幕張「ハミルトンサーフボード」について残念なお知らせがあります

2017年5月9日火曜日

幕張「ハミルトンサーフボード」について残念なお知らせがあります

LONGBOARDRESCUEではステップアップしたいお客様のために、BARD SURFBOARDSブランドとして幕張ハミルトンサーフボードでボードを作ってもらっていました。

実際お客様にも好評で、二十人以上の方にBARD SURFBOARDSを使っていただいています。 この他にも直接お店に行って、シェーパーの福田さんにボードをオーダーされた方も大勢いらっしゃいます。

私の使用しているボードもすべて福田さんに製作してもらったボードで、これからも永く乗っていきたいと考えています。
さて、今回のお知らせです。

今後LONGBOARDRESCUEでは、幕張「ハミルトンサーフボード」でボードの製作をお願いすることをやめます

今後はLONGBOARDRESCUEとして、幕張「ハミルトンサーフボード」でボードの製作をお願いすることはありません。
お客様をハミルトンサーフボードに紹介することもありません。
BARD SURFBOARDSとしての製作もお願いすることはありません。

過去に何度もこのブログでも紹介しているように、ハミルトンの福田さんには大勢のお客様に愛用していただいて私自身も非常にお世話になりました。
その点についてはとても感謝しています。

ではなぜハミルトンサーフボードとの関係を終わりにするのか。 その理由はお客様に迷惑がかかる恐れが出てきたからです。

ハミルトンサーフボードとのトラブル

実は2016年の終わり頃からハミルトンサーフボードの経営状態が思わしくなく、オーナーシェーパーの福田さんと金銭のことで何度かトラブルになってしまいました。 経営状態の詳細については、福田さん自身のプライバシーもあるため書きませんが、とにかくお金がない状態が続いているのは間違いありません。
トラブルの内容は、、、
「三年前に入金したのにもかかわらずボードがいつまでたっても完成してこない」
「オーダーした内容と違うボードが納品された」
「前金を入金したあとで、さらに前金として残り代金全額を支払った」
「いつ完成するのか聞いて店に行っても体調が悪いなどの理由でまったく手付かずの状態だった」
2016年の初めからこういうトラブルを何度も繰り返すようになり、私だけでなく紹介したお客様も同じような状況にあるということを知りました。

ボードの色が少し違ったとか、仕上げが少し雑だった程度でしたら笑って済ませられるのですが、さすがに入金してボードが出来てこないというのは問題です。 しかも三年以上ほったらかしというのはいくらなんでもひどすぎるなと・・・
それに加えて、オーダーしてくれたお客様への対応がひどすぎます。

例えば電話で
私「今月完成予定のボードいつ頃取りに行けばいいですか?」
福田さん「今やってるからそれはもうすぐできる」
私「わかりましたよろしくお願いします」

というやり取りがあったあとでお店に伺うとします

私「さっき電話で話してたボードはどれですか?」
福田さん「あー悪い、まだボードの材料が届いてないからここにはないんだ」
私「さっき電話で今やってるって言ったじゃないですか」
福田さん「だから今材料注文してるってことだよ。届けばすぐやるから」

と、こんなやり取りが何度も繰り返されるようでは、誰かを紹介することもボードをオーダーすることも出来ないと感じるようになりました。

シェーパーの福田マサオさんとはサーフィンを始めてからの付き合いで、私のボードもすべて福田さんがシェイプし仕上げたものばかりです。 お店にも毎週のように顔を出し、サーフィンについていろんなことを聞かせていただきました。 福田さんの紹介でいろんな方にも出会うことが出来ました。 ほんとうに感謝しています。 ですから、今回のことについては非常に残念です。ただ、これ以上私が紹介したお客様や、ブログを見てくれてお店に行ってみようとしてくれた方が上記のようなトラブルに巻き込まれるのはなんとしても避けたいと考え、今回このブログでハミルトンサーフボードとのいきさつを公表するに至りました。

ハミルトンサーフボードにボードをオーダーしてしまった場合の対処法

もしこれを見てくれている方でボードをオーダーしている方がいらっしゃったら、早急に対策を取ってください。
残念ながら詳しい対処方法はここに書くことが出来ませんので、ざくりとした内容になってしまいますが、幾つかのケースを想定して書いておきます。

前金を払っていない場合

この場合は前金を払うことをやめてください。
福田さんは前金をボードの材料代(ブランクス・クロスなど)に充てるから払ってほしいと言ってきますが、鵜呑みにしてはいけません。
全額前払してもボードは出来ないと考えてください。もしどうしてもオーダーしたいと考える場合は個人的に連絡をください。
ブログには書けませんが幾つか方法がありますのでそれを紹介します。

ボード代金の一部を支払っている場合

ボード代金の一部を前金として支払っている場合は、粘り強く催促してください。
催促は電話でも構いませんが、お店に直接行ったほうがいいと思います。
もし、オーダーから一年以上が過ぎても完成してこない場合はこれも個人的に連絡をください。
完成までの道筋をいくつか提案させていただきます。

ボード代金を全額支払っている場合

残念ですが、全額を前払いしてしまっている場合ボードが完成しない可能性が非常に高いです。
この場合手のうちようがないことが多く、アドバイスもあまり出来ません。
次善の策を教えますので、個人的に連絡をいただければと思います。

どうしてもハミルトンサーフボードのボードに乗ってみたい!と思った方

どうしてもハミルトンサーフボードのボードが欲しくなってしまった場合、まずは中古を探してみることをオススメします。
中古のボードを取り扱っているお店や、ヤフオクなどでたまに見かけることがあります。

新品がほしい!と思った方がいるかもしれませんが、ハミルトンのボードは乗りやすく海で使用される頻度も高いので新品を探すのは諦めたほうがいいと思います。

ここまで読んでいただいて、その上で「どうしてもオーダーしたい」という方もいるかもしれません。
その気持はわかります。
ただし勢いでお店に行くことはやめてください。必ずトラブルに巻き込まれます。
もし、もし、どうしてもオーダーボードがほしい!という方がいらっしゃったら、直接私に連絡ください。
未だ試してことはありませんが、幾つかの方法とオーダーの際の注意点を紹介させて頂きます。

ハミルトンサーフボードについて相談承ります

ハミルトンサーフボードでのボードオーダーに関してのみ相談を承ります。
直接電話してもらうのが手っ取り早いです。

電話番号 090−9148−3261 ソウママサオ

Facebookのメッセンジャーでも承ります。
https://www.facebook.com/masao.souma

相談の際にお金をいただくことはありません。
どうぞ安心してご連絡ください。

それでもハミルトンのボードが最高だと思っています

ここまで長々とハミルトンについてネガティブなことを書きましたが、私は今でもハミルトンのボードが一番だと思っています。
特に5年くらい前までの福田さんのボードは本当にかっこよかった。
あの頃のボードだったらいくらでも手元に置いておきたいと考えています。

もしもう一度福田さんが素直にボードを作れるようになったら、そのときはまたお世話になりたいと思います・・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿