夏のウェットスーツ選び

2011年7月28日木曜日

意外と難しいのが、夏のウェットスーツ選び。

外はめちゃくちゃ暑いのに、水はメチャ冷。
夏にはよくあることです。

いったいなに着ればいいのー?
というサーファーにちょこっとアドバイスです。

■夏に用意したいウェットスーツ
実は夏のウェットスーツ選びが一番難しい、というか種類が多すぎて悩ましいのです。

ざっとあげてみると
・3mmフルスーツ
・シーガル
・スプリング
・ロングスリーブスプリング
・タッパー
・ベスト
・トランクス

この中からチョイスしていくのですが、こんだけ持っている人は珍しいので、3mmフルスーツ、スプリング、タッパー、ベスト、トランクス。

この5点があれば、夏は快適に乗り切れます。

では、このなかから選ぶとしたら何を基準に選べばいいのか。

■夏は水温と気温でウェットスーツを選ぶのが基本

ウェットスーツ選びの簡単な法則は、水温と気温で選ぶことです。

水温高い・・・半ズボン
水温低い・・・長ズボン

気温高い・・・半そで
気温低い・・・長そで

と、こんな具合で選んでいくと簡単です。

気温は出かけるまでにある程度想像つきます。

問題は水温です。
最近では波情報にポイントごとの水温が書かれていることが普通になってきました。

有料の波情報に登録しているひとは参考にするのが、手っ取り早いでしょう。

そうでないサーファーは、保健所に問い合わせてみるといいかもしれません。
大抵の保健所で、近海水温状況を把握しているはずです。

水温さえわかれば、海に持って行くウェットスーツの種類も絞り込むことができます。

この法則で選ぶとしたら、スプリング一枚あればいいんじゃないかと思うかもしれませんが、そう簡単にいかないところが夏の海なのです(笑)





byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

女の子にぴったりにユーズドロングボード3本

2011年7月18日月曜日




















Posted by Picasa

やっぱり、やっぱりテイクオフなのだよサーフィンは。

2011年7月16日土曜日

7月15日、一宮でスクールをやってまいりました。

台風近づいてうねりの強まる一宮でしたが、なんとかスクール開始。

この日の生徒さんは「K夫妻」
キレイな奥様と爽やかな旦那さんのナイスカップルです。

んで、ロングボードに乗っているのが旦那さん。
テイクオフしようと 、パドルするのですが全く前に進みません。

そりゃそうです。
波がきて、ボードを岸に向けて、さてパドル!のときのフォームがまったくなってないっす!

ナノでいつものように、岸でレクチャー。
教えたことを素直にやって見るKさん。素晴らしいです。

とまあこんな感じでテイクオフにつながるキャッチザウェーブをひたすら練習しちゃった感じですが、やっぱり基本はテイクオフなのだよね。

この夏の合言葉は「波を捕まえろ!」ってことで。



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボードでも、大切なのはテイクオフして波に乗ることだと思う。この夏はテイクオフマスターになろうじゃないか!

2011年7月14日木曜日

ロングボードがいくら簡単にテイクオフできるからって、それでもつまづいてしまう初心者ロングボーダーが多いのは、やっぱりテイクオフに問題あることが多いと感じてしまうのです。

特に混雑した夏の海では、テイクオフにつながるキャッチザウェーブがサーフィンの充実感を左右するのは間違いないっす。


んで、なにをどーすれば効率よく波を捉えることができるのか。
ポイントは二つだけです。

まずは、波の見極め。
乗れない波とそうでない波を「自分で」判断すること。

もう一つは、波を滑っていくボードにブレーキをかけないこと。
初心者ロングボーダーによく見られる、「パドルしてもパドルしても前に進まない」この状態を早く卒業することです。

この二つのポイントを押さえておけば、ロングボードらしいテイクオフが可能になるわけです。

スクールをやってきた経験上、楽チンテイクオフをマスターしたロングボーダーはその後のサーフィンも上達するのが早いです。

んので、この夏はそこんとこを練習してみるといいと思いますよ!

では!



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

夏のロングボードにはかかせないでしょ!この日焼けどめがすごいっす

2011年7月13日水曜日

夏本番で毎日毎日かんかん照りの日々ですが、日焼けどめの消費も早すぎ。

海にいくたんびにぺたぺた。
サーフィン前にぺたぺた。
休憩のときにもぺたぺた。
もっかい休憩のときにもまたぺたぺた。

こんなに塗ってばかりじゃ、大容量の日焼けどめもあっちゅう間になくなっちゃいます。

ということでオススメしたいのがコレ。


メンタームの近江薬品から発売されてる日焼けどめ。

なにが素晴らしいかというと、
1 値段が安い
2 塗るとスースーして気持ちいい
3 へんな匂いしない

まずはお値段。
ひっジョーにお手頃
なんせ¥295!

いままではトップバリュのひやけどめがベストプライスだったんですが、100円以上も安い。

塗ってからスースーして気持ちいいのもGOOD。
ただでさえあちーのに、この日やけどめはメンソール配合らしく、塗ってからが気持ちいいのです!

最後に変な匂いがしないのもベリーGOOD!
あれがいやで日焼けどめ塗らなかった時期がありますが、これは違う。
先ほどのスースー感と合わさって、ミントの香りでいい感じ。

なので、近江薬品の日焼けどめ。
夏のロングボードには欠かせない一品ですよ!



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

夏のロングボードはなにはともあれビーサンなのだ!

2011年7月10日日曜日

夏本番です。

日差しを浴びた砂浜はとにかく暑い!
こんなとこ素足で歩いたらマジやけどします。

なので、サーフィンするにはまずビーサン!

ビーサンなんてなんでもいいようなものの、そこはやっぱりこだわりたい。
こだわるのは模様とか色とかじゃなくて、性能。
ビーサンの性能はソールの部分と鼻緒の部分でほぼ決まっちゃいますが、ソールの部分はちょいと柔らかめがベター。

なぜかというと、柔らかいほうが余計な砂を巻き上げないから。

つまり、ぺたぺた歩いていくたんびに足が砂まみれになるって事が少なくなっちゃうわけです。
硬いソールだとビーチを歩くとトランクスのところまで砂まみれになっちゃうのが、柔らかいビーチサンダルだとせいぜいヒザ裏程度。

んで、柔らかソールのビーチサンダルと言えば、なんといっても「ハワイアナス」。
セレブ御用達だとかナントカってなうんちくはほっといて、とにかくオススメなのだ。

なんせはき心地はバツグン。
お値段も手頃。

んでもって、カラフルバリエーション豊富でおしゃれな感じ。

いうことないでしょ!?

なので、ことしの夏はハワイアナスのビーサンでゼヒ!






byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

夏のロングボードはなにはともあれビーサンなのだ!

夏本番です。

日差しを浴びた砂浜はとにかく暑い!
こんなとこ素足で歩いたらマジやけどします。

なので、サーフィンするにはまずビーサン!

ビーサンなんてなんでもいいようなものの、そこはやっぱりこだわりたい。
こだわるのは模様とか色とかじゃなくて、性能。
ビーサンの性能はソールの部分と鼻緒の部分でほぼ決まっちゃいますが、ソールの部分はちょいと柔らかめがベター。

なぜかというと、柔らかいほうが余計な砂を巻き上げないから。

つまり、ぺたぺた歩いていくたんびに足が砂まみれになるって事が少なくなっちゃうわけです。
硬いソールだとビーチを歩くとトランクスのところまで砂まみれになっちゃうのが、柔らかいビーチサンダルだとせいぜいヒザ裏程度。

んで、柔らかソールのビーチサンダルと言えば、なんといっても「ハワイアナス」。
セレブ御用達だとかナントカってなうんちくはほっといて、とにかくオススメなのだ。

なんせはき心地はバツグン。
お値段も手頃。

んでもって、カラフルバリエーション豊富でおしゃれな感じ。

いうことないでしょ!?

なので、ことしの夏はハワイアナスのビーサンでゼヒ!






byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボードをスタイリッシュに乗るってこと

ロングボードをはじめてすぐの頃は、とにかくノーズライディングが出来ればスタイリッシュだと思っていました。

確かに今でもノーズライディングは楽しい。
先っちょに足をかけて体をのけぞって。
クールと言えばそうなんだけど、ロングボードをはじめて6年が過ぎた今、スタイリッシュだと感じるのはノーズにいくまでのライディング。

テイクオフして、ゆるーくターン。
フェイスが張ってこなければクイっとカットバックしてボードをセット。
少し遅いかなーっていうくらいまで、ボードをためたら、少しずつクロスステップ。

波がよくなければノーズまでいかずに、また後ろまで戻ってカットバックして。
常に視線は波の終わりを見続けてる。

こんな感じが今はスタイリッシュに思えるのです。

こんなことを考えるようになったのは、やはりオールドスタイルのサーファーが周りにたくさんいたから。

この間のコンテストでもそんなサーファーにたくさん出会えたことで、自分のサーフィンもまた少し変化してきたように思える夏の夕方なのでした。

ロングボードって難しいって思うあなた。
一度は昔のビデオでサーフィンってなんだったのか、見てみるといいかもしれません。



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

やっぱりテイクオフの早いロングボーダーはうまくなるのも早い気がする

2011年7月6日水曜日

昨日の一宮で改めて感じたんですが、波に乗れない初心者ロングボーダーの方、みんなテイクオフがヘタです。

ほとんどの初心者が一生懸命パドリング。
んで波においていかれる。

しつこいようですが、テイクオフってのは波を捕まえてから立ち上がるまでの一連の動作を示す言葉。

とにかくパドルを一生懸命すれば波を捉えられるのなら、もっとアウトからこいでくればいいわけです。

でもそれじゃ乗れない。
それはなぜかというと、波を捉えるということがイマイチわかってないから。

パドルで助走して波を追いかけるのではなく、パドルはむしろ補助的な役割なのだということがわかれば、テイクオフは今よりもっと早くなるはず。

必死パドルで波を追いかけてテイクオフするときもあるけど、ほとんどの場合はあんましパドルしないでテイクオフできる。
これが理想なわけです。

と、ここで少しばかりヒントを。

波をキャッチするのに理想的なのは、「受け身」型。
受け身なので、チャンスを逃さないように一点集中で波に乗るようにする。
一点とはみぞおちのあたり。
みぞおちのところだけで体を支えることができるようになれば、どんな波でも対応できるのです。

脚はバランスを取るだけで充分だし、パドルもほとんど必要なし。
すると、疲れ知らずでいくらでも波を捕まえることができるので更に上達間違いなし。

というわけで、いくらパドルをしても波に置いていかれちゃう。
そんなロングボード初心者は、もう一度キャッチザウェーブを見直してみるといいと思いますよ。

あ、もちろんロングボードレスキューのスクールではその辺のことジックリレクチャーしてますので、ラクしてうまくなりたい人は是非一度参加してみてくださいね(笑)





byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

夏のサーフィンに必須のアイテム!!

日焼け止めが自作できるって知ってた?

夏ですわ。
お肌はすでに真っ黒けですが、それでもマメに日焼けどめ塗らないと次の日調子悪い。

なのになぜか日焼けどめのお値段は少々高め。
100均に売っていてくれればいいなと思いつつも、安いのないかなとGoogleで検索。

見つけちゃいました。
究極の日焼けどめ。

http://www.google.co.jp/m/search?oe=UTF-8&client=safari&hl=ja&q=日焼け止め+手作り&ei=EX4TTujlNI6wkgWeyomuAw&ved=0CEQQ1QIoBg

なんせ自作ですよ。
まだやってないけどやって見る価値ありそうですw


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

夏のサーフィンに必須のアイテム!!

日焼け止めが自作できるって知ってた?

夏ですわ。
お肌はすでに真っ黒けですが、それでもマメに日焼けどめ塗らないと次の日調子悪い。

なのになぜか日焼けどめのお値段は少々高め。
100均に売っていてくれればいいなと思いつつも、安いのないかなとGoogleで検索。

見つけちゃいました。
究極の日焼けどめ。

http://www.google.co.jp/m/search?oe=UTF-8&client=safari&hl=ja&q=日焼け止め+手作り&ei=EX4TTujlNI6wkgWeyomuAw&ved=0CEQQ1QIoBg

なんせ自作ですよ。
まだやってないけどやって見る価値ありそうですw


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

片貝漁港で朝イチサーフィン

2011年7月2日土曜日

前日の太東でなんだか調子よかったので、朝イチでまた海へ。
風もなく時間もなかったので、ウチから30分の片貝漁港へGO。

夜明けには間に合わなかったけど、5時には到着。
すでに10人ほどのサーファーがw
さすが片貝www

時々入るセットの波はコシハラのクリーンフェイス。
前日の太東で調子良かったノーズライドもここではイマイチ。
やっぱり優しい波は苦手みたい・・・

何度か繰り返してアタックしていくうちに、徐々に波と合ってきてなかなか気持ちいいサーフィンになってきた。

この日は時間がなかったので、2時間でおしまい。

んで片貝漁港で思ったんだけど、やっぱりロングボード初心者増えてきたな・・・
一生懸命波を追いかけるんだけど、なかなかテイクオフできない様子。
というより、乗れる人が先に乗っちゃうので乗れないという感じ。

もっと空いてるところに行けばいっぱい練習できるのに、なんだかもったいないですよ!

私は隣の作田なんかで練習してました。
ビギナーにはオススメです。
だって誰もいないんだもん。

これからどんどん人も増えていく海。
事故のないように楽しくやりましょね!



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter