波に乗り遅れないための姿勢はこれ

2010年9月8日水曜日

波に乗り遅れるテイクオフはここを治せばほぼ解決。

テイクオフの時の乗り遅れ。
初心者ロングボーダーのみなさんから一番多く寄せられるお悩みです。

ロングボードは浮力があって安定しているので、パドルさえすれば前には進みます。
それでも乗り遅れるのはなぜなのか?
初心者ロングボーダーが知らないあいだにブレーキをかけているからです。

■ロングボードの上ではカラダを固定しよう

ロングボードの上での基本的な姿勢は、足を閉じてまっすぐストリンガーの上に腹ばい。

足を閉じるというのは、膝と膝をピッタリくっつけておくことです。

足を閉じるのは無駄に足が動かないように固定するためです。

足を閉じたら、つま先を立てておきましょう。

ボードのテール部分を踏ん張るように固定してください。

これでロングボードの乗り方はほぼ完成です。

■初心者は基本の姿勢をキープし続けるのが難しいのだ

初心者ロングボーダーが、バランスを崩すのは基本姿勢を崩してしまうからです。

バランスを崩すと、ロングボードが傾きます。
傾いたボードは水に食い込みます。
水に食い込んだロングボードは、前には進みません。

基本姿勢が崩れるのは、ロングボードを傾けてブレーキをかけてしまうことなっているのです。

だから基本姿勢を崩しちゃいけないわけです。

■カラダを固定したらボードの上で前後の位置を調節しよう

ロングボードはそれぞれ長さも違います。
ロングボーダーの身長も様々です。

ノーズから何センチ、というふうに、一概にパドルの位置を決めることができません。
ではどこをみるのか。

ノーズが沈むかどうかをチェックすればいいのです。

少しノーズよりにプローンの体勢をとって、ノーズが沈んだら後ろにずらす。
これを繰り返して、ノーズが沈まなくなる位置を見つけてください。

うまくノーズが沈まなくなる位置を見つけたら、そこがロングボードの前後のバランスが取れている位置ということです。

自分ではよくわからない。
そんな初心者ロングボーダーは誰かにチェックしてもらうのもいいかもしれません。

この続きはまた別の機会に。

byソウママサオ SHISEE WETSUITS CLASSICS longboardrescue on twitterー BlogBooster-The most productive way for mobile blogging. BlogBooster is a multi-service blog editor for iPhone, Android, WebOs and your desktop

0 件のコメント :

コメントを投稿