クロスステップでノーズまで行ってみよう

2010年8月29日日曜日

クロスステップでノーズまで行ってみよう。

最初に言っておきますが、この練習方法で練習すれば大抵の人はノーズライディングできるようになります。

■クロスステップを練習するのはスープが最適

クロスステップを練習するのに最適なのは、スープです。

ビギナーだった頃を思い出して、スープライディングによいポイントを探してみてください。

千葉で言うと、片貝や飯岡、椎名内なんかがそうです。

うまくポイントを見つけたら、トレーニング開始です。

■最初の一歩を踏み出しちゃいましょう

スープでテイクオフしたら、すぐさま一歩を踏み出しましょう。

一歩だけです。

そして気を付けて欲しいのはシャッフルにならないってこと!
すり足ではいけません。

クロスステップです。

ロングボードの初心者にありがちなのが、本人はクロスステップのつもりが、実はシャッフルだった。

今までうまく行かなかった人は、ここでキッチリ見直しましょう。

最初の一歩を踏み出して落ちちゃう人は、踏み出した足がボードのどの辺りを踏んづけているかチェックしてみてください。

もしレールのあたりを踏んづけて落っこちるようだったら、ストリンガーを。
ストリンガーを踏んづけて落っこちるようだったら、レールを踏むようにしましょう。



なんでもそうですが、試行錯誤が大切です。
試行錯誤をするためには、確実にテイクオフできる場所が、スープなわけです。今更ですが・・・

■二歩めはまだ早い

もったいつけるわけではありませんが、一歩めを踏み出せるようになったら、そのままスープなの上を滑って行ってください。

極めて不安定な姿勢ですが、これこそがノーズライディングへの近道です。

落っこちそうになったら、膝を落として姿勢を低くするのもありです。
踏み出した足の位置を治すのもいいでしょう。

いざとなったら、ステップバックして一歩下がっても構いません。

不安定な姿勢で波に乗り続けていると、そのうちからだが慣れてきます。
そうなったら二歩めを踏み出します。

この続きはまた別の機会に。 BlogBooster-The most productive way for mobile blogging. BlogBooster is a multi-service blog editor for iPhone, Android, WebOs and your desktop

0 件のコメント :

コメントを投稿