ってます。

幕張「ハミルトンサーフボード」について残念なお知らせがあります

2017年5月9日火曜日

幕張「ハミルトンサーフボード」について残念なお知らせがあります

LONGBOARDRESCUEではステップアップしたいお客様のために、BARD SURFBOARDSブランドとして幕張ハミルトンサーフボードでボードを作ってもらっていました。

実際お客様にも好評で、二十人以上の方にBARD SURFBOARDSを使っていただいています。 この他にも直接お店に行って、シェーパーの福田さんにボードをオーダーされた方も大勢いらっしゃいます。

私の使用しているボードもすべて福田さんに製作してもらったボードで、これからも永く乗っていきたいと考えています。
さて、今回のお知らせです。

今後LONGBOARDRESCUEでは、幕張「ハミルトンサーフボード」でボードの製作をお願いすることをやめます

今後はLONGBOARDRESCUEとして、幕張「ハミルトンサーフボード」でボードの製作をお願いすることはありません。
お客様をハミルトンサーフボードに紹介することもありません。
BARD SURFBOARDSとしての製作もお願いすることはありません。

過去に何度もこのブログでも紹介しているように、ハミルトンの福田さんには大勢のお客様に愛用していただいて私自身も非常にお世話になりました。
その点についてはとても感謝しています。

ではなぜハミルトンサーフボードとの関係を終わりにするのか。 その理由はお客様に迷惑がかかる恐れが出てきたからです。

ハミルトンサーフボードとのトラブル

実は2016年の終わり頃からハミルトンサーフボードの経営状態が思わしくなく、オーナーシェーパーの福田さんと金銭のことで何度かトラブルになってしまいました。 経営状態の詳細については、福田さん自身のプライバシーもあるため書きませんが、とにかくお金がない状態が続いているのは間違いありません。
トラブルの内容は、、、
「三年前に入金したのにもかかわらずボードがいつまでたっても完成してこない」
「オーダーした内容と違うボードが納品された」
「前金を入金したあとで、さらに前金として残り代金全額を支払った」
「いつ完成するのか聞いて店に行っても体調が悪いなどの理由でまったく手付かずの状態だった」
2016年の初めからこういうトラブルを何度も繰り返すようになり、私だけでなく紹介したお客様も同じような状況にあるということを知りました。

ボードの色が少し違ったとか、仕上げが少し雑だった程度でしたら笑って済ませられるのですが、さすがに入金してボードが出来てこないというのは問題です。 しかも三年以上ほったらかしというのはいくらなんでもひどすぎるなと・・・
それに加えて、オーダーしてくれたお客様への対応がひどすぎます。

例えば電話で
私「今月完成予定のボードいつ頃取りに行けばいいですか?」
福田さん「今やってるからそれはもうすぐできる」
私「わかりましたよろしくお願いします」

というやり取りがあったあとでお店に伺うとします

私「さっき電話で話してたボードはどれですか?」
福田さん「あー悪い、まだボードの材料が届いてないからここにはないんだ」
私「さっき電話で今やってるって言ったじゃないですか」
福田さん「だから今材料注文してるってことだよ。届けばすぐやるから」

と、こんなやり取りが何度も繰り返されるようでは、誰かを紹介することもボードをオーダーすることも出来ないと感じるようになりました。

シェーパーの福田マサオさんとはサーフィンを始めてからの付き合いで、私のボードもすべて福田さんがシェイプし仕上げたものばかりです。 お店にも毎週のように顔を出し、サーフィンについていろんなことを聞かせていただきました。 福田さんの紹介でいろんな方にも出会うことが出来ました。 ほんとうに感謝しています。 ですから、今回のことについては非常に残念です。ただ、これ以上私が紹介したお客様や、ブログを見てくれてお店に行ってみようとしてくれた方が上記のようなトラブルに巻き込まれるのはなんとしても避けたいと考え、今回このブログでハミルトンサーフボードとのいきさつを公表するに至りました。

ハミルトンサーフボードにボードをオーダーしてしまった場合の対処法

もしこれを見てくれている方でボードをオーダーしている方がいらっしゃったら、早急に対策を取ってください。
残念ながら詳しい対処方法はここに書くことが出来ませんので、ざくりとした内容になってしまいますが、幾つかのケースを想定して書いておきます。

前金を払っていない場合

この場合は前金を払うことをやめてください。
福田さんは前金をボードの材料代(ブランクス・クロスなど)に充てるから払ってほしいと言ってきますが、鵜呑みにしてはいけません。
全額前払してもボードは出来ないと考えてください。もしどうしてもオーダーしたいと考える場合は個人的に連絡をください。
ブログには書けませんが幾つか方法がありますのでそれを紹介します。

ボード代金の一部を支払っている場合

ボード代金の一部を前金として支払っている場合は、粘り強く催促してください。
催促は電話でも構いませんが、お店に直接行ったほうがいいと思います。
もし、オーダーから一年以上が過ぎても完成してこない場合はこれも個人的に連絡をください。
完成までの道筋をいくつか提案させていただきます。

ボード代金を全額支払っている場合

残念ですが、全額を前払いしてしまっている場合ボードが完成しない可能性が非常に高いです。
この場合手のうちようがないことが多く、アドバイスもあまり出来ません。
次善の策を教えますので、個人的に連絡をいただければと思います。

どうしてもハミルトンサーフボードのボードに乗ってみたい!と思った方

どうしてもハミルトンサーフボードのボードが欲しくなってしまった場合、まずは中古を探してみることをオススメします。
中古のボードを取り扱っているお店や、ヤフオクなどでたまに見かけることがあります。

新品がほしい!と思った方がいるかもしれませんが、ハミルトンのボードは乗りやすく海で使用される頻度も高いので新品を探すのは諦めたほうがいいと思います。

ここまで読んでいただいて、その上で「どうしてもオーダーしたい」という方もいるかもしれません。
その気持はわかります。
ただし勢いでお店に行くことはやめてください。必ずトラブルに巻き込まれます。
もし、もし、どうしてもオーダーボードがほしい!という方がいらっしゃったら、直接私に連絡ください。
未だ試してことはありませんが、幾つかの方法とオーダーの際の注意点を紹介させて頂きます。

ハミルトンサーフボードについて相談承ります

ハミルトンサーフボードでのボードオーダーに関してのみ相談を承ります。
直接電話してもらうのが手っ取り早いです。

電話番号 090−9148−3261 ソウママサオ

Facebookのメッセンジャーでも承ります。
https://www.facebook.com/masao.souma

相談の際にお金をいただくことはありません。
どうぞ安心してご連絡ください。

それでもハミルトンのボードが最高だと思っています

ここまで長々とハミルトンについてネガティブなことを書きましたが、私は今でもハミルトンのボードが一番だと思っています。
特に5年くらい前までの福田さんのボードは本当にかっこよかった。
あの頃のボードだったらいくらでも手元に置いておきたいと考えています。

もしもう一度福田さんが素直にボードを作れるようになったら、そのときはまたお世話になりたいと思います・・・・