6月のスクールスケジュールを更新しました

2014年5月31日土曜日

遅くなりましたが6月のスクールスケジュールを更新いたしました。

6月もよろしくお願いいたしま~す!

  • 6月4日 (水) 午後の部
  • 6月6日 (金) 午後の部
  • 6月7日 (土) 午前の部・午後の部
  • 6月9日 (月) 午後の部
  • 6月11日 (水) 午後の部
  • 5月12日 (月) 午前の部・午後の部
  • 6月14日 (土) 午後の部
  • 6月17日 (火) 午後の部
  • 6月18日 (水) 午前の部・午後の部
  • 6月19日 (木) 午前の部・午後の部
  • 6月22日 (日) 午前の部・午後の部
  • 6月24日 (火) 午後の部
  • 6月26日 (木) 午後の部
  • 6月27日 (金) 午後の部
  • 6月29日 (日) 午後の部
  • 6月30日 (月) 午前の部・午後の部

お申し込みは2日前までに連絡いただければOKデス

スクールの詳細については下記のWEBサイトにてご確認ください。
LONGBOARDRESCUE WEB

たぶん日本で一番ちっちゃいウェットスーツ

2014年5月22日木曜日

いつもお世話になっている方からの特別オーダーです。
生後6ヶ月からの赤ちゃんスイミングの時に使用するウェットスーツです。

いちおう、全身のサイズを測ってもらってから製作していますが、なにせこのサイズ、しかも赤ちゃん。何度か試作してようやく納品と相成りました。
ちっちゃくてかわいいですが、職人は大変だったようです。

素材は国産の「ウルトラネッスル」という、伸縮率の高い素材を使用しています。
フロントジップには、大人用ではまず使わないサイズのジッパーを使用。
すべてにおいておこちゃまサイズのウェットスーツ。

もしご希望の方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせください。
価格は¥17000~

P3151637P3151643P3151648P3151657

2014年5月18日茨城千葉のウェットスーツ指数のお知らせ

2014年5月18日日曜日

昨日は飯岡でスクールだったのですが、午後からの南風予報が見事に外れ、終始北東ビュービュービューティホーなコンディション。

気温も高く波もそこそこいい感じで楽しめちゃいました。
そろそろバーベキューしたいシーズンですね。

ってことで今週のウェットスーツ指数はこんな感じ

■茨城南部(鹿嶋~波崎)

ウェットスーツ・・・冬用フルスーツ・フルスーツ
やっぱり、水が冷たくなってます。もしかしたらブーツもあった方がいいかもしれません。


■千葉北(飯岡~太東)

ウェットスーツ・・・フルスーツ・シーガル・ロングジョン&ジャケット
天気が良ければロングジョンだけでもいけそうです。


■千葉南(御宿~平砂浦)

ウェットスーツ・・・フルスーツ・シーガル・ロングジョン&ジャケット
南はフルスーツいらないかもしれません。


●その他もろもろ

やっぱり茨城は水温低めです。
夏でもフルスーツが必要なときがあるくらいなので、茨城方面向かう方は準備万端でもいいくらいでっせ。

じいさんたちのサーフィンがすごすぎる「South African Longboard Surf Championships | Final Day Highlights」

2014年5月16日金曜日

ほぼおじいさんたちのサーフィンがすごすぎるビデオの紹介でございます。

South African Longboard Surf Championships | Final Day Highlights

ってことは南アフリカのコンテストなんでしょうけど、出てくる人たちみんなシニアクラス。
それがまぁ乗りまくりでございますよ。

もし将来、自分が年よりになってもサーフィンは続けたいなぁと思っていますが、こんなでか波にチャージするなんてぇのはたぶん無理。だと思う・・・

海でわからないことがあったらなんでも聞いちゃおう

2014年5月13日火曜日

 

昨日は太東でサーフィンしてまいりました。

朝から天気もよく、窓を開けたらまたまた南風。
ってことで、鹿嶋に行こうか太東に行こうかって悩むわけですけど、昨日は久しく行ってなかった太東へ。

火事で焼けた「太東ドライブイン」から海を見てびっくりです。
波もないのにポイントには20人以上のサーファーがごちゃっと・・・
しかもプロサーファーらしき姿もちらほら見えたりして・・・

ちょいと気分が萎えながらも着替える前にもう一回海チェック。
いつも太東で遊んでる人たちが岸でおしゃべりしていたので、すかさず「今日はどうですか~?」って声をかけてみました。

したら、「朝イチはよかったよ~」とか「午後から良くなるんじゃない」とかいろいろ教えてくれるわけですよ。

なんかいいですよね。
こういう他愛もない会話。

いやね、なにが言いたいのかって言うと、最近はインターネットの発達でこういうコミュニケーションを取る人が少なくなってきたような気がするんですよ。
私もこうやって、メルマガやらBLOGやらでサーフィンに関することをちょびちょびお知らせしてるんですけど、やっぱり実際にポイントで遊んでいる人たちとコミュニケーション取るといろんなことが見えてくるんじゃないかなって思います。

特にサーフィンを始めたばかりの人には、何でも聞いてみるってことをオススメいたしますですよ。
ちょこっとわかんないことがあったら、ググってみるんじゃなくてその場にいる人になんでも聞いてみる。
ネットだけじゃ調べられないことも意外と快く教えてくれたりします。

ポイントのこととか。波のイイ時間帯とか。
あと、ボードの事とか。
そこで会話がはずめば混雑した海の中でも波を譲ってくれるかもしれないし、いい波がきたら教えてくれるかもしれないし。
けっこういいことづくめだったりします。

これは私の周りだけかもしれませんが、知らない人から何か聞かれて「んなもんしらねーよ」って答える人はそうそういません。

まったく見ず知らずの人に声をかけるのはナニカと勇気がいるかもしれませんが、まずは「こんにちは、今日は天気いいですねぇ」の一言でOKです。
まずはこっからやってみましょ!
あと大事なのはなんかひとつ褒めてみること。

なんでもいいんですよ。
「ボードかっこいいですね」とか「かっこいいライディングですね」とか「うまいですね~」とか。

見た目が怖そうなオニーサンでもほめられれば悪い気はしないと思うので、さらにいろいろ教えてくれるかもしれません。

というわけで、ネットサーフィンもいいけれど海でのコミュニケーションってもっと大事なんですよ~ってお話でした。

2014年5月10日千葉・茨城ウェットスーツ指数のお知らせ

2014年5月10日土曜日

昨日は茨城県の鹿嶋平井ポイントで遊んでまいりました。
午後から落雷やら、砂嵐やらでえらい目にあってしまいましたが、波もそこそこいい感じで結構面白かったです。
ちょっと意外だったのは、水がめちゃくちゃ冷たかったこと。
私は冬用の3ミリフルスーツで入ったのですが、穴だらけってこともあって(ウェットスーツ屋のくせにってことは置いといてくださいね(・_・;))入ってくる水がつめてーのなんの。
地元のサーファーに聞いてみたら、ここ数日でまた水温下がったとのこと。

なるほど、しばらく南西吹いてましたからね、もしかしたら千葉北も水温下がり気味かもしれません。
念のためブーツ持っていったほうがいいかも。

というわけで今朝は千葉・茨城南部のウェットスーツ指数をお知らせします。

■茨城南部(鹿嶋~波崎)


ウェットスーツ・・・冬用フルスーツ・フルスーツ・ロングジョン&ジャケット
もしかしたらブーツが必要になるかもしれません。

■千葉北(飯岡~太東)

ウェットスーツ・・・フルスーツ・ロングジョン&ジャケット
天候次第でブーツ持っていったほうがいいかも!

■千葉南(御宿~平砂浦)

ウェットスーツ・・・フルスーツ・ロングジョン&ジャケット
お天気が良ければシーガルなんかでもOKですよ

●その他もろもろ

茨城・千葉は南西風が吹くと急激に水温が下がることがあります。
しばらくはフルスーツの準備をしていったほうがいいかもしれませんね。
特に寒がりの方はブーツグローブも念のため準備しておくのがベターだと思いますよ!
では週末サーフィン楽しんでくださいませ!

「The Ductumentary - Full Movie」

2014年5月8日木曜日

今回紹介するビデオアーカイブは「The Ductumentary - Full Movie」

ジョエル・チューダーが主宰する「ダクトテープインビテイション」の模様を収めたビデオのフルバージョン!
42分のクリップにアレックス・ノストやらタイラーハジーキヤンなんかがノリノリでサーフィンしまくってる模様がぎっちりお腹いっぱい。

最近のロングボードのコンテストはどうしても当て込み系というかマニューバー系のサーファーばっかり目立ってるような気がしますが、この「ダクトテープインビテイション」ってのは、そういうバシバシ当て込むサーフィンはやめてもっとスタイリッシュなロングボードをやろうよ!ってコンセプトらしいのですが・・・

いや~もううますぎて何が何だかわかんないですね。
ノーズライディングなのか、ダンスをしてるのか、一体どっち?って叫びたくなるくらいのライディングが次から次へと飛び出してきて、楽しいのなんのって!

スムーズなサーフィンってこういうことなんだよなぁと・・・・

ま、とりあえずビデオをチェックしてため息ついちゃいましょ。

無名のロングボードとの大げさではなくまさに運命の出会い。

2014年5月5日月曜日


先々週のスクールで運命的な出会いがあったのでそれを皆様に紹介しておこうと思います。

運命的な出会いって言っても、きれいな女性に出会ったとか、資金援助をしてくれる初老の男性と出会ったとかそんなんじゃないですからね。

出会ったのはボード。
それもスクールのお客さまが持っていたボードなんですよ。

■重くてフラットロッカーの中古ボード

スクールの予約を受けるにあたって、お客さまからはメールでいろんなことを教えて頂いているのですが、その中に「ボードの交換を検討中」ってのがありまして。
私はさぞかし乗りにくいボードをかってしまったのだなぁと考えていたわけですよ。
しかもボードのスペックは「どこのボードかわからない」って書いてあって、こりゃもう買い替えたほうがいいんじゃーん、なんて勝手に、ほーんとに勝手に考えていたわけですよ。
スクール当日もそれほど期待せず飯岡に向かい、、、っていうかボードの事なんてほとんど忘れかかってたりなんかして。スイマセン。

んでお客さまと合流して、「あ、そういえばボードが合わないとか言ってましたよね~♪」なんて思い出しながらボードを見せてもらうことに。
取り出したボードは、あちこちがクラッシュしたまさに中古のボードらしい中古ボード。
なんでもお知り合いの方から安く譲り受けたようで、その時からほとんどリペアもせずに応急処置だけでしのいできたとのこと。

■見た目は一応クラシックボード

んで、ボードのスペックは9.8ftくらいのちょいと長めで幅は56cmくらい。
レールはクラシカルな50/50。
ボード形状はラウンドノーズのピンテールという最近はあんまり見ない形状をしてます。
それで、手に持ってみたところめちゃくちゃ重い。
たぶん12kgはあるんじゃないかなってくらい重い。
こりゃテイクオフも苦労しそうだなぁ・・・って、そんときは考えてたんですよねぇ。

おまけにボードのブランドもどこかよくわかんないディケールがくっついていて。

見た目は確かにクラシカルな要素が詰まっているのですが、言葉にするのは難しいような、その、あれです。
三流な感じって言ったらあれですけど、そんな第一印象だったのですよ。

そんな感じでたいした期待も持たずにいざ試乗。
その5分後におったまげることになるなんて思いもしなかったのですがね・・・

■テイクオフチョッパヤ

お借りしたボードで早速ゲッティングアウト。
50/50レール特有の刺さりやすさもあって、スープを乗り越えるときはかなりラクチン。
自分には少し細いかなーって思ってた、パドル時の安定感も、それほど悪くない、っていうかむしろイイ感じ。
アウトに出る頃には「これはもしかして」って考え始めるまでになってましたです。

そして運命のテイクオフ。

普段より丁寧に慎重に波に合わせていったのですが、波が追いついた瞬間からこれまでにない加速感。
ひとかきする前に進み出してるっていう感じですかね。
フラットロッカーのボードって刺さりやすいのですが、それがもう絶妙なバランスで回避できるというか。
この感覚はうまく説明できません。スイマセン。

■グイグイ進んでぐり~っと曲がる

テイクオフでかなりおったまげたあとは、ボトムターンとカットバックでもさらにおったまげました。

ターンがこれまたスムーズに決まる。
グリっと曲がってそのままフェイスにグイグイはまっていって
ここぞという時はチョコっと後ろに傾ければまたグリっとターン&カットバック。
インサイドのスープもそのままグリグリ進んでいっちゃって、ウォーキングもラクチンラクチン。

ターンのときのスムーズなフィーリングってのは、おそらくテールのカタチからきてるんでしょうけど、びっくりしたのはターンの早さ。
早く曲がるっていうんじゃないくて、普通重た目のボードって一呼吸遅れて曲がり始めることが多いんです。
ところがこのボードはそんなことなく、クセもなくスムーズにグリっと。

フェイスを進んでいく時のスピードはたぶん重さとロッカーのカタチが効いてるんだと思いますが、ここでもそんなに重さを感じさせることがないというか。

下から突き上げてくる感じが全くないというか。

んでですね、すっかり気に入っちゃったもんで・・・自分のボードをお客さまに押し付けて、ずっとそのボードに乗ってたんですよねぇ・・・・
あー気持ちいかった。

■やっぱりボードは見た目じゃない。バランスなんだよな~

今となっては写真を撮っておかなかったのが非常に悔やまれますが、今回出会ったこのボード今まで乗った中で3本の指に入りますね。

正直言って欲しいです。

スクールやってるといろんなボードに乗る機会が多いじゃないですか。
いいなッて思うボードはいっぱいあるんですけど、トータルでバランスのとれたボードってあんまりないんですよね。
ノーズに行くのは簡単だけど、テイクオフは難しい。とか、ターンとテイクオフは完璧なのにそっから先が難しい・・・とか。
だから、いいなッて思うことはあっても「欲しい!」とはなかなか思わないんですよねぇ。

いやはや、ここまでバランスの良いボードってのは久しぶりです。
オーナーであるお客さまにも「はっきり言ってこのボード乗りこなせなかったらどんなボードに乗っても同じですよ」と言っちゃいました。
そのくらいイイボード。
どんなに見た目がおんぼろでも、これからも大切に乗って欲しいですね。
んでもって、飽きたら私にプレゼントしてくれたら・・・・

ってそんなに甘くはないか・・・

しかしあれですね、マジックボードってどこで出会えるかわかんないですね。

人との出会いも楽しいですが、こんなボードとの出会いもこれまたスクールの楽しみだなぁと感じた一日だったのでした。

5月4日今週の千葉・茨城ウェットスーツ指数のお知らせ

GW真っ最中。
道路も海も混雑してますね~
ちょこっと車で買い物に行っても何故か渋滞にハマってしまうこの季節。
なんやかんやで一年で一番人で溢れかえる一週間のような気がします。

実は連休合間の2日に海に行ったのですが、いやいや平日なのにサーファーいっぱい。これでもか~ってくらいのサーファーで。参っちゃいました。はい。

今日もお天気良さそうなので海もまたまた混雑しちゃうのでしょうねぇ。
皆様も事故を起こさないように気をつけて海に向かってくださいまし。

とういうわけで、今朝は千葉・茨城南部のウェットスーツ指数をお知らせします。

■茨城南部(鹿嶋~波崎)

ウェットスーツ・・・3mmフルスーツ・冬用フルスーツ・ギリギリシーガル
千葉に比べると若干水温が低いような気がします。
天気が良ければシーガルでもなんとかって感じです。

■千葉北(飯岡~太東)

ウェットスーツ・・・3mmフルスーツ・ロンジョン&ジャケット・シーガルorロングジョン
水温かなり上がってます。
もう冬用のフルスーツはいらないかもしれません。
天気次第でシーガルとかでもゼンゼンOKです!

■千葉南(御宿~平砂浦)

ウェットスーツ・・・3mmフルスーツ・シーガル・ギリギリスプリング
南も水温高め!フルスーツじゃ暑い時があるかもしれません。

●その他もろもろ

気温の上昇とともに水温も急上昇です!
5mmの冬用フルスーツや、ドライスーツはもういらニャいですね。
着替えの時に寒くないって、ホント、シ・ア・ワ・セ。

ということでGW楽しんできてくださいね!
でわ!

サイズがあるときのテイクオフその2

2014年5月3日土曜日

サイズがあるときのテイクオフその2

■とにかく落ちていく感覚に慣れていこう。いや、慣れるしかない。


サイズがあるときのテイクオフその1からの続きです
大きいサイズの波に慣れてない人って、だいたい乗り遅れちゃいますね。
普段そんなにサイズのない波で慣れちゃってると、ボードの動き方がまったく違うんですよ。
コナミだと、テイクオフの時にそんなに落ちていく感覚ってないじゃないですか。
ところがすこし大きめのサイズになるとボードがすっぽり包まれるようなサイズなわけです。
さてここがポイント。
コナミだとちょこっとおしりが持ち上がっただけで前に滑って行くのですが、大きいと前に滑っていくッて言うより「落ちていく」感じ。
実際落ちていくのですが、これがやっぱり怖いんですよね。
んで腰が引けてしまう。
んで乗り遅れる。
乗り遅れるとなんだかパドルが足りないのかと思って、一生懸命フルパドル。
それでも乗り遅れる。
で、すっかり疲れ果てちゃってセットの波に飲み込まれそうになって退散・・・
こうならないようにするには、まずは「ボードが落ちていかなきゃ乗れない」ってことを覚えておくといいと思いますよ。
落ちていくというか斜面を滑っていくというか。
こりゃもう慣れですね。
ノーズが斜面の下に向いて行くのって、そのまま波にドロップインしてしまいそうですが、そこんとこをこらえてノーズを下に向けていく。
そうすれば大きめの波でも乗り遅れることはないのかな~と思います。
んでもって、ノーズを下に向けて斜面を下って行くと、ボードが下に傾いたまま立ち上がらなくちゃいけないですよね。
それがすんなりできればいいのですが、やっぱり下を向いてるボードの上に立ち上がるのは恐いです。
ビビっちゃいます。
そんな時に試して欲しいのが腕でボードを水平に近づけるワザというかコツ。


 

■ボードを腕で抑えるとボードが水平になる

ボードが順調に波を滑り落ち始めたら、すかさず腕でボードを抑えこむ。

要は腕立て伏せの肘を伸ばした状態ですね。

そうするとテコの原理でヒザがボードの後ろ側をググっと抑えてくれるのですよ。

そうすればボードもある程度水平を保ってくれるので、そのままぴょこんと立ち上がるよりはいくらか立ちやすいかもしれませんね。

あ、でもこのワザというかテクニックって、ホレホレの波では通用しません。

少し厚めの波だと有効です。

ホレホレのでかなみは・・・・ロングじゃむりかなぁ。

というわけで、サイズが大きい時はとにかくボードが波の角度と同じようになるようにボードの上でのポジションや、ボードの向きに気を使ってみるといいかもしれません。

あと、大事なのは「無理しない」ってこと。

怖いと思ったら素直にサイズの小さいポイントに移動したほうが楽しいし、怪我したりってことも少なくなります。

大きい波で、ゆったりのんびりできる人もいればそうでない人もいるわけで、自分に合ってないと思ったらそれはそれで正しいと思います。

私も大きい波はアウトまでが遠くて、年に一、二回いいのに当たればそれでいいや。って思ってます。

では、今日から始まるGW後半も楽しんでくださいね~