ハミルトンカスタムサーフボードでボードをオーダーしちゃいました。

2010年12月31日金曜日

ハミルトンカスタムサーフボードでボードをオーダーしちゃいました。

▼続きはこちらから!
Blogロングボード初心者の道具選び

byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ハミルトンカスタムサーフボードでボードをオーダーしちゃいました。

ハミルトンカスタムサーフボードでボードをオーダーしちゃいました。

あけましておめでとうございます。

と言っても、これを書いているのはまだ大晦日(笑)
今夜は職場でお泊りなわけでして、夜ちょこっと抜け出して、ハミルトンカスタムサーフボードにやってきました。

一年のご挨拶にと思って立ち寄ったんですが、何故かニューボードをオーダーしちゃいました(笑)

だって、欲しくなっちゃったんだもん。
短いの。

ロングボードレスキューのスクールにきてくれたヒトミサマが乗っていた、ちょいと短めのロングボードがえらく気になっちゃってしまっていまして、つい。

まあ、長さと幅決めて、あとはいつものように、シェーパー福田のナスがままに(笑)

シェーパー福田のことをご存知の方はあまりいないとは思いますが、へんてこなボードを作っては、マジックボードに仕立て上げちゃう、とんでもないおっさんなのですよ。

完成する予定のボードは
長さ約8フィーと
幅20インチほど

厚め
重め。

こうやって書くとなんともいい加減ですが、それでええのです。

出来上がったらまたレポートさせていただきやす。

ではまた!




byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボードレスキュー的初日の出サーフィンポイントガイド

初日の出サーフィンに行ってみたいものです

のっけからすいません。
ご存知の方も多いとは思いますが、私、ソウママサオはホテルマンでもあるわけです。

当然、土・日曜、ゴールデンウィーク、お盆、お正月、なんてぜーんぜんカンケーありません。

その分平日の空いている海でサーフィン出来るのですが、ただ一つうらやましいのは「初日の出サーフィン」ができないことなのです。

一度でいいから、初日の出を波の上で迎えてみたいなー・・・
と思っちゃう大晦日。

というわけで、ロングボードレスキューの皆様には私の代わりに初日の出サーフィンを満喫して頂きたいっ!!
んでもって、千葉の初日の出ロングボードポイントはここだー!

■太東
ソウママサオ的には千葉北で一番日の出の似合うポイントNo.1が、太東でやんす。
激混み必至ですが、サーフィンそっちのけでも行く価値あり。
波待ち正面から迎える初日の出は一見の価値アリなのですぞ。

■一宮
ここも日の出の似合うポイントランキング高いっす。
一宮でもメインではなく、一番北側のテトラのあるポイント。
ここが比較的空いててオススメなのです。
ロングボードに向いた波質も◎good!!

■豊海
片貝から少し南に下ったところにある豊海ポイント。
広大な九十九里のビーチが展開するおかげで、初日の出を迎えるには絶好のポイントなのですよ。

波は掘れた波が多いですが、ロングボードでもそれなりにサーフィンできます。
駐車場もきれいで、シャワー付き!!(水だけど・・・)
有料道路おりてすぐなので、アクセスもよし!
一度訪れてみることをオススメしますよー

■最後に飯岡(笑)
最後になりましたが、おなじみの飯岡(笑)
若干サイド気味に初日の出を迎えることになりますが、人も少なく落ち着いた空気がロングボーダーを迎えてくれるはず。
ただね、寒いんです(笑)
飯岡は車をビーチまで乗り入れられるので、車の中で初日の出、これもアリ。

■2010年大変お世話になりました!!
今年もあっという間に大晦日。
毎年おんなじセリフを言ってる気がしますが、もうおっさんなのでしょうがありません(笑)

何はともあれ、今年はいろんな生徒さんとたくさん出会えたことに感謝!!

アホみたいなブログを見ていただいて、面倒なメルマガにも登録して頂いて、ホントーに感謝ですっ!!!!

来年も皆様にはお世話になると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

ではまた!!

相馬 政朗



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボードでターンできない理由

2010年12月30日木曜日

ロングボードでターンできない理由

ロングボードレスキューのサーフィンスクールに来てくれる生徒さんの中で一番多い悩みの一つに

「ターンできない」
というのがあります。

ターンできない理由は、ただ一つ。
「ターンする条件が整えられない」
これに尽きます。

ロングボードは曲がるきっかけを作ってやれば勝手に曲がります。
では曲がるきっかけはどうすれば作れるのか。

■ボトムターンする前にやらなくちゃいけないこと

ターンする前に、やらなくてはいけないこと。
それは、安定したテイクオフです。

テイクオフのときにボードがグラグラしているようではターンはできません。

誤解を招く様な書き方ですが・・・
テイクオフのときに立ち上がってはいけないのですよ。


どういうことかともうしますと、立ってもいいけど、体が伸びていてはいけないのです。ってことです。
この違いは大きいです。
雲泥の差です。

テイクオフしたら、シャキーンと身体が伸びてしまう。
これをやめて欲しいのです。

まずはテイクオフのときに、少ししゃがみ気味でボードを安定させること。

よーく覚えておいて下さいね。

もし、しゃがみ気味、っていうのが難しかったら、いっそのことしゃがんでしまいましょう。

これができたら次のステップは、多分簡単なず・・・

■ボードに乗ってあちこち見てみよう

テイクオフして、ロングボードが滑り出す。
そしたらあちこち見てみましょう。

と言ってもそんな余裕ないですよね。

それなのです。
あちこち視線を向ける余裕。

これがターンできない最大の理由です。

テイクオフしたら、まずしゃがんで、余裕を作っちゃいましょう。

余裕ができて初めて、雑誌なんかにも書いてある
「視線の移動こそがターンの秘訣だ!!」
ということの意味がわかるはずです。

いわゆる目からウロコってぇやつ(笑)!!

あちこち見ることができ始めたら、しめたものです。
自分の進みたい方向をしっかり見据えるだけで、自然と身体はターンの体制に入ります。

ということで、ターンする前の「よゆう」。

余裕がなければ、曲がれません。

ではまた!!


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

パドルはロングボードが暴れないように静かにね

2010年12月12日日曜日


■パドルはロングボードが暴れないように静かにね
ここまでできていたら、小さい波でも置いていかれることはなくなるはずです。
もしそれでもダメなら、次に疑うのはパドルです

静かにパドル。
静かに静かにパドル。

決してジタバタしてはいけません。

パドリングのときは、ノーズの状態をチェックしながら静かに水をかいてほしいのです。

ロングボードの脇に浮かんでるグレープフルーツを掴んで、後ろにゆっくり送り出す。
こんなイメージでやってみましょう。
深くかくパドリングよりも、浅くても長いパドリング。
せっかくのロングボードなのでゆったりとした気分でやってみて下さい。


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

テイクオフの成功率を上げるボードポジション

テイクオフの成功率を上げるボードポジション

メルマガで書いたボードポジションについての続きです。

正しいポジションが理解できたら、波に合わせてポジションを少しずらしていくことをマスターしましょう。

■厚い波は前の方へ、速い波はニュートラルで、ほれた波は後ろの方へ、乗る!

基本的に
厚い波は前の方へ
速い波はニュートラルで
ほれた波は後ろの方へ

これが基本です。

といっても、最初は波の判断なんてできるわけないです。
なので、なんでもかんでも前の方へ重心を持って行きましょう。

パーリングしやすくなりますが、波を捉えることの方が百倍くらい大切なので、ビビらず練習してみてください。

■ボードの前の方とは?
ところで、ロングボードの前の方とは?
メルマガで書いてあった
「ノーズが水面にピッタリつくまで移動」
これです。

もう一度メルマガでおさらいしてみて下さい。

このポジションが、「ボードの前の方」ということです。
下半身は固定して、なおかつあごはピッタリボードにつける。
これも忘れずにやって下さい。

さて、このポジションのままだと、確実にパーリングしやすくなります。

ではどうするか。

首だけ持ち上げる。
これです。

亀が甲羅から首を出して、ぐい~っと首を持ち上げますよね?
アレです。

こうすることで、下半身に重心が移りパーリングしにくい体制になります。

この姿勢でパドリングするのですが、それでも波に置いていかれる場合は、まずは下半身の状態を疑って下さい。
メルマガで書いた状態になっているかチェックしてみてください。


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

シークレットポイントの見つけ方

2010年12月5日日曜日

サーフィン日記で
「千葉トップシークレットなポイントでサーフィンできました!!&シークレットポイントの見つけ方」
UPしました。

是非!

っていうか最近では最高の波でした。
サーフィン日記はこちらから


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

ロングボードレスキューのサーフィンスクール

2010年12月4日土曜日




ロングボードって気持ちいいですよね。

ビギナーサーファーが抱くロングボーダーのイメージってこんな感じでしょうか・・・
  • 「どことなく優雅でオトナがはじめるスポーツ」
  • 「クラシカルなウェットスーツに身を包んで波との一体感を楽しんでいる」
  • 「長いボードの先でリラックスしてノーズライディング」
  • 「ロングボードならテイクオフも簡単そう!」
と思ってはじめたロングボード。
でも現実は・・・
  • ロングボードをはじめたけどいまいちテイクオフが早くならない。
  • 子供にパドルで追い抜かれてしまった。
  • スープなら乗れるのにウネリからのテイクオフができない。
  • どうしてもゲッティングアウトできなくていつも岸寄りでサーフィンしている。
  • テイクオフはできるようになったけど横に滑っていくことができない。
  • テイクオフのあとすぐにバランスを崩してしまう
  • ショップのサーフィンスクールだとテイクオフできるのに自分一人じゃ・・・

「もしかしてこう思っていませんか?」
  • 練習量が足りないからうまくならない
  • 体力がないからうまくならない
  • 週末サーファーだから練習もままならない
  • 混雑しているポイントだらけ、初心者に波が回ってこない
  • 今のボードが自分に合ってないんじゃないか

じつは

ロングボードが簡単にうまくなる方法はひとつだけです。

自分がつまづいているポイントを



自分に合った練習方法で



自分で理解して



反復練習していく


ロングボードレスキューではロングボード専門のサーフィンスクールを「無料で」開催しています。

セミドライウェットスーツは冬素材のロングジョン&タッぱーっていいかも!

2010年12月2日木曜日

セミドライウェットスーツは冬素材のロングジョン&タッぱーっていいかも!

12月です。
本格的に寒いです。

こないだの飯岡信号下でのサーフィンスクールは、約二週間ぶりの千葉北サーフィンだったんですが、んもーーー寒いっ!

そんでもって水もつめたいっ!!

私は相変わらずの3フル状態。
ロングジョンとジャケットの組み合わせ。

周りがほぼセミドライを着用してるなかでがんばっちゃいました(笑)

■ありそでなかった冬用素材のセパレートウェットスーツ

今まで冬用のウェットスーツといえば、5mmのフルスーツが常識だったんですが、今年はセパレートなウェットスーツも見かけるようになりました。

ロングジョンを冬用のウェット素材で作るとか、ジャケットを起毛素材で作るとか。

確かにワンピースのフルスーツに比べると水は入りやすいですが、それを最新の素材でカバーしてやれば結構いい感じのウェットスーツができるのかも。

■セパレートを冬仕様にしたてあげるのに最適なウェットスーツ生地は
セパレートウェットスーツを冬用にするには素材のチョイスがカギを握ってます。

ウェットスーツ屋としてのおすすめはなんと言っても、
エアフレイム!

冬用の素材としては、今のところ最強に暖かいのがこれです。

とは言え、エアフレイムだと冬しか着れません。
なぜって、暑いから・・・

というわけで、もうヒトつオススメ素材を紹介しておきます。

エアネッスル。

このエアネッスル。冬用の素材としては圧倒的な柔軟性を持っている素材なのです。

あともう一つ。
スピードドライ。

これもオススメです。

今年から来年にかけて、セパレートウェットスーツ。
ブーム到来の予感です。



byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

11月30日飯岡信号下ポイントでスクールをやってきやした!

11月30日飯岡信号下ポイントでスクールをやってきやした!

この日の生徒さんは9月にも来ていただいた「キャッツアイヒトミサマ」

いやもう、寒い中がんばってくれました。
どんくらい寒かったかというと、途中の畑に霜が降りるほど。
外気温2度。
だって!!!

寒いわけですよ。

■上手くなってる!
教えておいてこんなこというのもアレですが、ヒトミサマ上達してました。

9月のロングボードスクールではよけいな波に手をだして必死パドル。
で、乗れない。

この悪循環だったのですが、この日はなんか違うのです。

■ちゃんと波を選んでる。エライッ!
選んだ波はほぼ正解。
なにが正解かっていうと、テイクオフできる波を選んでるってこと。
選ぶっていうのは、手を出さないってことです。

ロングボード初心者にありがちな、なんでもかんでもパドルで押し切ることが少なくなってます。

お年がアレだけにここんとこは結構重要なのです。

■パーリングを恐れてはいけないのですよ
この日のアドバイスは、

もう少しボードの前のほうに乗ること
足を揃えてつま先を立てること
波待ちのポジションをインサイド寄りに移すこと

この三点。

ちょっとパーリングする確率が高いかもしれませんが、ここでびびってはだめです。

波にも置いていかれる。
パーリングもしちゃう。

ダメダメ2つセットの初心者よりも、パーリングオンリーの初心者ロングボーダーのほうが上達は早いのです。

理由は、パーリングだけ気を付ければいいから。
パーリングだけ直せば波に乗れるなら、その方が練習するポイントが絞りやすいのです。

あれもだめこれもだめ 。じゃいつまでたっても初心者のまま。
ということで、パーリングウェルカムじゃあありませんか!

■寒すぎてすいません(笑)
この日はとにかくさむいっ!
寒かった!
そんな中でがんばってくれたヒトミサマ。
ありがとうございました。

これにめげずにまた来て下さいね!
今度は極寒の千葉北でお会いしましょう(笑)


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter