4月10日「もっかい飯岡で」チャリティースクールやります

2011年3月31日木曜日

Twitterやメルマガでもお伝えしているように
4月10日「もっかい飯岡で」チャリティースクールを開催します。

千葉県でもっとも被害の大きかった旭市を支援したい!
もっかい飯岡でサーフィンしたい!
そんな思いで、スクールをやって、皆様からお金をいただいて、旭市に送って、飯岡の人たちに元気になっていただこう。
と、こんなキモチで始めたイベントですが、スケジュールまとまってきました。

■場所ー片貝海水浴場
■時間ー9:00~14:00
■会費ー¥3000(保険加入希望の方は別途¥500)

当日はゲストインストラクターによるスクールはもちろん、ハミルトンサーフボードの誇るヘンテコボードの試乗会。
それに加えて、普段はなかなか見られないフィンのテンプレートの紹介。
さらに、コンテストロングボーダーによるデモンストレーション。

⇧これ決定してます!

さらに予定では、茨城県栽培しているで有機野菜の販売もあるかもしれません。

もっと詳しいことが決まり次第またお知らせさせていただきます。

相馬 政朗




このシングルフィンもやってくる予定です

2011年3月30日水曜日



このシングルフィンも登場予定です

4月10日 このボードがやってきてくれます

こんにちは。 4月10日のチャリティースクールですが、ハミルトンサーフボードから他ではなかなか乗ることのできないボードがやってきてくれることになりました。「変な板」でこのブログでも紹介したことがありますが、愛称「股割れちゃん」。このボードに試乗することが出来ちゃうんですよ!ま、乗りこなせれば、の話ですが・・・

ゲストインストラクターのコウジ君



着々と準備中のチャリティースクールですが、ハミルトンサーフボードからシェイパー&テストライダーの「コウジ君」が来てくれることになりました。コウジ君は、ハミルトンサーフボードのフィンを担当しているわけで、ボードについて語らせたらもーナカナカ止まんない・・・ そんな彼も、飯岡フリーク。すんなり協力してくれることに。当日は、デモンストレーション&スクールインストラクターとして動いてくれます。しかも、ハミルトンサーフボードからボードを提供していただいて、「ボードが違えばここまで乗り方が変わっちゃうんだ」ということを語ってもらおうと思います。 ハミルトンサーフボードの冠が付いていますが、他のボードもかなり乗りこなしているコウジ君。ホンネで色々教えてくれると思いますよ!!

トロイ波と早い波をどうやって見極めるか。テイクオフ成功率アップにゃこれは欠かせないのです。

2011年3月28日月曜日

トロイ波と早い波をどうやって見極めるか。テイクオフ成功率アップにゃこれは欠かせないのです。

久々にツイッターでご意見を頂戴しました。
「トロイ波と、早い波の違い」
結論から言うと、

トロイ波=波の斜面にそれほど角度がついていない波。
早い波=波の斜面の角度が急になってくる波。ホレた波。

という感じです。
あくまでざっと書いてみたんですが、これ、けっこう重要なんですよ。

というのも、波質の違いでテイクオフのためのパドルをスタートさせる位置が違うからなのです。

トロイ波ではポケット自体が広くて、ロングボードであれば、少しポケットから外れていてもテイクオフできちゃいます。
ボードが滑り出してからの距離が長いので、自ずと波を捉えることの面積が広くなる。そんなイメージです。

対して、早い波は、ポケット自体が狭く、角度がついているためにテイクオフの動作も早くしなければいけません。
もたもたしてたら、パーリングしてしまうからです。
ズイっと押されたらすぐに立ち上がって滑り落ちて行く感じです。
初心者ロングボーダーはたいてい、こういう波が苦手なようですが、スピードがついて滑っていけるのは、どちらかと言うと早い波。

私も早い波のほうが好きです。
ぐわーっと迫ってきて、スコッとテイクオフ。そのままレールをセットしてノーズに行って突っ走る。
これ最高に気持ちいいんですよ。

トロイ波だと、こうはいきません。
テイクオフはゆるーく、しっかりボトムターン、そんでもってカットバックやらで波を捉え続けて、インサイドの早いセクションで突っ走る。

ロングボードっぽいかもしれませんが、なんだかめんどくさいんです(笑)

千葉ではポイントによっても波質が全くちがってきます。

具体的なポイント名を挙げると

片貝漁港や椎名内は典型的なトロイ波。
対して早い波の代表的なポイントは、飯岡のメインや鴨川、和田方面。
こんな感じです。

さて、自分が好きな波はトロイ波か、それとも早い波か。
一度じっくり考えてみるのもいいかもしんないですね!

では!

※引き続きTwitterフォローミー!
@longboardrescue
どうぞよろしくお願いします。


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

楽チンテイクオフのコツは波のポケットにあるのです!

楽チンテイクオフのコツは波のポケットにあるのです!

前にも書きましたが、うねりからのテイクオフの最大のポイントは、波のピークではなく「波のポケット」をいち早く見つけるということです。

波のポケットというのは、波の中で一番パワーのある部分のことです。

さて、ここでロングボード初心者の勘違いが顕著になるのですが、ピークとポケットは全然違います。

「波のピーク」と波の一番高くなった部分。「波のポケット」とはいったいどこが違うのか、それには波のある特徴を理解する必要があります。

■波はまっすぐやってこないのだ

当たり前ですが、波は沖から岸に向って押し寄せてきます。でもね、決してまっすぐ進んでくるわけではないということは知っておいてください。

もっかい書きます。沖から波がやって来たとしても、その波はまっすぐ岸へ向かって進んでくるわけではありません。

たいていの波は、斜めにやってきます。

■波がまっすぐ来ないということは、ポケットの位置もずれるってこと!

さて、斜めにやってくる波に対して、どうやってアプローチするかということがテイクオフの成功率に大きく関わってきます。
簡単に言うと、自分の波待ちをしているラインナップにおいて、波のポケットができる場所を予測して移動する。
チョットややこしいですが、波のピークを追いかけるのではなく、ポケットを探してそこに陣取ればいいのです。
そんでもって、それこそが、うねりからのテイクオフを成功させる最大のポイントなのです。

■ピークを追いかけちゃだめな理由
このときにピークを追いかけてしまうとなぜだめなのか?
それは、ピークは横方向へずれてしまうので波のポケットを外してしまうことになっちゃうから。
ではピークに沿ってパドルを開始すればよいのかというと、ポケットに当たったときにボードが斜めに傾き、テイクオフに必要なスピードをロスしてしまうことになるので、これまた波に乗り遅れてしまう原因になっちゃうわけです。

初心者がうねりからのテイクオフに失敗する原因に、波に取り残されるということがありますが、それはピークを追いかけるあまりに、ポケットまで移動する、という行為ができていないためでもあります。

うねりに取り残されないためには、波のパワーをボードに伝えればよいのです。

そして、ボードにパワーを伝えるには、ボードを波のパワーのある部分にセットすることが必要です。

それが波のポケットなのです。
上手く波のポケットにボードをセットすることができれば、パドルはそれほど必要ありません。ほんのふたかきもすればボードは確実に前に進んでくれます。

それは波のポケットがボードのテールを確実に押し上げてくれるからです。
波のポケットを意識しないまま闇雲にパドル力に頼ることは上達するのに遠回りです。

うねりからのテイクオフには
波のピークより
波のポケットを察知する。
このことを理解できればうねりに取り残されることは激減します。

ということで、一生懸命パドルしてもなかなかテイクオフがうまくできない!そんなロングボード初心者は、まずは自分の波待ちポジションを見直してみましょうね。



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

たくさんのメッセージありがとうございます!!

2011年3月26日土曜日

みなさま


おはようございます。



ロングボードレスキューの相馬政朗です。



昨日お知らせしたスクール再開についてのメルマガですが、お陰さまで大勢の方からメッセージを頂きました。

夜遅くの配信にもかかわらず、いろんな励ましのメール。



中には、来月から福島に転勤される方や、お知り合いの方の安否がまだわからない方、それと全くはじめてメールをくださった方。

そして、いつもスクールに足を運んでくださっている方々。



みなさん本当に感謝です。



チャリティースクールについてはまだまだ白紙の状態ですが、もし、これを読んでくださった方の中で「こんなことやってくれ」「サーフィンのこんなこと聞きたい」などがありましたら、どんどんメールで送ってください。



メールアドレスは

longboardrescue@gmail.com

まで

24時間いつでも大丈夫です。



チャリティーサーフィンスクールについては、決定次第メルマガとブログでお知らせさせていただきます。

これからもどうかよろしくお願いします!



相馬政朗



追伸

ツイッター復帰します。

@longboardrescue

ぜひフォローしてください(今年はシモネタ封印予定です・・・)

サーフィンスクール再開&チャリティースクールのお知らせです

2011年3月25日金曜日


皆様今晩は。
ロングボードレスキューの相馬 政朗です。

今日はロングボードスクール再開のお知らせです。

震災の被害がどれほどの規模になるか、いまだにわからない状況ですが、幸いにも私は無事にいることができました。

いまできること、それを考えた時に頭に浮かんだのは、やっぱりサーフィンです。

飯岡も椎名内もサーフィンするには程遠い状況ですが、できるところでスクールを再開したいと思います。
そして再開したスクールで皆さんからいただいたお金を少しでも被災地に送ること。
それが今自分にできる支援なのかな、って思ってます。

スクール再開は4月10日を予定しています。
再開最初のスクールは、飯岡の復興を支援するための、チャリティーサーフィンスクールとして、大勢の人にきていただきたいと思います。
まだ調整中ですが、私のボードを作ってもらっている「ハミルトンサーフボード」にも協力してもらって、ボードの試乗会なんかも考えています。

もちろんスクールもやります。
ビデオも撮影します。
そして、旭市に送るための義援金も集めたいと思っています。

昨日思いついたことなので、まだどうなるかわかりませんが、とりあえず4月10日は空けておいていただけると嬉しいです。

このメールを読んでいただいた方の中で
「参加してもいいぞ!」という方がいらっしゃったら、メールをいただけるとやる気がでます。

メールアドレスは
longboardrescue@gmail.com

まで。
メールの本文に「イイね!」と書いてくれると嬉しいっす。
どうかよろしくお願いします。

3月25日
相馬 政朗

追伸
YouTubeで旭かんぽ前のポイントの様子をアップしています。
「longboardrescue」で検索すると出てくると思います。このあいだ見てきた状況と、二年前の同じポイントでのサーフィン、両方を収めたビデオクリップです。是非ご覧になってください。



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

小波攻略の最大の秘訣は波チェックなのだ!

勘違いしている初心者が多いようなので、今回は小波の攻略法を書いてみます。

■小波攻略の最大の秘訣は波チェックなのだ!

意外かもしれませんが、小波攻略の最大の秘訣は波チェックにあるのです。
パドル力が足りないとか、ボードが悪いとか、そんなことは二の次。
まずは波チェック。極めてください(笑)

では具体的になにをみていくのか。

波のポケットがどこに発生しているのか?

これです。

■とりあえず波のポケットがわからないと
波のポケット、スクールでよく使う言葉なんですが、要は波の中でもボードを一番効率的に押し出してくれる部分のことです。

これから入ろうとするポイントで、ポケットを発見できるかどうか。
これでほぼ決まってしまいます。
小波の場合はポケットを確実に捕らえることができなければたとえロングボードといえどテイクオフは難しいのです。


うまくポケットを見つけることができたら、波の向きをよく観察して無駄なパドルをなるべくしないこと。

小波では普段よりもさらに少ないパドルでテイクオフすることを意識したほうがうまくいきます。
ほかのサーファーと同じタイミングでパドルを開始するのではなく、少しタイミングが遅れてもかまわないので、しっかりと見極めること。
よーく覚えておいてくださいね。

もし、上手くポケットにはまったら、ボードのテールが持ち上げられるのと同時に、両手パドルで思い切りボードを前に送ります。
視線をノーズに向け、胸の少し上あたりに重心を集中させてボードが左右にぐらつかないようにバランスをとります。
ボードをぐらつかせないのはどんな波においても基本ですが、特に小波で波自体にパワーがないので、ほんの少しのボードのぐらつきがスピードロスにつながってしまいます。

もし胸を反らすことができるようになってきたら、ボードの上に腹ばいになってからも、ぎりぎりまで波をチェックします。波が近づいてきたのを確認したら、最初はゆっくりパドルしてボードを進めます、そしてテール部分が持ち上げられるのと同時にパドルの動作を大きくして、ノーズの方からテールに水を送るようにします。
最後のパドルはだいたい1、2回が目安です。
もしこれ以上パドルしないとスピードがつかないのであれば、ポケットを上手く捕らえていないと言うことになります。

■なんだかテイクオフの確率が下がったなーと感じたらどうするか

波が変化して最初はうまく乗れていたのに急に乗れなくなったら、波自体が変化している可能性があります。
原因としては潮まわりが考えられます。
潮が動き出した為に波が変化する事はよくあります。
ポイントによってですが、干潮から満潮にかけて若干並みのサイズが上がることが多いようです。
サイズが上がると、ビーチの地形によって波のブレイクポイントがかなり変わってきます。
砂浜の地形というのはなめらかなスロープを描いているわけではありません。
波というのは、球状のエネルギーが浅い場所に当たってブレイクすることで起きる現象ですから、見かけ上のサイズが同じでも波のエネルギーが大きくなれば、それまで割れていたポイントよりも深いポイントで波がブレイクする事になります。

今までブレイクしなかったところが、時間と共にブレイクし始めるのはそこがブレイクする波が入り始めたと考えて間違いありません。

ただ、海の上ではブレイクの移り変わりをチェックすることが難しいので、一度あがってポイントをチェックし直すのがセオリー。

早く変化に気づいて改めてポイントに入り直せば、混雑しているポイントでも波を独り占めにすることができます。(すぐに人がよってきちゃいますが・・・(笑)

余談ですが、地元のサーファーは時間帯や潮周りによって起きる変化をよく知っていますから、ローカルたちの波待ちポイントをチェックしていてもだいたいの変化を感じ取ることができます。

ということで、小波の時の波チェック。
けっこう大事なんですよ!

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

震災で自粛していた携帯の波情報が再開!

2011年3月23日水曜日

震災で自粛していた携帯電話の波情報が各社再開されました。

私はBCMを利用していますが、再開については素直に歓迎したいと思います。

というのも、サーフィンを自粛するかどうかというのはサーファーそれぞれが判断すればいいだけで、それを波情報サイトが有料にもかかわらず情報を提供しないというのはなんだか不健康な気がしていたからです。

震災のことで自粛ムードが広がっちゃってますが、ここはなんとかサーフィンで元気を出したい!
元気を出して、また明日からしっかり仕事をして、それでもって被災された方々に何か少しでもプレゼントする。

それでいいんだと思います。

ネットでは、この状況でサーフィンする人たちに批判の声があがっていたようですが、まずは自分たちが今まで通りの生活に早く戻る。
サーフィンが日々の生活の一部になっている人も多いと思います。
人の目が気になるかもしれませんが、サーフィン、そろそろ再開してもいいのでは!
と思った次第です。

※飯岡周辺のポイントについて
このブログでも書かせていただきましたが、飯岡周辺でのサーフィンは、まずは地元の人達の生活が再興されてから!飯岡や椎名内の海岸ではテトラポットが散乱している状況でサーフィンどころではありません。ロングボードスクールでも飯岡の各ポイントにはとてもお世話になっていました。
被害を受けた方々が少しでも早く、もとの生活にるためにも、そして少しでも早く飯岡のビーチでサーフィンできるようになるためにも義援金を送ってみませんか?
ほんの少しのプレゼントかもしれませんが、きっといい波に乗って自分たちのもとに戻ってくると思いますよ。
私もスクールで皆様からいただいたお金の中から少しですが、寄付をさせていただきました。
早く飯岡でスクール再開したいですものね!
ありがとうございます!

以下は旭市のHPより引用させていただきました






旭市では東北関東大震災の災害義援金の口座を開設いたしました。旭市災害義援金は旭市の被災者の方々を支援するために使用いたします。


【義援金の受入方法】

1 振込みの場合

 〈郵便局・ゆうちょ銀行〉
・口座記号番号:00190-4-577
・口座加入者名:旭市災害義援金(アサヒシサイガイギエンキン)
・受付期間:平成24年3月30日まで
※振込手数料は免除となります。


〈千葉銀行 旭支店〉
・預金種目:普通預金
・口座番号:3483907
・口座名義:旭市災害義援金(アサヒシサイガイギエンキン)

※次の金融機関本店・支店の窓口での振込手数料は無料となります。但し、窓口以外(ATM等)での振込および他の金融機関からの振込手数料は振込人のご負担となります。


千葉銀行
銚子信用金庫
京葉銀行
千葉興業銀行
銚子商工信用組合
ちばみどり農業協同組合   (順不同)


2 ご持参いただける場合
旭市役所 会計課
電話:0479-62-5335

3 領収書の発行について
銀行窓口等から義援金口座へ振込みしていただいた場合、控えとしてお手元に残る振込金受取書をもって領収書に代えさせていただきますので大切に保管してください。領収書の再発行はいたしません。

4 税法上の取扱い
この災害義援金は、寄付金控除の対象となります。

※悪質な詐欺にご注意を!
市の関係者が個人や企業・団体に個別に義援金を呼びかけることはありません。
電話や訪問等により個別に寄付金や義援金を求めてきた場合には、十分注意してください。

《 お問い合わせ 》


会計課 電話: 0479-62-5335




どうかよろしくおねがいします。

相馬政朗



旭 かんぽの宿の前のサーフスポット


■かんぽの宿のトイレ

まず目に飛び込んできたのが、このトイレの光景です。
ユニバーサルトイレのドアが剥ぎ取られ、中もめちゃくちゃになっていました。
建物そのものはなんとか大丈夫だったようですが、建物の周りがえぐられていました。

サーフィン途中にこのトイレにお世話になった方も多いと思います。


■トイレから駐車場の光景

トイレの次に目に飛び込んできたのがこの光景です。ビデオを撮影しながら海辺に向かったんですが、一瞬目を疑いました。ひん曲がったガードレールが見えると思いますが、その向こうはサイクリングロードになっていて、アルミ製のフェンスが張ってありました。そのフェンスに、ボードを立てかけたり、ウェットスーツやタオルを乾かしたりしていましたが、フェンスはすべて流されてしまったようです。





■フェンスの残骸

フェンスはすべて根こそぎ、といった感じで流されたようです。

ちなみに、海からここまで、堤防の高さが3メートル以上あります。
フェンスの高さは約1メートル。
それを根こそぎ持って行ってしまった津波はいったいどの程度の規模だったんでしょうか・・・


■サイクリングロードの上から

左に見えるのが、かんぽの宿です。
現在は閉鎖中です。
ここから椎名内までの1キロほど初心者向けのサーフィンスポットが続きます。
が、左側の車の通りみちは、堤防の残骸や、フェンスの基石などが散乱していて、ここから先には進めませんでした。

Posted by Picasa

3月18日 飯岡

2011年3月21日月曜日

飯岡方面です














飯岡ですが、一般車両は飯岡荘の先の信号より立ち入り禁止になっていました。
信号から先は、海沿いにお店や民間が立ち並んでいましたが、車からみる限りほぼ壊滅状態。
海岸にも破壊されたテトラポットが散乱している状況です。

飯岡荘の少し南に、海岸に降りることのできるスロープがありましたが、そこは大きく砂がえぐられていて、使用できません。

ビーチに砂は残っていたので、復興すればまたサーフィンできるのできる、と願っています。

3月18日旭市かんぽ前

旭市かんぽの宿の前のポイントです。

通称「かんぽ前」









かんぽ前のポイントは、海沿いに堤防がありました。
堤防にはフェンスが設置されていて、海から上がったあとにウェットスーツを干したりするサーファーの姿が多く見られた場所です。

また、綺麗なトイレが設置されていて、サーフィンしないでも楽しめるポイントでしたが、津波によって全て破壊されてしまいました。

フェンスに至っては、根こそぎ千切られたような形で津波にさらわれたようです。

震災について

2011年3月18日金曜日

ロングボードレスキューの相馬政朗です。

大地震から一週間が経ちました、皆様はご無事でしょうか?
千葉では飯岡方面が多大な被害を受けてしまいました。
いつも海に向かう途中で見かけた食堂、サーフショップ、旅館、そしていつもウェットスーツが干してあった家。

海沿いにあったものが破壊された光景をテレビで見て、ショックを受けました。
「自分にできることは何なんだろう・・・」
ってことをくよくよ考えて、あっというまに一週間が経ちました。

が、今日から気持ちを入れ替えることにします。

きっかけは、テレビで少しだけ映像に写りこんだ飯岡の波です。
いつもと変わらずきれいに割れていた波を見て、いつまでも凹んでいる自分が情けなくなりました。

もちろん、津波に巻き込まれた方々を思うと胸が締め付けれられます。

ですが、「自分に出来ること」を考えたときにやっぱりサーフィンしかないんです。

今は被災して、自分の生活を守ることでやっとのサーファーがいます。
そんな人達がもう一度、海に行けるように。
もう一度サーフィンできるように。

それを少しでもサポートするために、自分に何が出来るのか、真剣に考えてみようと思います。
自分にできることをやってみようと思います。

スクールは当分無理ですが、他にも何かできるはず。
この状況でサーフィンなんて、という批判があるのは覚悟しています。
でも、私はサーフィンから多くのことを学んできました。
海から、いろんなことを教わって、今の生活があります。

明日、一人のサーファーとして海を見てきます。
災害地域に行けるかどうかはわかりませんが、見てきます。
今のビーチを見るのはとても怖いんですが、今まで遊ばせてもらったところがどうなっているのか。
自分の視線で見てこようと思っています。

最後に
被害に遭われた方々。
心よりお見舞い申し上げます。

そして今現在、避難されている方、どうか頑張ってください。

相馬 政朗
2011年3月18日



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

震災について

ロングボードレスキューの相馬政朗です。

大地震から一週間が経ちました、皆様はご無事でしょうか?
千葉では飯岡方面が多大な被害を受けてしまいました。
いつも海に向かう途中で見かけた食堂、サーフショップ、旅館、そしていつもウェットスーツが干してあった家。

海沿いにあったものが破壊された光景をテレビで見て、ショックを受けました。
「自分にできることは何なんだろう・・・」
ってことをくよくよ考えて、あっというまに一週間が経ちました。

が、今日から気持ちを入れ替えることにします。

きっかけは、テレビで少しだけ映像に写りこんだ飯岡の波です。
いつもと変わらずきれいに割れていた波を見て、いつまでも凹んでいる自分が情けなくなりました。

もちろん、津波に巻き込まれた方々を思うと胸が締め付けれられます。

ですが、「自分に出来ること」を考えたときにやっぱりサーフィンしかないんです。

今は被災して、自分の生活を守ることでやっとのサーファーがいます。
そんな人達がもう一度、海に行けるように。
もう一度サーフィンできるように。

それを少しでもサポートするために、自分に何が出来るのか、真剣に考えてみようと思います。
自分にできることをやってみようと思います。

スクールは当分無理ですが、他にも何かできるはず。
この状況でサーフィンなんて、という批判があるのは覚悟しています。
でも、私はサーフィンから多くのことを学んできました。
海から、いろんなことを教わって、今の生活があります。

明日、一人のサーファーとして海を見てきます。
災害地域に行けるかどうかはわかりませんが、見てきます。
今のビーチを見るのはとても怖いんですが、今まで遊ばせてもらったところがどうなっているのか。
自分の視線で見てこようと思っています。

最後に
被害に遭われた方々。
心よりお見舞い申し上げます。

そして今現在、避難されている方、どうか頑張ってください。

相馬 政朗
2011年3月18日



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボード初心者にはシングルフィンがオススメなのです。

2011年3月11日金曜日

ロングボード初心者にはシングルフィンがオススメなのです。

ロングボードレスキューのサーフィンスクールにきていただいている方に、共通してアドバイスすることがあります。

それは、ボードのサイドフィン、スタビライザーとも言いますが、それをはずしてシングルフィンのボードとして練習してみてください。
というアドバイスです。

シングルフィンにしてもらう理由は、ロングボードの安定性が大幅に向上するからです。

サイドフィンをつけると、確かに曲がりやすくなります。ボードのテール部分がスライドしやすくなるからです。
スタビライザーが、センターフィンに当たる水の抵抗を和らげてくれるからです。
実際に乗り比べるとわかりますが、スタビライザーをつけたロングボードはテール部分を軽く踏んだだけでターンできちゃいます。
小さい波ならほんの少し踏むだけで「キュッ」と曲がってくれちゃいます。

曲がってくれるのはいいんですが、ロングボード初心者にはこれが邪魔なのです。
軽い力でボードが反応するってことは、サーファーが意図しない動作にも反応しちゃうってことです。

少し足の位置がテールよりだっただけで、曲がっちゃいます。
そうするとどうなるのか?
曲がろうとしてないのに、ボードだけは素直に曲がってくれますから、身体はバランスを崩してボードからどボン・・・

これを解消するのに一番手っ取り早いのは、サイドフィン(スタビライザー)をはずしてしまうことなのです。

ボードをあえてターンしにくいセッティングにすることで、ターンしやすくなる。

なんだか禅問答みたいですが、とりあえずやってみるのは簡単なので、是非試してみてください。

実はシングルフィンにすることの効果は、テイクオフにも発揮されます。

テイクオフについてはまた改めて説明させて頂きます。



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボード初心者にはシングルフィンがオススメなのです。

ロングボード初心者にはシングルフィンがオススメなのです。

ロングボードレスキューのサーフィンスクールにきていただいている方に、共通してアドバイスすることがあります。

それは、ボードのサイドフィン、スタビライザーとも言いますが、それをはずしてシングルフィンのボードとして練習してみてください。
というアドバイスです。

シングルフィンにしてもらう理由は、ロングボードの安定性が大幅に向上するからです。

サイドフィンをつけると、確かに曲がりやすくなります。ボードのテール部分がスライドしやすくなるからです。
スタビライザーが、センターフィンに当たる水の抵抗を和らげてくれるからです。
実際に乗り比べるとわかりますが、スタビライザーをつけたロングボードはテール部分を軽く踏んだだけでターンできちゃいます。
小さい波ならほんの少し踏むだけで「キュッ」と曲がってくれちゃいます。

曲がってくれるのはいいんですが、ロングボード初心者にはこれが邪魔なのです。
軽い力でボードが反応するってことは、サーファーが意図しない動作にも反応しちゃうってことです。

少し足の位置がテールよりだっただけで、曲がっちゃいます。
そうするとどうなるのか?
曲がろうとしてないのに、ボードだけは素直に曲がってくれますから、身体はバランスを崩してボードからどボン・・・

これを解消するのに一番手っ取り早いのは、サイドフィン(スタビライザー)をはずしてしまうことなのです。

ボードをあえてターンしにくいセッティングにすることで、ターンしやすくなる。

なんだか禅問答みたいですが、とりあえずやってみるのは簡単なので、是非試してみてください。

実はシングルフィンにすることの効果は、テイクオフにも発揮されます。

テイクオフについてはまた改めて説明させて頂きます。



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

3月7日、飯岡信号下ポイントでサーフィンスクールをやって来ました。

2011年3月8日火曜日

3月7日、飯岡信号下ポイントでサーフィンスクールをやって来ました。

今月最初のサーフィンスクールを、飯岡でやってまいりました。
雨も風もすごい中でしたが、気温は少々高め 。
んでもって、飯岡信号下ポイントはノーバディサーフ!!
つまり貸し切り!




波のサイズはヒザ~コシ。
フェイスクリーンの絶好のスクールコンディション。
ただし雨・・・・

この日の生徒さんは、今回で2度目のロングボードレスキューとなる「セキクン」。
25歳のヤングガイです。

今回のスクールテーマは前回に引き続き「テイクオフ」。
セキクンはスキムボードをやっていたせいか、立ち上がってからのボードさばきはお手のもの。
ナノで、テイクオフさえ決まればかなりのライディングを見せてくれるはず。
ところが、テイクオフがうまくいかないのです。

理由は2つ。
・波の選び方がわからない
・ボードの上でのポジショニングが決まらない

たったこれだけ?って感じですが、テイクオフではここがしっかりできていないと、後々かなり苦労します。

波の見方に関しては、自分で見極められるように、基本的な波チェックを教えて経験を積んでもらいます。
ボードの上でのポジショニングは、細かくチェックした上でしつこいくらいにアドバイス。

これでだいたいイケちゃいます。

ちなみに、ボードの上でのポジショニングは過去logを探していただけるとすぐに出てきますので、是非御一読を。

ところで、セキクン、このクソ寒いなかでノーブーツ&ノーグローブ。
若さって偉大だなー・・・

では!



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

2月27日、一宮でロングボードスクールをやってきました。

2011年3月1日火曜日

2月27日、一宮でロングボードスクールをやってきました。

一宮でサーフィンスクールです。
日曜日で混雑している一宮でのサーフィンスクール。
なにも混雑しているところに行かなくてもいいじゃん、って感じですが、南西風ビュービューで一宮か太東しか出来なさそうだったんですよ!

今回の生徒さんは、ロングボードレスキュー2回目となる「カズー」さん。








前回は、飯岡ですスクールでちょいとビッグウェーブだったのですが、今回はなんとかなる感じ。

んでもって、カズーさん。
テイクオフがイマイチ決まらないんです。
どうしてもパーリングしちゃいます。

そんなカズーさんの改善点は2つ。

一つ目は波のチョイス。
もう一つはボードの上での身体のポジション。

この日は海の中で流れが発生していて、あっという間に一番いい位置から外れちゃってたので、それに気づいてからはだいたいオッケ~に。

もう一つのボードの上でのポジショニングは、本人も気づいていないなかったところをいくつか指摘すると、テイクオフの成功率もかなりアップしました。
指摘したのは、下半身の使い方と、パドルのときの視線。

ほんのちょっとしたことなんですが、ちょっとしたことほど自分ではなかなか気づかないのですよ。

これはスクールにきてくれる方ほとんど全ての方に言えるんですが、サーフィンがうまくならない理由は、「自分がなにをやっているのかわからない」から。
ここに気づけば、サーフィンは必ずうまくなると思いますよ!

自分のウィークポイントを発見する方法としては、自分のサーフィンしている姿をビデオに撮って確認するのが確実。
もし、セルフ撮りが難しければロングボードレスキューのスクールにきていただければ、なにか参考になるアドバイスも出来ると思いますので、是非!

では!



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter