スクエアテールだからってテイクオフが早くなるわけじゃない。

2011年1月3日月曜日

スクエアテールだからってテイクオフが早くなるわけじゃない。

あけましておめでとうございます。
本年もロングボードレスキューをよろしくおたのもうします。

すっかり正月です。

お正月と言えば、おせち!
おせちと言えば、重箱!
重箱と言えば、四角!

ということで、テールも四角な「スクエアテール」のお話ですっ。
強引で申し訳ないっ!!

■スクエアテールだからってテイクオフが早くなるわけじゃない
スクエアテール。ご存知ですよね。
テールの形が幅広で角ばってる、アレです。

テイクオフが早いと評判の、デューイウェーバーのロングボード。
デューイウェーバーのパフォーマーに採用されているのがスクエアテールです。

いかにも波のパワーを受け止めてくれそうなアノカタチ。
角ばってて、オトコらしー感じがしますが、テイクオフが早くなるかと言えば、そんなことない。

それはナゼかと言うと・・・

■波のパワーはテールで受けてるわけじゃない
テイクオフに必要な波の力を、すべてテールで受けてるんじゃないかと思っていたあなた。
それ、間違いです。

正しくはテール「側」!
決してテールだけでロングボードが進むわけじゃないっす。

テイクオフに必要な推進力を得るのは、ロングボード初心者が考えるよりもっと前。

もしかしたら真ん中よりも前かもしれない。
というコトはテールの形は、テイクオフにあんまし関係ないってコトになりますよね。

んじゃ、ているの形にいろんな種類があるのはナゼなのか?

これについてはまた別の機会に

ではまた!!


byソウママサオ
SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitter

0 件のコメント :

コメントを投稿